fc2ブログ

    文在寅の日韓合意再交渉への意欲と、日本に「努力」を促す朝日新聞の愚

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     南朝鮮が、再びゴールポストを動かそうとしている。しかもその動かそうとしているゴールポストは、「今後一切動かしません」と自分たちが国際社会に向かって宣言したものだ。この国に対して常識が通用しないことは、さして驚くことではない。しかし、何に関しても「程がある」というものだ。彼らによるちゃぶ台返しは、日韓両国にとっての亀裂を修復し難いものにするだろう。

     いわゆる慰安婦に関する日韓合意について、文在寅直轄のタスクフォースが検証結果を発表した。検証結果全文のうち、「結論」の部分は下記のようになっている。

     【結論】

     被害者中心のアプローチが交渉過程で十分に反映されず、一般的な外交懸案のように駆け引き交渉で合意がなされた。韓国政府は、被害者が1人でも多く生きている間に問題を解決しなければならないと協議に臨んだが、交渉過程で被害者の意見を十分に集約しないまま、政府の立場を中心に合意を決着させた。

     被害者らが受け入れない限り、政府間で慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的解決」を宣言しても、問題は再燃するしかない。

     朴槿恵(前)大統領は「慰安婦問題の進展がない首脳会談は不可能だ」と強調するなど、慰安婦問題を韓日関係全般とリンクさせたことで、むしろ韓日関係を悪化させた。

     大統領と交渉責任者、外務省の間での意思疎通が不足していたため、政策方向が環境の変化に従って修正や補完されるシステムが作動しなかった。今回の日韓合意は、政策決定過程で幅広い意見の集約と有機的な意思疎通、関係省庁間の適切な役割分担が必要であることを示している。


     朴槿恵の「慰安婦問題の進展がない首脳会談は不可能だ」という言葉と、意思疎通の欠如は、この合意という、文在寅政権にとっての「負」の遺産を、すべて朴槿恵に転嫁する目的のために挿入されたものだろう。つまり、南鮮国内の政局の問題である。元慰安婦と称する女性らの大多数が、日本が拠出した10億円からの金を受け取っていることからしても、彼女等は合意を受け入れたと見るのが妥当だろう。報告書は、「被害者らが受け入れない限り問題は再燃する」としているが、再燃させているのは老婆たちではない。その老婆たちを利用し、再び火を焚き付けようとしている挺対協であり、文在寅自身なのだ。


     この合意を受け、文在寅は、「手続き的にも内容的にも重大な欠陥があったことが確認された」、「被害の当事者と国民が排除された政治的合意だった」などと語り、再交渉への意欲を見せている。この報告書は、文にとっては日本側と再交渉するための材料として提出されたのだろうが、「最終的かつ不可逆的に解決した」という宣言を反故にするような交渉に対しては、日本側が応ずるはずもない。約束を守れない相手に、新たな約束をするバカはいないのだ。

     信じられないのが朝日新聞である。読売、朝日、毎日、産経の4社は、それぞれ社説で、この検証結果報告書をアリバイとする南鮮の合意再交渉への企みを牽制している。しかし、朝日だけが異様なのだ。

    (社説)日韓合意 順守こそ賢明な外交だ(朝日)

     一方、日本政府の努力も欠かせない。政府間の合意があるといっても、歴史問題をめぐる理解が国民の胸の内に浸透していくには時間がかかる。
     合意に基づいて設けられた韓国の財団は元慰安婦への現金支給を進め、7割以上が受け入れを表明した。関係者は「全員がいろんな思いがある中、苦悩しつつ決断した」と話す。
     さらに日本政府にできることを考え、行動する姿勢が両国関係の発展に資する。
     この合意を、真に後戻りしない日韓関係の土台に育て上げるには、双方が建設的な言動をとり続けるしか道はない。(以上、抜粋)


     朝日は、形式的には青瓦台を批判しているが、結論としては「日本側も努力を」としているのだ。日韓合意という国家間の約束事においては、日本側の履行は既に完了している。我々国民の税金から支給された金も、いわゆる慰安婦およびその遺族の大多数に渡っている。南鮮が約束を履行しない状況で、「日本政府の努力」を言うなら、朝日はその努力すべき具体的内容が何かを示すべきではないのか。

     いまは南鮮側に約束の履行を促すときであって、日本側が何かを努力すべきというのは筋違いも甚だしい。「慰安婦神話を創作した朝日新聞自身が、何かを努力してから言え」というものだ。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    8 Comments

    ブログファン

    三方悪し

    近江商人の心得で「三方よし」が有名ですが、この朝日に限っては「三方悪し」とはこれ如何にです。

    買い手である講読者を、今年一年で33万減らした、売り手である朝日の経営は成り立っていくのでしょうか。
    心配する気などありませんが。

    そして世間は?
    いわゆる、ここが違うのでしょう。
    一般的に世間とは、日本社会あるいは国際社会の事を言うのでしょうが、朝日の言う世間は特ア三国のみに絞られます。

    だから、永遠に平行線です。

    • 2017/12/29 (Fri) 09:32
    • REPLY

    どうも怪しい

    サムライ文化日本は「約束は守るべし」なのだ !

    1)朝日の主張は利用されているだけ。韓国で最左翼のハンギョレ新聞が朝日を引用する28日社説:
    >「合意を守りなさい」と声を高める日本のマスコミでさえ「慰安婦合意の核となる精神は、慰安婦被害者の名誉と尊厳の回復にある」(朝日新聞)、「日本政府も『被害者の視点を欠いていた』とする報告書の指摘に謙虚に耳を傾けてほしい」(東京新聞)と言及している点に日本政府も注目すべきである。> と。
    http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/29367.html
    2)一方、朝鮮日報は27日、河野外相の「日韓関係はマネージ不能に」の記事の中で、NHKと共同を引用している。また同じ記事で「日本はサムライ文化」という表現があり興味深く思った。言っているのは慶応大名誉教授の小此木氏。
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/27/2017122703006.html
    3)この「サムライ文化」を調べると、小此木氏が最左翼のハンギョレ新聞で5月に述べていた。(おそらく、韓国への忠告として?)
    2017-05-17  『慰安婦合意の再交渉で解決するのはありえない 要求しても解決されないだろう』>日本の朝鮮半島専門家、小此木正夫慶応大学名誉教授「再交渉で解決するのはありえないことだ。日本政府は法律的問題を含め(1965年の)韓日基本条約で解決された問題だという立場だ。だからこそ、ぎりぎりの合意として出たのが2015年合意だと思う。2015年の合意が不満足だからといって、再交渉をするのは無理だ。基本的な立場の違いがあるため、韓国が再び問題を提起しても、その合意以上の合意は出ないだろう。
     そして合意に対する文化的違いもある。(韓国は儒教文化なので『約束自体が正しかったのか』という点を重要視するが)日本人は侍文化だから、約束の内容も大事だが、それ以上に約束を守ることが大切だ。日本人は、誤った約束でもまず守らなければならず、そうでない人間は信用できないと思っている。それが日本人の感覚だ」>
    http://japan.hani.co.kr/arti/international/27371.html

    どうも怪しい

    日本人と韓国人とでは「約束・契約」の概念が全く違う

    しかし、何回も言っていた韓国の「国民情緒法」だけでは割り切れないので、どうして韓国は?と思ったら、「約束・契約」の概念が日本とは違うとの記事があった。なるほどね。なんとなく分かる。
    《日韓問題(初心者向け)ブロマガ》(ブログランキングの政治の66位付近)
    ・韓国人が日本人から嫌われる根本的原因
     http://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar547023
    ・日本人と韓国人とでは「約束・契約」の概念が全く違う
     http://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar687902
    ・韓国は「走り終わってから」考える
    状況分析が行われないままに結論ありきで問題に対処しようとする為、「走り終わってから考える」という事が起きる・・・問題が起きるのは全て他人のせいと考える傾向にあります。・・・彼らは基本的に問題を自ら率先して解決する意思そのものが無いという事でもあります。
     http://ch.nicovideo.jp/ooguchib/blomaga/ar865362
    ▼ (上記2番目の記事から)『契約違反を咎めても全く意味がありません。むしろ咎めれば咎めるほど、韓国人は根本的な概念の違いから自らの道徳的正しさを証明するため、次々と「理由」や「相手の落ち度」を反論し始め、全く意見がかみ合わず延々と堂々巡りになるだけです。』
     ↑ こういう論法に朝日などが利用されているのですね。
    ▼(20:00)結論 (分かり切っていることだが)韓国も朝日も信用できんということ。「どうも怪しい」と思う感性を更に鍛えねばなりません。(注:小此木氏の南北統一論に賛成しているわけではありません。その道の研究者は研究のはてに研究の最後の成果として統一という理想論が生まれるのは仕方ないとは思いますが。念のため)

    谷口恵梨香

    韓国を非難したところで、どうやって約束を履行させられるんですか。
    せいぜい、合意に違反した、と言って賠償金の返還を求めることができるぐらいでしょう。
    しかも、日韓関係が険悪になるほど、世界中に慰安婦像が増えていくことになるでしょう。
    であれば、喧嘩を売るよりも、双方が歩み寄るべきだ、という朝日の方が建設的なのでは?

    • 2017/12/29 (Fri) 11:58
    • REPLY

    (名前空欄)

    神話を創作したのは誰だ?

    >「慰安婦神話を創作した朝日新聞自身が、何かを努力してから言え」というものだ。

    lilly

    2015年に日韓合意終結した時に安倍総理が発した言葉がすべてではないでしょうか?

    「今後、この問題について一切言わない。次の日韓首脳会談でももう触れない。そのことは電話会談でも言っておいた。昨日(28日の日韓合意)をもってすべて終わりだ。もう謝罪もしない
    ここまでやった上で約束を破ったら、韓国は国際社会の一員として終わる」

    と述べられました。
    今後も日本側は韓国が四の五の言ってきても取りあわず「無視」でいいと思います。

    2015年当時、岸田外相とともに日韓合意に係った尹炳世前外相も昨日
    「複雑で難しい交渉過程を外交慣例を無視して一方的に公開したことは、韓国外交への国際社会の信頼を今後、低下させるだろう」
    と言っています。

    今回の件は「韓国と約束を交わしてもすぐ反故にされる」と世界中に吹聴したのと同じことです。
    「日本憎し」ばかりが先に立って、自分の国の将来を見失いましたね。

    韓国の言う「国民感情が許さない」というのは
    「自分達よりも下にあるべき慰安婦のお婆さん達が一人7000万円ももらって
    私達より裕福になるなんて許せない!」という意味の「許せない」ですから…
    韓国の中で解決すればいいだけの事です。

    >喧嘩を売るよりも、双方が歩み寄るべきだ
    朝日新聞はまだこんな寝言のような事を言っているのですか!?
    自分達がしでかした悪事なのにまるで他人事ですね。
    喧嘩を売ってきたのは向こうで、買わなくてもいいものを今まで相手にしてきたからこんなことになったのです。

    これから先は韓国が世界的に信用を無くし、
    誰にも相手にされず、国としての体をなさなくなるだけのことです。

    (名前空欄)

    みこと

    朝日新聞の言う事に誰が耳を傾けるかっていうの。
    殊更、慰安婦に関しては、お前が言うな。笑止千万。
    自分たちのやった事の総括もせず、国民に謝罪もせず、
    まるで人ごと。まずは、朝日新聞が責任を取れ!!

    朝日新聞はひたすら日本国民に謝れ。
    ついでに嘘でそそのかして、ここまで図に乗らせてしまった
    無知な韓国民にも。
    さも無ければ、韓国とともに朝日新聞の明日も無いでしょう。
    なんなら、中国か韓国へ本社を移転したら。
    日本に朝日新聞は要らないから。
    害悪でしかない。

    • 2017/12/29 (Fri) 22:08
    • REPLY

    (名前空欄)

    遺憾の意を示すだけが外交ではない

     よくわからないのは慰安婦合意を日本だけが履行し、韓国がこれまでに履行していないのに、一つでも日本が歩み寄るところがあるのかということだ。
     あの変な少女像はどんどん増えて、日本大使館前の少女像も一向に移される様子は微塵もない。それどころか、サンフランシスコや中国、フィリピンなど無関係の世界中の国にまで慰安婦像の設置を増やしていくつもりだ。
     その意味では、今まで不作為を放任したままだった現状を正当化して、今回韓国大統領が追認して見せただけとも言える。
     金が少なすぎるとか、謝罪が足りないという意味でも。
     これを見れば、日本政府は友好国には程遠い韓国とのビザ無し渡航も真剣に廃止すべき時期に来ているのではないだろうか?
     ただ遺憾の意を述べるだけで、痛くも痒くもない日本政府の今までの対応は、全くの外交音痴ともいうべき政策であるとしか言いようがない。
     両国の将来にとっても、都合のいい時だけ利用される関係はお互いの未来にとって大いにマイナスであり、ビザなし渡航も含めて現在の両国の偽装的な友好関係はきっぱりと解消すべき時期に来ていると言えるのではないだろうか。

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。