fc2ブログ

    希望の党の共同代表選は、ひと言でいえば「公開詐欺」だ

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     希望の党の共同共同代表が、本日10日に選出される。希望の党の結党が宣言されたのは、安倍総理が衆院解散を会見で発表した9月25日だが、皮肉なことに、党のピークはその日だった。あれ以降、希望の党への期待はしぼみ、衆院選で大敗した後に敗戦処理として実施されるのが、この共同代表選だ。

     この党の現実は、ふたりの立候補者を見れば一目瞭然だ。最も象徴的なのは、チャーターメンバーと言われる結党メンバーから、立候補者を出せなかったことである。結党には、細野豪志、長島昭久、松原仁といった、民進党を見限ったメンバーがいた。いずれも、民進党に見切りをつけるのが全く遅すぎた面々だが、それでも、立ち上げに携わったという先手組だ。しかし、立候補したのはいずれも民進党からの合流組だ。これは、実質的に、選挙のために魂を売ったネズミたちに党を乗っ取られたことを意味する。

    希望の党共同代表選


     政策論はもっと深刻だ。候補者の一報である大串は、安保法制に関する見解を、下記のように述べている。

     日本の立憲主義を守る観点からやはり集団的自衛権を含む安保法制は容認しないという立場を明確にしながら、現実的な外交安保政策をとっていく。

     「(安保法制を)容認すると書かれた政策協定書(の原案)を『これは容認できない』ということで落としてもらった。このことは揺るぎのない事実として訴えていきたい」


     しかしながら、希望の党の選挙公約には、「現行の安全保障法制は憲法に則り適切に運用する」と書いてあった。つまり、容認するもしないの問題ではなく、現行の安保法制ありきで選挙の票を得たのであり、容認できないという論は通らない。彼らネズミは、踏み絵と呼ばれる政策協定書にもサインしているのだが、協定書に「憲法に則り」という文言を追加したことを理由に、「現行の安保法制に賛成したわけではない」という見え透いた嘘を言っている。要するに、詐欺の重犯なのだ。

     憲法改正と同様に、安保法制に対するスタンスは、小池百合子が民進党から移籍してくるネズミをフィルタリングするために用意した篩(ふるい)だった。大串は現行の安保法制を容認しないという公開詐欺を宣言しているが、「安保法制の廃止や白紙化は現実的ではない」とするもう一方の玉木とて、安保政策については「大串氏と同じ考えだ」「違いはあまりない」と白状しているから、救いようがない。

     こういう残念なふたりの立候補者を見てわかるのは、希望の党が結党の精神を維持できず、完全に民進党に乗っ取られたという現実だ。どちらが選出されても五十歩百歩。こんな政党に希望はない。希望の党は、小さくても立場がはっきりしている政党ならある程度の支持を集められたはずだが、大きく産もうとした小池自身が潰してしまったように思われる。



    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    8 Comments

    (名前空欄)

    まぁ来年末まで存在するのか怪しい党ですね。党と個人で主張を違えてどちらの支持層をも取り込もうとした浅墓な輩が代表選挙とは。もはや記事で取り上げる一片の価値もない話です。

    • 2017/11/10 (Fri) 07:50
    • REPLY

    yasu

    >完全に民進党に乗っ取られたという現実だ

    緑のタヌキおばはんと2トップになるってことだから
    完全に乗っ取られたというのは少し言い過ぎのような…。
    ぱよちんネズミが乗っ取りを画策しているのは確かだが、
    今でこそおとなしくしているおばはんも黙ってないでしょう。
    当方は2トップの場外乱闘と分裂を大いに期待してまっせw

    • 2017/11/10 (Fri) 09:07
    • REPLY

    団塊世代の端くれ

    成れの果てか・・・

    過日、「恐い絵展」と「運慶展」を見る為に家内と地方から上野へ向かった。
    駅前で出迎えたのは「戦争法案反対!平和憲法守れ!」と行き交う人々に
    ビラを配る私と同世代か年上の三人の中年男性だった。
    日雇い労務者のような灼けた顔でどういう素性か分からないが、何がしの
    手当があっての所業だろう。連合だとか動労だとか自治労だとか左翼だと
    か言葉が頭をよぎった・・・48年前の新宿安保反対デモの光景が過り
    60、70年代の安保反対!の成れの果てかと上野の美術館60分待ちの
    老若男女の長蛇の列に並んだ。「恐い絵展」?人ごみの「暗い絵展」だった(笑^^

    モモ

    詐欺師小池が国民欺く為の目くらまし行為がフィルタリング
    最初から選別する気なんて小池にはさらさらない
    総理になりたい為だけに民進や左翼と組んでどんな手を使っても安倍を倒したかっただけ
    どんな手(詐欺)を使ってもと小池自身が既に詐欺行為白状してる

    通りすがりの一般人

    やったぜ、民進党!

    民進党は結果として成功に終わった。
    前原と小池は民進党つぶしを狙ったんだろうが、
    結果的には完全に失敗に終わった。

    立憲民主党が成立した結果、
    民進党内リベラルと穏健派が独立し、
    より国民の支持を集める事に成功した。
    比例代表での獲得票は、
    自民党に匹敵するものだった。

    右翼思想を持つ前原は、
    同じく日本会議の小池とつるみ、
    民進党内リベラルつぶしを図ったが、
    国民はまさに前原の派閥を忌み嫌っていたし、
    小池の支持者は民進党を毛嫌いしていたから、
    小池にも前原にも、
    国民は投票することを拒み、
    個人として信頼していた旧民進党議員だけが、
    かろうじて当選しただけで、
    右翼で安倍の犬、小池は、
    票を伸ばすどころか、
    ほとんど誰も当選できなかった。

    こうして第二の自民党となる事を狙っていた小池は、
    完全に再起不能になり、
    同じく右翼の前原も政治生命を失い代表を辞任し、
    民進党から離れて当選した連中も前原とは距離を置き、
    立憲民主の人気にすり寄る事を考えている。

    • 2017/11/10 (Fri) 11:17
    • REPLY

    護国寺

    馬鹿の集まり

    どっちが代表になっても希望が無いのは明白。
    それよりも私が気になっているのは、
    中山なりあきと恭子さんの事です。
    特に旦那の方。
    議員になりさえすれば、もう党の事等どうでも良いのか?
    年をとっていても政界の重鎮にもなれず、党の代表にもなれず、みっともない。

    • 2017/11/10 (Fri) 12:22
    • REPLY

    こはる

    言葉も無い

    緑狸さんが大好きな「しがらみの無い」筈の政党が、獣医学会というしがらみ強度目一杯の玉木党首を選んじゃった。
    もうアノ狸さんは都庁の森にお帰りになったのかも知れませんね。
    人間諦めが肝心、とも云う言葉もありますし、彼女の為にはそれが良いかも。

    12月号の雑誌「正論」に再掲されている(平成14年の「正論」に初出)緑狸さんの日本新党のアレコレ論文は、大変に有意義(そうな)で資料もしっかり手元に置いて書かれて居るものだと感じましたが、それを執筆したのが現在「希望の党」を立ち上げた人と同一人物は思えないのが、なんとも不思議です。

    その論文の結論は、”安易に思いつきで新党など立てるモノではない”なのですが・・・
    まあ、人間よくある「言行不一致」と思えばいいのか。

    国会の首相指名選挙で、「希望の党」は全員自党の渡辺周氏に投票した筈ですのに、今回は立つ意志はあったが推薦人8人を揃えられなかった、とか。
    党内議員の8人すらからも推薦されない人を、希望の党は国会で選ぼうとした訳で、どこまで国民をバカにする議員達なのか。本気で考えたら「詐欺」だけでは済まされない罪過ではなかろうか。

    • 2017/11/10 (Fri) 18:18
    • REPLY

    さよならサヨク

    立憲民主党は詐欺師の集り。でも、朝日新聞は詐欺師の味方。

    立憲民主党は詐欺師の集り。でも、朝日新聞は詐欺師の味方。

    • 2017/11/15 (Wed) 20:39
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。