fc2ブログ

    目に余る選挙妨害と、それを批判しない朝日新聞の愚

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     この衆院選での特徴に、ヤジを通り越した選挙妨害がある。国会の審議と同じく、ヤジは選挙につきものだ。候補者の訴えに「そうだ!」と合の手を入れる支持者が要るのと同じく、支持しない聴衆がヤジを飛ばすのは、選挙戦ではよく見る光景だ。しかし、今回の衆院選のように、妨害そのものを意図し、計画し、集団でそれを実行する妨害行為は、もはやヤジのレベルを越えたものだ。

     困ったことに、反安倍の思いや打倒安倍政権という目的を共有する場合、工器であっても常識を逸脱するような行為に出る。朝日新聞が良い例だ。朝日新聞が18日、「演説にヤジ・抗議だめ? 「聞く権利をふみにじる」「有権者による意思表示」」という記事を配信した。前日には、SEALDsの活動家を登場させ、「「だれも声上げなくなったらやばい」元SEALDsは今」という記事を配信しているから、「市民の声」という体裁で、安倍政権や自民党への選挙妨害を正当化するつもりなのだろう。

    目に余る選挙妨害
    参考画像


     「演説にヤジ・抗議だめ?」については、一応は両論併記のかたちを取っている。しかし、ヤジ正当化派のキャスティングとして、よりにもよって野間易通を登場させている時点で、胡散臭さが満点で、いかにも朝日らしい。

     ■異論混じる場
     秋葉原で首相に「こんな人たち」と指されたC.R.A.C.(対レイシスト行動集団)の野間易通さん(51)も「そもそも街頭は異論が混じり合う場所。どう対応するかも含めて政治であり、政治家を判断する材料になるはずだ」という。
     例えば、オバマ前米大統領は在任中の16年11月、大統領選の民主党候補クリントン氏の集会で、共和党のトランプ氏支持者が演説を邪魔して場内が騒然とした際、自らへのヤジやコールではなかったが、「みんな静かに。私は真剣だ」「ブーイングをやめよう、投票しよう」と呼びかけた。
     さらに野間さんは、「市民が圧倒的な力を持つ権力者に向かって肉声で叫んでいるのに、『静かに聞くべきだ』なんて学校的道徳を持ち出してなぜ断罪できるのか」とも提起する。街頭での政治活動を取材してきたフリーライターの岩本太郎さんは「秋葉原のような『事件』を繰り返しながら、なんとなく答えが定まっていくのが社会というもので、答えも一つではない。演説の聞き方に善悪の線引きができると考えること自体、怖いことだと思う」と話す。


     スペースがもったいないので全文を引用することは避けるが、この記事がまったくダメなのは、演説の妨害行為が公職選挙法に触れる、もしくは触れる疑いがあるという法令違反に言及しないばかりか、「演説の聞き方に善悪をつけるな」という言葉を引用しつつ、その行為を正当化しているところにある。

     そもそも、選挙の街頭演説に双方向の対等なコミュニケーションを求めること自体が間違っている。選挙演説は対話の場ではない。それは、選挙民が候補者の政策や訴えを聞き、自分の投票行動の材料にするために演説に耳を傾ける場であり、聴衆はそのために集まっているのだ。候補者は一人であり、聴衆は多数だ。一対多の関係において、対等なコミュニケーションなど成り立つはずもない。野間や反安倍陣営も、他薄の中の一人なのであり、特別扱いしろというほうが道理に合わないのだ。野間は「圧倒的な力を持つ権力者」と定義しているが、候補者である時点で、権力は持たない。

     街頭演説の妨害行為を、表現の権利と自由を御旗に正当化しようとする者もいる。しかし、選挙妨害をしている時点で、演説を聞きたい人の権利も妨害していることを、彼らは何ら考慮していない。自由や権利は万能ではない。自由や権利は平等にあるもので、他人の自由や権利を侵害する場合、それは自分本位な迷惑行為というものだ。人はそれを「非常識」とも呼ぶ。

     安倍総理の地元である山口4区では、黒川敦彦というバカ活動家が出馬し、総理の代理で街頭演説を行う昭恵夫人を標的にし、「安倍あきえを取り囲みましょう」と呼びかけた。こういう、脅迫罪にも該当するようなことを平気で言う人物が、選挙に出ているのだ。街頭演説の妨害行為は、反安倍、反自民の常套手段となった。ただ、新潟や札幌、大阪などで、心ある人たちがこの手の妨害行為を阻止した事例も出てきており、心強い。

     自由や権利は、モラル、マナーの上に成り立つものである。サルじゃあるまいし、この手の行動の善悪を判断できないオツムなら、彼らは猿レベルである。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    19 Comments

    どうも怪しい

    北朝鮮リスクは現実なのだ。目を覚ませ!

    消費増税vs消費税凍結というのはニセの論点
    「北朝鮮リスク」こそが選挙で問われる本当のテーマ
          ↓
    有権者をそそのかす報道ステーション「依存効果」の罠
    『田中秀臣』 2017/10/18
    http://ironna.jp/article/7942

    • 2017/10/19 (Thu) 07:19
    • REPLY

    合掌仙人

    選挙で自公を大勝させれば彼等は次はテロに走るはずだから。
    自然と消滅していくよ。
    暖かく見守ろうよ。

    • 2017/10/19 (Thu) 08:48
    • REPLY

    団塊の端くれ

    目覚めよ日本人!胸を張れ!

    戦後70余年、安倍晋三総理によって大東亜戦争敗戦後の
    戦後体制が打ち破れてゆく・・・
    押し付けられた憲法を改正し自主自立!目覚めよ日本人!胸を張れ!

    どうも怪しい

    そんなマスコミは「一日も早くぶっ潰してしまったた方が」よい

    マスコミの偏向やフェイクニュースは100年前も今も変わらない。
    「坊ちゃん」気質なら間違いなく「ぶっ潰せ!」と言うだろう。

    夏目漱石「坊ちゃん」1906年(明治39年)(最後の第11章より)
    『新聞がそんなものなら、一日も早くぶっ潰してしまった方が、われわれの利益だろう。新聞にかかれるのと、すっぽんに食いつかれるとが似たり寄ったりだとは 今日(こんにち)ただ今狸の説明によって始めて承知仕った。』

    http://aozora.binb.jp/reader/main.html?cid=752

    • 2017/10/19 (Thu) 10:18
    • REPLY

    ツキクサ

    アベノミクスとメイドインジャパン

    ものづくり産業の国産回帰は、アベノミクスにとって必要なことだと、個人的には考えているが、神戸製鋼や日産自動車などの不正行為についても、日本国政府として、しっかりとフォローすべき案件ではないだろうか。

    当然ながら、弱体化した神戸製鋼が、反日国やライバル企業に買収されれば、日本国の安全保障やものづくり産業において、反日国の軍事産業やライバル企業に利することになり、脅威といえるだろう。シャープのような技術の流出は、中国にとって自国の産業に利することになったようだ。このような案件は、水際で防止すべく、スパイ防止法、特に各種産業のスパイ防止法は、知財法の厳正な実施と合わせて、急務といえるだろう。

    日産自動車については、無資格者に有資格の業務をやらせていた企業側、つまり該当する期間の経営陣に対して、残念ながらペナルティが必要だろう。例えば、無資格の医者が、治療行為を行うのは違法行為であることと、同じような意味を持っている。製造された車のリコールは当然として、違法を看過していたことは、経営陣のペナルティに値するだろう。

    ところで、自動車の安全性については、ドライブレコーダーを自動車の標準装備としたほうがよいと思う。自動車産業は、国の法的な整備の遅れが、民間の技術の進歩に対して、あることは否めないのかもしれない。

    神戸製鋼については、まず、品質に問題があるのかどうか。その点をはっきりとさせたほうがよいだろう。個人的には、先日、H2Aロケットの打ち上げ成功に象徴されるように、納品された金属の品質には、まったく問題がないように思えた。つまり、品質の問題ではなく、契約上の検査プロセスの欠陥という、商法における信用の問題ではないだろうか。

    品質の検査といっても、検査の実施により、品質は向上するのものではない。大事なことは、高品質を確保する製造工程そのものに、不正なプロセスがあったかどうかだ。同じ製造工程から造られる金属は、基本的には同じ品質になる。製造工程に大きな欠陥がないかぎり、検査の有無にかかわらず、高品質な金属の製造過程からは、理論上、高品質な金属しかできない。つまり、製造物の検査がない場合は、製造過程に問題がないことを確認することで、製造物の問題もないことが確認できるのではないだろうか。

    神戸製鋼側に、高品質を担保する保証として、検査をする契約がある。
     検査がない=粗悪品
    ではなく、
     検査がない=契約違反
    という話であり、納品された商品の品質に、再検査の結果、問題がないことを確認し、違約金の罰金を支払うことで、対応できるのではないだろうか。

    参考、神戸製鋼の不適切行為
    http://www.kobelco.co.jp/releases/1197833_15541.html

    おぎすすき

    猿にも劣る、と言うべきです

    猿には群れの中で厳然たる序列やルールがあり、それを乱せば厳しい制裁があります。群れの構成メンバーはそれを重々承知しており、大目に見てもらえるのは子ザルのみ。

    法を主とする社会秩序を、端から守る気がなさそうな輩と同レベルと論じるのは、野生の「命がかかった掟」に従って生きる猿たちに対して失礼だとすら感じます。

    日本の法律を守らず、好き放題ふるまいたい輩は一般市民には迷惑な存在です。
    猿と同じように“群れの秩序を乱すだけ乱した咎”で、とっとと群れを追放されることを熱望します。
    ええ、「日本の法律を守る気がないなら、出て行けよ!」ということですね。

    群れの構成員には、その群れを貫くルールを守る義務がありますから。

    • 2017/10/19 (Thu) 10:54
    • REPLY

    あかし

    民主党政権の時は
    候補に韓国国旗振るだけで
    バンバン捕まえてた警察さんは
    何をやってんですかね?

    NP

    天下布武

    石原慎太郎というボケ老人が『立憲民主党』を「節を通した枝野は本物の男に見える」などと今まで何十年も保守として戦って来た自他ともに認めているとされる人物がコアなさよくを称賛してどうする積りか?

    http://www.sankei.com/politics/news/171016/plt1710160094-n1.html

    とこういう人物にしても『立憲民主党』に誑かされてしまうのか?
    というところに「正義の皮を被ったさよく」のしたたかさと戦略と脅威が見える。
    此処が今後のさよくの求心力となるのでしょう。

    http://www.sankei.com/politics/news/171019/plt1710190021-n1.html

    ということで結局「小池騒動・前原騒動」は「民進党右派掃討と民進党左派躍進」という結果を残し舞台は次の保守対さよくという選挙後の局面への進む。
    そこで散々小池希望の党をバッシングし、非難し続けた(それなりに根拠はありますが)ネット諸氏は一つの見方として結果として「立憲民主党」を応援したという事になると言えると自分は思います。

    一般日本国民が今意識しているのは「北朝鮮の脅威」、「さよくのプロパガンダであるカケモリ洗脳」、「実感のあるなしの景況感」などでしょうが、常に上位は経済絡みです。

    そこでは安倍自民党の選挙に於いてのマイナス要素が「消費税増税(少子化対策等の理由はあまり説得力があるようにみえない)」、「実質の物価上昇」、騙され易い一般日本国民の「さよくに乗せられた小さな正義感」などでプラス要素は「北朝鮮問題」、「GDP増大による利益享受組の応援」などではないかと思えます。

    その様なプラス、マイナスの総和として、まずまずの選挙結果ではないかと推測しています。

    日本人の非論理性的思考は日本を支配している偏向メディアの影響が大きいのですが、一例として表面しか見えない日本人の「北朝鮮危険視」よりも実は「中国の脅威」をもっと切実に考えるべきものと考えています。

    http://www.sankei.com/world/news/171018/wor1710180026-n1.html

    中国は「100年マラソン」というように長期の戦略を確実に実行して行きます。
    その習近平による長期とは上記にあるような2020年~2035年、特に~2050年に対して総じての表現『富国社会主義国』に表れています。
    つまり「米国に肩を並べ、そして米国を駆逐する」という意味です。
    それは同時に日本の後ろ盾米国の力を削ぎ日本を支配するという意味です。
    2050年にそれが完成するとすれば遅くても2040年代には日本は常に中国の脅威を感じて暮らす時代となるでしょう。
    そして過去より常々日本国内で反日活動をし、反日国と協調する存在が有りますが、日本を中国に売り渡すことに抵抗の無い日本国内の『さよく・在日連合』の今の萌芽の一つが『立憲民主党』の様に見えるのは果たして分析間違いでしょうか?
    そして勿論、その協力者は例の朝日などの偏向メディアです。

    http://www.sankei.com/affairs/news/171019/afr1710190003-n1.html

    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6840.html

    • 2017/10/19 (Thu) 12:55
    • REPLY

    yasu

    遵法精神の希薄さはぱよちん共通の特質。
    何せ、テロリストの同類だからね。

    • 2017/10/19 (Thu) 14:25
    • REPLY

    道すがら

    保守か?

    安倍を保守だとか愛国だとか思っているのなら
    これを読んでみたはいかがか?
    どう思う?

    自民党よりも共産党の方が愛国保守である理由(お役立ち情報の杜(もり))
    http://www.asyura2.com/17/senkyo234/msg/345.html

    • 2017/10/19 (Thu) 15:08
    • REPLY

    どうも怪しい

    共産党綱領を読んでみよう

    道すがらさんへ;
    面白い論文のご紹介ありがとう。読む解くのに時間がかかって苦労しました。
    しかし、共産党綱領そのものの方がもっと、私には分かりやすい。
    この方がじっくり読むと世界観も分かるし、役に立ち面白いと思いますよ。

    <日本共産党綱領>
    五、社会主義・共産主義の社会をめざして
    (一五)日本の社会発展の次の段階では、資本主義を乗り越え、社会主義・共産主義の社会への前進をはかる社会主義的変革が、課題となる。
    (一六)社会主義的変革は、短期間に一挙におこなわれるものではなく、国民の合意のもと、一歩一歩の段階的な前進を必要とする長期の過程である。
    (一七)・・ 日本共産党は、それぞれの段階で日本社会が必要とする変革の諸課題の遂行に努力をそそぎながら、二一世紀を、搾取も抑圧もない共同社会の建設に向かう人類史的な前進の世紀とすることをめざして、力をつくすものである
    http://www.jcp.or.jp/web_jcp/html/Koryo/

    “日本共産党ってどんな党?綱領を読んでみよう!
    http://shinjihi.hatenablog.com/entry/2016/07/04/055600

    ついでに、天皇制について:
    「今だから読んでみよう、共産党綱領」櫻井よしこ
    『共産党綱領は「天皇の制度は憲法上の制度であり、その存廃は、将来、情勢が熟したときに、国民の総意によって解決されるべきものである」と明記している。私はこれを、将来の皇室の廃止を念頭に、機会が来るまで待つ姿勢だと解釈する。』
    https://yoshiko-sakurai.jp/2016/06/30/6420

    • 2017/10/19 (Thu) 18:28
    • REPLY

    日本を守り抜く!

    保守と自称すれば、保守票がとれると思っているのかな。

    >自民党よりも共産党の方が愛国保守である理由

    「保守」と自称すれば、人が保守と思うのだろうか。
    とんでもない。
    馬鹿も休み休みにしましょう。
    なるほど、引用がasyuraか。さもありなん。

    人は、今までの活動、発した言葉を総合して人や集団を評価するものだ。

    共産党は、「きっぱりと・・・・」、「・・・・ではありませんか」と幹部から下っ端まで、全く同じ言い回しと思想の集団。

    「保守」笑わせてくれるな。
    過去から今も彼らは「アカ」が一番ふさわしい。


    引用のURLを貼り付けて論拠(のつもり)にしている人をよく見かけるが、その引用がお粗末過ぎるのが多く、痛々しさを感じる。

    弓取り

    偏向の上に無審査の朝日記事

    少なくとも、「安倍辞めろ!」とか「お前が国難」「ANTI FASCIST」などという押しつけがましい絶叫が、国民有権者の主張とは認めがたいです。
    なんのための選挙演説なのか。制度に則って候補者は粛々とアピールをしているのです。

    >野間易通さん(51)も「そもそも街頭は異論が混じり合う場所。どう対応するかも含めて政治であり、政治家を判断する材料になるはずだ」という。

    何を言っているのか。基本的に異論が混じり合うのはどこも同じこと。選挙演説や許可を得て実行するデモは日常とは異質の空間になっています。それが法的に認められています。

    民主主義をはき違え、選挙制度を無視している屁理屈ですね。ブログ主様のご指摘どおりです。
    引用されている野間らの異見を、無審査で垂れ流す朝日は、日産や神戸製鋼よりもはるかに品質チェックのレベルが低い。

    レッドバロン

    氷雨降る選挙戦

    安倍総理の葬式は自分のどこで出すと公言してきた朝日新聞が今さら言論機関ぶって「編集」を試みても意味はありません。

    しばき隊の野間の声を取り上げた形で、いかにも第三者的な格好をつけてますが、実は朝日新聞の内声というか、本音そのものではありませんか。

    少なくとも彼らと朝日は共闘関係にあり、社会的な公平、ルールやマナーより優先すべき価値があるという意味では共通の利害共同体に属します。慰安婦問題における植村記者と韓国の挺対協の関係と同一であり、モリカケを捏造した朝日はすでに言論機関ではありません。倒閣運動を報道する立場ではなく、反アベの主力そのものなのですから。

    秋雨人を愁殺する、と言いますが、今日も朝から冷たい雨が降っておりました。
    我が駅の近くでは希望の党から出馬したサラブレッド君が傘も差さず、全身ずぶ濡れになって演説していて、いささか哀れを催しました。ノビテル君より真面目な感じで、好印象を持ちましたが、何でよりにもよって、民辛党なんぞに関わりを持ったのか、聞いてみたかったです。

    先日は、花の中核派全学連委員長が「この国に革命」の幟を掲げて演説してました。今時、労学連帯で革命を成就するという70年代でさえリアリティーを持たない標語を担ぐ青年の顔をしみじみ眺めました。正気なところが残っていれば、まだ、やり直しはきく年代ですが。

    当選挙区は他に立件民主、共産、左の無所属が立っていて、サヨク陣営から5人も出て票がバラけては到底自民ノビテル君の岩盤は崩せません。

    投函された共産党のチラシに記事を書いている一番目の人物は、何と自称保守の東工大の教授。共産党の政策こそ地元の中小企業をグローパリズムから守る真の保守だとか。

    先細りのサヨク陣営内での票の取り合いに疲れ果て、ついに共産党が広大無辺の保守票を取りにきたのか。(笑)
    そんなもんは半世紀前に保守の重鎮・福田恆存氏が「保守(主義)とは町の蕎麦屋を守ることである」と書いておられます。にわか仕立ての付け焼き刃の言で、保守票をもらいに行こうという姿勢が余りにイージーで、笑ってしまいました。

    いや、今日の雨は敗残の側には骨身に刺さる冷たさであったと思います。同情は致しませんが。

    • 2017/10/19 (Thu) 23:33
    • REPLY

    こはる

    ろうそく

    朝日は全くのチョウニチと読むべきしんぶんがみ社になり果てたのでしょう。随分前からおかしめでしたけど、現在は救いようのない徹底したデマ紙。

    社会ルールなど一切を無視して、したい事をする。反対側の人間や体勢には悪態をつくだけ。
    まるでこれは、南鮮でクネさん投獄に成功した蝋燭デモを日本に根付かせたい意志だと思います。

    根付いたら、いずれはそれが自分達への抗議デモになる可能性は考えない。

    日本人が長い歴史の中で民族性に精華してきた正直、誠実、親切、勤勉、我慢強さなどなどを壊して、日本を貶めるだけの為に生きて居る様に思えます。

    安倍総理が7月の都議選応援演説で、妨害行為をする者達に「こんな人達に負けてはいられない」と仰った、何処にも問題の無い正直な声の封鎖に成功して、増長した彼らは安倍総理の邪魔ばかりをする為の集団とデマ紙社になったのだろうと思います。
    負けられません勝つまではw。


    中核派全学連 現役が居るのですねえ。ハアー
    枝野は革マル、辻元は中核で仲間は赤軍。最高顧問のカン直人以下立件民主党にはサヨク活動組織出身者花盛りみたいですね。

    • 2017/10/20 (Fri) 00:29
    • REPLY

    オルグイユ

    議論することは良き事なり

    ここも含めて、意外とブログのコメント欄で甲論乙駁が見られます。これが大切なんですよね。
    ただ、惜しむらくは、論戦に負けた側が負け惜しみすら言わずに消えてしまうと。
    結論なんてそう簡単に出ないのですから、一発勝負にかけても無駄なんですがね。

    ネトウヨと言われている人たちって、何の組織も無いのだけど、パヨク側は、自分たちがそうだから相手もそうだ、って認識何でしょうねえw
    フルヤツネヒラでしたっけw
    ネトウヨは200万ぐらいだと申してたとかw
    与党支持率×人口、そのうちのネットに触れられる層で大雑把に7掛け、って計算すると、もっと増えるなw
    ま、あの人も右から左のひとだしw
    それに「ネトウヨ」の定義がgdgdだもんなw

    何日か前に、立憲民主党の執行部が悪夢の菅内閣+赤松口蹄疫だと、ちらっと話題になっていましたが、昨日辺りからあちこちで話題になってますね。
    R4の国籍問題に火を点けた八幡氏も、アゴラで記事を出しています。
    まー、マスゴミはその点をスルーし、緑の小池がぽしゃったからすぐに乗り換えて、一見民主党をアゲアゲ報道し出していますがw
    なんかね、現状は椿事件以上の様相なんですよね。

    yasu

    今度はどんな大災厄?

    道を誤って誕生したトンチン菅政権の時は東日本大震災が起きた。
    立憲なんちゃらの9条カルト党が間違って躍進したら、
    今度はどんな大災厄が待ち構えているのだろう?

    • 2017/10/20 (Fri) 16:44
    • REPLY

    今回は匿名で

    反安倍でも親安倍でもないのでどちらの陣営にも肩入れする気はおきないのですが、反安倍陣営に言いたいのが「だったら安倍政権以上に説得力のある布陣で支持を集めてもっと良い政策を実行してくれ」です。デマや罵倒で貶めようとするのを見るにつけ、こんなにレベルが低いから支持できる要素が出てこないのに…とあきれてしまうのです。

    外交と国防以外、安倍首相にはそれほど賛同できないでいますし、そろそろ「安倍首相の路線を踏襲できる、別の政治家が総理大臣になってもよいのでは?」と考えるようになってはいますが、このままだと消去法で安倍自民党を支持することになりそうです。

    どうも怪しい

    そうです。おっしゃるとおり。

    本当に安倍さん以外にいないのがいけねいと思います。
    本来、対抗できる競争相手が出て来ないとね。野党がしっかりしないと。
    しかし野党がどうしようもないもんで。仕方ないですね。

    • 2017/10/20 (Fri) 20:20
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。