fc2ブログ

    野党の「政権監視」はただの「難癖づけ」である

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     昼間は仕事をしているので、帰宅後の調査、確認には限界があり、国会議論のすべてを網羅的に把握しているわけではない。しかし、報道ベースで把握する限り、いまの野党の質問は、私が知る国会議論の中でも最も低レベルなもののひとつだ。麻生内閣のとき、いわゆる「みぞゆう」に端を発した漢字読み方テストも度し難いものだったが、今の野党の質問も五十歩百歩だろう。

    森友問題中心に野党追及 新材料乏しく手詰まり感(テレ朝ニュース)

     国会は衆議院で予算委員会の2日目が始まりました。28日はすべて野党側の質問で、森友学園の問題を巡り、野党側は安倍政権への追及を強めています。

     (政治部・延増惇記者報告)
     トップで質問に立った立憲民主党の2人は、ほぼすべての質問時間を森友学園の問題に費やしました。
     立憲民主党・逢坂誠二議員:「総理の奥様が関わっていたのではないか、総理の親しい友人が理事長だから、そこが何か不都合なことがあるのでは。いわゆる行政の私物化と言ってよいかもしれないが、その問題がある」
     安倍総理大臣:「私が指示したという証拠があるといって議論して頂かないと、反論のしようがない。全く(指示など)そういうことはしていないとしか言えない」
     そして、安倍昭恵夫人ら関係者の国会招致を求めましたが、実現の見通しは立っていません。野党側は政権を追い詰めるほどの決定打に欠くのも事実です。ある希望の党の幹部は「新しい証拠が出ない限り“モリカケ問題”は年内で限界だ」と手詰まり感をにじませています。さらに、「同じ質問を続けていても逆に批判をくらうだけだ」といった声もあり、質問時間の配分にこだわる野党がどこまで充実した審議ができるのかも問われています。


    逢坂


     逢坂は質問で、安倍総理にどのような答弁を期待したのか。何も期待していないだろう。安倍総理の言う通り、逢坂の指摘は単に想像をもとにしているだけで、答えようがないのだ。このような永遠に答えが出ないやり取りが始まって、既に10か月が経とうとしているが、先が見えない議論に10か月を費やすことの不毛さに、国民は既に気づいているはずだ。

     希望の党幹部の、「新しい証拠が出ない限り“モリカケ問題”は年内で限界だ」という認識すら、遅すぎる。高支持率のもとで安定政権を運営する安倍総理に対し、朝日新聞が社運をかけ、野党がそれに乗っかり、安倍総理個人を狙い撃ちしたのがモリカケである。だが、この問題に対する国民の審判は、既に先の衆院選で決着済みだ。要するに、国民の多くは、朝日のような反日メディアや野党が張ったモリカケ・キャンペーンには踊らなかったのだ。

     長妻昭といえば、今は野党第一党である立憲民主党の代表代行に就く議員だが、国会で逢坂と同じ類いの恥を晒した。

    長妻昭「萩生田幹事長代行に安倍総理が直接指示したと聞いております。その質問時間を短くする意図というのはどこにあるのでしょうか?」
    安倍総理「私が国会の質問時間について指示をするわけもなく、指示はしておりません。また萩生田議員もインタビューに応じて指示を受けていないと明言されたと承知しております」
    長妻昭「じゃあ各新聞が誤報をしまくっているのかということなんです。読売新聞、日経新聞に総理が指示をしたと見出しにある。各報道というのは間違いということなんでしょうか?」
    安倍総理「私からファクトを申し上げます。私は指示をしていない。第三者がいないんですから、私と萩生田さんしかいないんですから当事者の一方の私は指示をしていないということをはっきり申し上げておきたいと思います。(以下略)
    長妻昭「これほどですね~日本の大新聞が全部揃って誤報をするのかと」


     野党議員にとって、証拠など要らないのだろう。とにかく、安倍政権を揺るがす、または、政権に対する負の印象を誘発できるようなネタを探してこれを攻めるのだ。この長妻の質疑も、基本的には「言った、言わない」の問題であり、追及する前に迷宮入りが確定しているようなものである。そのような不毛な議論に、貴重な税金を浪費される国民の側としては、たまらない。

     長妻のような無能な政治家は、これを「政権の監視」と言うのだろうが、これは監視でもなく、ただの難癖付けというべきものだ。与野党の質問時間配分の是正は、結果的にも正解なのだ。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    17 Comments

    yasu

    日本の「大新聞」?

    フェイクニュース連発の瓦版屋が日本の「大新聞」とは?
    ブラックジョークか?
    ぱよちん長妻って発言がいつもズレてる。
    日経の傍流日経ビジネスの元記者だったらしいが
    当時はこれじゃ使い物にならなかったろう。
    今ならフェイクニュース花盛りだから一流のフェイクニュース記者になれただろうねw

    • 2017/11/29 (Wed) 08:47
    • REPLY

    どうも怪しい

    ミサイルが飛んでいる中、真摯な議論を!

    ・長妻の質問をラジオで聴いていた、冒頭に質問時間の配分について「総理!総理!」と叫びながら与野党で合意した配分にもかかわらず「従来通り」を主張。これだけで5分程度を浪費。本当に〇〇みたい。

    ・ところで、衆院予算委の質問時間は「5対9」で合意したが、この比率がすぐにはピンと来なかった。小学校で習った算数でメモで計算、結局こういうこととわかった:
       (野党主張)2:8=5:20 → 5:9 ← 5:5(与党主張)

    ・NHKは2の倍数にこだわり「与党4 野党6で合意(11月22日)」と報道していた(すでにURL記事は削除された)


    ・従来通り?「29、30両日の参院予算委員会は与野党が従来通りの時間配分」
    http://www.sankei.com/politics/news/171127/plt1711270030-n1.html


    要するに建設的な質問ならば全部野党にあげても良いが、事前にそれが分からないからね。

    • 2017/11/29 (Wed) 08:51
    • REPLY

    mssss

    ホントにやばい状況なのかも

    真正のバカだと思っていたが、こりゃ完全に南北朝鮮と西朝鮮に操られてやってるんじゃないかという気がしてきました。漁船(?)の相次ぐ漂着とかのほうが優先度が高いはずなのに、そちらに話題がいかないようにわざとバカのフリをして堂々巡りを繰り返している、あるいは、バカだから振付けられたとおりに振舞っているのか、どっちだろ。

    世話焼き爺

    どうしようもない野党

    北朝鮮が高度4000kmものミサイルを発射した。ロフテッド軌道と言うらしいが殆ど真上から落ちてくる物体を破壊する方法はない。
    こんな最中に、今や政治的問題が何にもないモリカケ問題をブツクサ言っている野党質問、お前て達に国会議員としての歳費を払ってやる国民の身にもなって見ろ。

    • 2017/11/29 (Wed) 11:39
    • REPLY

    平蔵

    今の日本の状態を見れば
    ・国会では糞共がのさばり蕎麦屋でドンチャン騒ぎ
    ・相撲界ではモンゴル勢力が蔓延り古来から続く相撲道が崩壊寸前
    ・ゴルフ界を見れば日本ツアーか朝鮮ツアーか解らん状態
    ・カスゴミ・芸能界は半島だらけ
    ・世界を見れば朝鮮人に騙され売春婦像が乱立
    ・企業が既に品質不良を出しまくり
    ・文科省と日教組がズブズブで買春・不倫が当たり前
    ・国会議員は毎晩続く乱交パーティで下半身が緩々

    これじゃどう見ても北や支那では笑いが止まらんはずだな。
    不謹慎だが?北のミサイルで木端微塵にして貰えばスッキリするかも?

    どうも怪しい

    参院予算委、現在進行中・・・

    従来通りとは:「一方、参院予算委は22日の理事会で、29~30日に7時間ずつ審議することを決めた。参院は衆院とは異なり、持ち時間に首相や閣僚らの答弁時間が含まれず、少数会派にも一定時間を割り当てる慣例があり、質問時間に対する不満は少なく、見直しの議論にはなっていない。」(22日朝日)

    • 2017/11/29 (Wed) 13:21
    • REPLY

    ツキクサ

    貴乃花親方の貴ノ岩を守る姿勢は、もっと高く評価されるべきだ。

    平蔵さんへ
    >・相撲界ではモンゴル勢力が蔓延り古来から続く相撲道が崩壊寸前

    …貴乃花親方への批判が、モンゴルではあるようだ。日本でも、批判はある。しかしながら、オレは、貴乃花親方は立派だと思う。

    なぜなら、貴ノ岩は、モンゴル人力士としては、白鵬、日馬富士、鶴竜など、モンゴルの横綱たちの居並ぶ中で、暴行を受けた被害者かつ社会的な立場の弱い力士だ。彼を守るという決意は、親方として立派だと感じる。

    貴乃花親方を批判する人たちには、周りの情報に惑わされない、公平性や客観性はあるのだろうか。加害者と被害者、貴乃花親方と貴ノ岩は、被害者なのだ。では、貴乃花親方の相撲協会に対して、沈黙したり、非協力的なことを責めるならば、加害者側の伊勢ケ浜親方の沈黙こそ、責めを負うべきことではないのか。

    日馬富士が暴行したことは明らかで、その日、出血もあったことも事実だ。では、その暴行事件について、なぜ、伊勢ケ浜親方に、日馬富士から報告がなかったのか。そして、伊勢ケ浜親方から、相撲協会の理事会に、報告がなかったのか。朝青龍の暴行事件があったのだから、もっと、シビアな対応や厳しい認識が、加害者側にあってもよいはずだ。

    その厳しさがない、それこそが、国技相撲のダメになる遠因ではないのだろうか。モンゴル人などの外国人力士を受け入れているにもかかわらず、外国人相応のルールを設けてこなかった相撲協会の対応には、やはり甘さがあると言わざるを得ない。

    被害者の貴乃花親方よりも、加害者サイドの日馬富士と伊勢ケ浜親方から、報告がなかった事実のほうが、不可解かつ残念なことではないのだろうか。その日のうちに、日馬富士が親方に報告して、理事長に報告すべき事件ではなかったのか。朝青龍の暴行事件は、それほど問題ない軽い事件だったのか。白鵬が大横綱だというならば、私情よりも横綱として、目の前の暴行事件すぐにやめさせるべきではないのか、そしてすぐに親方や理事長に報告すべきではないのか。

    テレビでは、橋本大二郎さん(ニュースキャスターよりも、東京都知事や国政に携わったほうが、日本のためになる人物だと思うが…)は、コメントで示唆していたことだが、加害者側の伊勢ケ浜親方も理事なのだから、日馬富士から暴行の報告を受けて、理事会に加害者として報告すべきことではなかったのだろうか。

    貴乃花親方は、暴行の被害者として怯え、モンゴル人の横綱の日馬富士に萎縮していた貴ノ岩に、被害者の立場より味方しているのだから、立派なものだとオレは思う。日馬富士は、横綱として立派に相撲を取っていただけに残念なことだが、暴行はやはり力士としてダメだと思う。

    こはる

    自分の頭で考えろ

    どう見ても、反日野党は選挙が終われば怠業一筋方針の模様で、一切本来の国政に精を出す気はないらしい。
    この面々の殆どが「国費の無駄削減」を叫んだのはいつの日だったか?

    長妻議員だけではないですが、閣僚の失言待ちの質問で時間を潰す行為は己の非力と下品さを増すだけと思えないのだろうか?
    大新聞記事であれ小雑誌記事であれ、議員が国会で質問するなら精々参考にはしても、そのまま内容を政府に質疑するなど、アホの骨頂。
    スタッフを抱えながらの自力調査能力の無さを顕わにして恥とも感じて居なさそうなのは、流石に立件民主党か。

    虚偽報道か否かを知れたければ自分で調べろ!すぐわかる事だろうが。
    分って居ながらする無駄なら議員の資格も無い。

    モリカケで延々堂々巡りの下卑た舞台にお客は入らん。
    木戸銭どころか「芝居小屋外せ!」と石投げられないうちに店じまいするべきを、その期を逃しっぱなしじゃあ無能ゴロツキ野党の刻印で次の選挙が待ち遠しいわ。

    夜半に嵐の吹かぬものでもないご時世、与党こそ常在戦場。気を締めてガンバレ!

    ツキクサ様の相撲界暴力事件へのご意見に八割方同意です。
    貴乃花親方は巡業部長の任にあり、報告義務はあったでしょうから、その点だけは残念に思います。
    ただ、被害者は自分の部屋の力士で、土俵の外の飲食店での暴力ですから、警察預かりにしたのは当然だと考えます。
    あれは、思うに集団モンゴル勢の「虐め」ですわね。手を出すか出さなかったかは別として。

    他にもいろいろ思う処はありますが、貴乃花親方の「相撲道」一筋の真面目さを煙たがる多くの親方衆の事なかれ主義が変らない以上、抜本的刷新は無理な相撲界だろうな、と思います。
    「国技」の名と特権を取り上げるべきではないでしょうか。

    それよりも、日本人大丈夫かい?!と思ったのが、千秋楽の白鵬の演説に拍手し、あろう事か事件の当事者でもある白鵬の先導に「万歳」を共に叫ぶ観客には心底驚きました。
    白鵬の場所中の「物言い」で相撲に水を注す行為も含めて、あり得ない「国技」興行の在り様を、万歳で終わらせたい白鵬に荷担するかのような、「衆愚」とも云うべき寒々しいものを感じました。

    • 2017/11/29 (Wed) 18:19
    • REPLY

    どうも怪しい

    トランプさんは安倍さん頼り

    ・国会論議は4時ごろの自民党の質問が良かった、明日にでも報道されるだろう。 (それにしても、参院は1:1なのに、衆院で異常に騒ぐ野党とマスゴミ)
    ・「安倍晋三首相は29日午前、北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、トランプ米大統領と電話で約20分、会談した。」
      ト「どう反応するか?貴方の見方は?」
      ア「制裁の強化という言葉で一貫して」
      ト「分かった、その後の準備は打ち合わせどおりでいくから」
      ア「それで良いでしょう」

    • 2017/11/29 (Wed) 19:58
    • REPLY

    末田

    鬼の居ぬ間に洗濯はいかが

    モリカケだの安倍夫人の召喚だので審議時間を浪費する事を裏から見てやれば
    可決を待つ法案の内容を全て与党に委ねてメクラ判で通すことでもあります。
    この際、半島有事に備えた有事法案を幾つか上程してやればどうでしょうか。

    今、朝鮮漁民の遭難?が相次いでいます。 ここ数年を平均すれば年80人ほど
    なのだとか。 これでも平時の手順で処理すれば多くの手間とカネがかかります。
    まして有事となれば数十万単位?となり、立ちどころに人手、カネ、留置所の
    3不足となります。

    今のうちから難民は外事警察(警察外事部)が扱い、有事となれば外事警察が
    自衛隊と連携しつつ裁判権を持って処断できる法案(殺処分を含む戒厳令法)を
    通すべきではないのかと思われてなりません。

    恥知らずの低能野党はモリカケ・ワッショイの愚劣な阿片に泥酔することしか
    できんのですから、多少怪しげな?法案でもスンナリと通り気が付いてみれば
    戒厳令法案が静かに成立するのではないかと思えますが・・・

    レッドバロン

    X dayに向けて

    希望の党の後藤祐一議員は安倍総理に「自由奔放な奥様だから、総理の把握していない行動があるかもしれません」と、昭恵夫人の証人喚問を求めたとか。国権の最高機関も、今や完全な居酒屋トークの場と化しました。(W)

    後藤議員といえば、南スーダンでの自衛隊の日報問題で、「戦闘」行為の文言を手に入れたいがために、説明に来た女性防衛省職員を何時間に渡っても怒鳴りつけて泣かし、パワハラ後藤の異名をとった人物でありますが、ほとんどチンピラやくざ紛いの人物であり、居酒屋トークならまだ上品な部類か。

    党名は変わっても、変わらないのは議員のレベル。こんな無能議員に億単位の経費をかけて、国会に送り出してくる選挙民の責任を問わねばなりません。

    折しも、北朝鮮がiCBMを発射し、日本の漁船が現に操業している海域に落下しましたが、こんなレベルの国会議員が日本の安全保障や外交を論じることの方が危険です。内閣の情報がシナ、朝鮮に流失する弊害があるばかりです。

    こんなアホ議員どもには、一生、「モリカケ」のソバがきでも舐めさせておけば良いのです。

    防衛省、警察庁はかねての計画通り、着々と準備を怠りませんように。

    • 2017/11/29 (Wed) 21:33
    • REPLY

    弓取り

    こんな奴らを選んじゃダメですね

    野党はどうせ根拠のないもりかけだけです。10回言うか20回言うかだけの違い。議員が変わっても、いちゃもんの根拠のないネタの色あいが違うだけ。
    時間の無駄、国富の無駄、それが我が国の野党です。

    こはる

    末田軍曹殿

    歴史的に日本国内の飢饉時期でも漁村は飢える事が少なくて済んだそうで、畑地とは違った利点もあるのですが、現在北の剃り上げ酋長は食物不足で海産物漁り「戦」だそうで、日本領海まで入り込んで居るのでしょうね。確かな漁民だとして。

    我が安達ヶ原wが子供時代の戦前にも、半島と思われる船と遺体が流れ着いたのを見た事があるそうで、海流と船の装備次第では珍しくも無いのかもしれません。いやですねえ。

    難民はどのような人達がどのようなスタイルで日本に流れてくるかわかりませんので、何処かの離島に厳重に収容するのが良かろうと思います。
    出来れば済州島等の方が「同胞愛」で良いと思いますが、何なら竹島を貸して上げてもこの際だけなら、と思いますが狭そうでアウト。

    必要法案の成立にアレラがボ~っとしてくれるならもってこいですが、アレラ根性悪いからねえ。変に徹底抗戦で来そうで始末が悪い。
    与党議員と政府の豊富な知識防戦で討ち取って戴きたいです。もうじき本所松坂町w。

    • 2017/11/29 (Wed) 23:27
    • REPLY

    末田

    仰せのとうりでございます

    こはる様
    半島有事となれば南鮮からの難民モドキのほうが多いのではないでしょうか。
    他民族にタカルしか能がない奴らですから、これ幸いばかり日本に押し寄せそう
    な気がします。 離島への隔離は正解で済州島が良いのでしょうが、これには
    南鮮への戒厳令を布ければの条件が付くのでしょう。

    日本には五千程の島がありますが、意外に無人島が少ないのです。
    沖縄諸島のどれかに「安達ヶ原ゲットー」を作らざるをえないのかも?

    ところで、、、
    立派なご婦人が母君のことを安達ヶ原などと申されてはなりませぬよ (`へ´)
    こちら”闇討ち”ですから夢の中でこはる様の母君に告げグチしますぞィ !

    こはる

    御母堂専用ならば

    立派なご婦人ならね~w

    安達ヶ原がダメなら戸隠山の更級姫でもイイですけど。

    それより、良い収容所候補地がありました。
    シナが埋め立てている暖かい島々が良いでしょ。寒い所に行きたい人はシベリアを借りたらイイと思うと、意見変更致します。
    半島の人々には大嫌いな日本よりも、ひろ~いシナやロシアの方が絶対幸せでしょう。
    選択が出来るのは良いことだわ。

    • 2017/11/30 (Thu) 08:10
    • REPLY

    ツキクサ

    こはるさんへ

    >ただ、被害者は自分の部屋の力士で、土俵の外の飲食店での暴力ですから、警察預かりにしたのは当然だと考えます。あれは、思うに集団モンゴル勢の「虐め」ですわね。手を出すか出さなかったかは別として。

    …集団モンゴル勢の「虐め」、実態はそう言えるかもしれません。土俵の外で、このような暴力行為、そこまでいかなくとも横綱などの目上の力士から説教などがあったのならば、おそらく土俵の中でも、目上の力士に対して勝負に徹することは難しいのは明らかだ。つまり、忖度せざるを得ないだろう。「八百長相撲」は問題になったが、今回の暴行事件は、モンゴル力士が土俵の外で親睦を深めることによる「忖度相撲」、その懸念も含むのではないだろうか。

    相撲協会の危機管理委員会は、今日の会見で、白鵬がすぐ止めに入ったと発言していたが、それは白鵬の言い分を、鵜呑みにし過ぎだろう。日馬富士が十数発殴ったことは事実で、途中、シャンパンを持ったり、リモコンで殴ったり…その時間は「すぐ」とは言わない。暴力行為を止めるまで、ある程度の時間を要していたのが、事実ではないだろうか。殴られていた貴ノ岩の気持ちにもなれば、かなり長い時間に感じたことだろう。

    白鵬が止めるまでの時間が、かかり過ぎている、そのようにオレは感じる。これは、白鵬自身への貴ノ岩の無礼が発端とされているから、厳しく言うならば、白鵬の日馬富士の暴力行為への黙認や指示とも、とられかねない問題にすら思える。相撲協会の危機管理委員会は、そこまで厳しくシビアに突き詰めて、考えるべき問題なのではないのだろうか。

    日馬富士の引退会見では、《先輩横綱として、弟弟子が礼儀と礼節がなってないときには、それを正し、直し、教えてあげるのは先輩としての義務だと思っています。弟弟子を思って叱ったことが、彼を傷つけ、そしてたいへん世間を騒がし、相撲ファン、相撲協会、後援会のみなさまにたいへん迷惑かけることになってしまいました。》とあり、礼儀と礼節を説くあまり、暴力行為に至ったとの内容がある。
    https://logmi.jp/252159

    引退会見において、貴ノ岩への謝罪がないことは、日馬富士自身が礼儀と礼節に反するように思える。そもそも、朝青龍の暴行事件を重く見ていたならば、殴ったことに対して、当日中に日馬富士から親方へ報告、そして親方から相撲協会へ報告が、すぐにあるべき話ではないだろうか。それを日馬富士ができないとしても、同席した白鵬や鶴竜も横綱なのだから、暴力行為は重く見て、すぐ親方や相撲協会に報告すべきことではないだろうか。

    ガバメントという立派な言葉を用いなくとも、力士の親方への「ほうれんそう」(報告、連絡、相談)すらできていないという問題、特に暴力行為の隠蔽の疑いや報告の遅滞について、相撲協会は軽視されているように思う。

    今回の暴行事件も、被害者の貴ノ岩が隠していた頭部の裂傷を、貴乃花親方が事態を重く見て看過せず、警察に通報することで発覚した。この流れは、一般社会では、特別な対応とは言い難く、親が子の立場に立ち、社会的弱者を加害者から守るというのは、ごく当たり前のことではないだろうか。

    相撲ファンのひとりとして、横綱の暴力行為が厳罰に価するにもかかわらず、刑事罰の罰金が、罰にならないほどの退職金をもらう、しかも国民の税金も含むのだから、相撲界の今の認識というか対応には甘さを感じる。伝統ある国技相撲において、外国人力士の身勝手さが容認されていく様は、テレビで見る限りであるが、日本国にとって良くないことであることは明らかだ。野球においても、外国人枠というものがあるように、相撲においても角界全体における外国人枠や、土俵の外における親睦、いいかえれば忖度の懸念であるが、プライベートでもある程度節度やコンプライアンスを守るよう、力士全体に適用できる外国人ルールを設けることも必要ではないだろうか。

    こはる

    ツキクサ様

    貴の岩関を存じませんが、あれだけ相撲道の心技体を大事に考える親方の弟子が、礼儀知らずに育っているとは私は思いません。

    貴乃花親方は警察の調査が終われば協会にも話せると意志を示したのですから、一切はそこで判ることでしょう。
    日馬富士がスマホで切れた、という事に「録音されると思ったんじゃあないのか?」という見方も有る様で、なるほど、とちょっと思って居りますw。

    今の八角理事長は、前の死者を出して責任を問われた理事長の後継者としても必ず強固な統治力を示すべきだったろうと思いますが、只今の看板横綱にはモノが言えないのか?と伺える節もあって、文科省なりスポーツ庁なりの強権が発動される方が良いのでは?とも思います。

    巡業部長として協会への報告は任務として義務だったろうと考えますが、云えば口封じや警察への訴えを取り下げろの強力要請がされるであろう事もあの協会の体質から想像は容易に出来ます。
    それでも同じ協会に居る以上、避けられない義務は「賢く」果たす方法は無かったモノか?と思っております。その点だけが被害者側の瑕疵と利用されかねませんから。

    私の結論は、国技を国技たらしめられない協会なら、完治するまで「国技」認定はお預けでイイと思います。

    • 2017/12/01 (Fri) 01:31
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。