fc2ブログ

    岡田や枝野に、民主党を離党した鈴木貴子を批判する資格なし

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     鈴木宗男の娘で衆議院議員の鈴木貴子が、昨日、民主党からの離党を宣言した。2014年の総選挙で民主党から立候補し、選挙区では敗れたものの比例で復活。父宗男は4月の衆院補選と夏の参院選で自民党候補支援を表明しており、貴子も自民党と行動を共にする方針だと見られている。

     鈴木貴子の離党理由は、選挙協力などで共産党と歩調を合わせる執行部への反発ということらしい。

    離党のご報告 (鈴木たかこオフィシャルブログ)

    今月19日、北海道5区補選において共産党が候補を取り下げ、同時に“野党統一候補”擁立、共闘の意思が正式に発表されました。

    綱領で共産主義社会への前進をはかる宣言をしている政党とは、基本的価値観をも共有できません。“統一候補”や“共闘”といった方針には承服できず、また、無視することは、自らの政治家としての信念に背くという考えに至りました。


     さて、この鈴木の離党に関し、枝野幸男がキレている。

    「大変残念だけれども、離党するのであれば議席をお返しをいただきたい」と。「比例代表の1位に優遇をして、小選挙区と重複立候補されたわけだが、小選挙区では当選せずに、比例代表で救われているわけなので、これは民主党の党名を書いた皆さんの議席であるので、離党されるのであればお返しをいただきたい」と。「これは今の重複立候補制度、衆議院の比例代表の仕組みのスジである」と。

    枝野


     一応、装ってはいるものの、怒りが滲み出るような言葉の羅列だ。比例で当選した議員が離党する場合に議席を返上するというのは、一応は筋が通っている。岡田もこの離党劇について「議員辞職すべき」とコメントしている。しかし、これを岡田や枝野が言っては元も子もない。

     では一体、維新の党に比例復活者が何人いるのか。維新の党代表の松野頼久は、2014年の衆院選で選挙区で落選、比例復活している。松野以外にも、民主党に移る維新の議員の中には、比例復活組が何人もいる。言葉上では、今回の民維合流は新党結成となっているが、実質的には、民主による維新の吸収合併と言えるだろう。つまり、岡田や枝野は、比例で維新の党と入れた票を、議員ともどもかっぱらうわけだ。そんな者たちに、筋論を展開したり、鈴木貴子の離党を批判したりする資格があるとは、到底思えない。

     そもそも“筋論”を言うのであれば、自分たちも筋を通すべきである。私は、理念を捨てた野合より、離党のほうがよっぽど筋が通っているように思える。民主に籍を置く数少ない保守系といわれる議員らは、この鈴木貴子の「共産党と歩調を合わせる執行部への反発」に、無言を貫くのだろうか。

    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    10 Comments

    A敦子

    大阪維新の会(=共産党よりも左側の韓国共産主義政党)、公明党、民主党、維新の党、社民党といった帰化在日韓国人コウモリ政党を消滅させなければなりません。

    大阪維新の会(=共産党よりも左側の韓国共産主義政党)、公明党、民主党、維新の党、社民党といった帰化在日韓国人コウモリ政党を消滅させなければなりません。

    そうでないと、帰化未帰化在日韓国人マスコミ全社は総動員で、例えば、大阪維新の会の政党支持率を常時3%以上に韓国式捏造数字しまくり続け、日本人B層を大阪維新の会へ誤誘導しまくり続けるでしょうね。

    Alinamin 2011

    五十歩百歩

    目くそ鼻くそともいう。

    • 2016/02/27 (Sat) 09:52
    • REPLY

    読者

    A敦子という投稿魔へ

    >韓国式捏造数字しまくり続け

    などと意味不明な日本語を書き、

    >日本人B層
    などと、大衆を見下す発言をする。

    病膏肓にいれりの典型で、このような「愛国者」は迷惑だけである。

    と言っても、病深く、聞く耳は持たないであろうが。

    • 2016/02/27 (Sat) 10:17
    • REPLY

    lilly

    民主党は…

    どこまで行ってもブーメラン政党ですね。
    自分達が過去に発言したことや行動したことを、いとも簡単に忘れ去る。
    我が身を省みる事をしない。
    これは、新党結成しても変わらないでしょう。

    (名前空欄)

    一人残して全員民主を離党するって話しみたいだし
    枝野の理屈で言うのなら民主党という名で比例当選した議員も
    当然議席を返さなければならないのでは?

    • 2016/02/27 (Sat) 17:03
    • REPLY

    名無しさん

     筋を通すのであれば民主党は政党助成金を返還するのが筋というものだ。
     何しろ、民主党に一人だけを残すという姑息な手段を使って、政党助成金をせしめたのだから。

    • 2016/02/27 (Sat) 17:51
    • REPLY

    末田

    民主党の意見受付は日替わりURL(?)

    忍耐の限度を超えたので苦情を言おうと「民主党 意見」でググりました。
    「ご意見」ちゅーのが出てきました。 意見を送るには、まず自分のメルアドを
    送り、返信されるメールにあるフォームに書けとのこと。
    しかもURLの有効期限は24時間!? ?

    自民党の場合、提言は何時でも送れますから、送信期限が24時間なんて
    少し驚きました。 支持母体が連合とか日教組、朝鮮総連ですから「ご意見」
    なんてポーズだけで、実際は聞く耳なんか持たないのでしょう。

    枝野の耳は世を偽るための耳! ブタの耳以下なのだ! (鼻息)

    voice of tami 民の声

    革命とは血だ

    民主党と維新の党が野合して党名ロンダリングを図る際に新しい党名候補に立憲民主党と云う案が有るそうです。
    極左勢力特に民主共産等が立憲主義の破壊だなどと頻りに喚く理由が此れに有るのではないかと云う原因を突き止めました。

    まー多分ですけど

    立憲主義は、複雑な概念であるが、その「思想」は、人類の歴史的な経験に根差している。
    国家の統治は、より上位の法に従わなければならないという「思想」の起源は、古代ギリシアに遡ることができるが、そこでは憲法に違反する統治は革命によって是正されるものと考えられていた。

    立憲主義の破壊と云う印象操作で革命に繋げたい本音有り、奴等の使う立憲主義とは革命への布石でも有る訳だ。

    渡邉哲也 ‎@daitojimari 2015年12月15日 07:30
    SEALDsメンバーが設立した一般社団法人「ReDEMOS(リデモス)」
    一般社団法人は寄付金の受け皿になると同時に非課税の恩恵を受けられる。
    また、『職員に対して給料を払える』わけです。
    寄付で集めた金を 『給料の形で職員に払える』 わけです。

    極左系プロ市民団体

    市民連合
    (安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合)
    ◆呼びかけ団体(有志):
    戦争させない・9条壊すな!
    総がかり行動実行委員会
    安全保障関連法に反対する学者の会
    安保関連法に反対するママの会
    立憲デモクラシーの会
    SEALDs

    もう一つロシア革命の再現でも夢見る心算か
    立憲民主党は1905年の第一次ロシア革命に際してパーヴェル・ミリュコーフらにより設立された。
    ありゃー血の粛清大会の序章だ

    こはる

    居直りました

    そうなんですよね、比例区復活議員も同時に問題にするべきですのに、実にご都合次第の「筋論」。いい加減そのブーメランに劇薬を塗っておけ!と思います。

    党首・岡田は維新との野合で多少の批判的質問インタビューに「バラバラで何が悪い」「野合で何が悪い」と来たもんだ。
    ハイハイハイハイ。
    安倍内閣、これからの国会答弁の面倒な処は「○○で何が悪い」で答えてみましょうか。

    • 2016/02/28 (Sun) 00:40
    • REPLY

    匿名

    リーマン

    民主党は他人の「悪臭」が我慢ならないらしい。かつて振りまいていた自分の「強い悪臭」は全く気にならない。どころではなく「とても良い香りだった!」と押し付け又嗅ぎたいでしょ?と平気で言う。同じ匂いを他人が出すと、攻撃しまくり、私は臭くなかったと嘘を付く。全く同じ臭いです
    正に、臭いブーメランが自らの頭に突き刺さり、血まみれ状況。大変重篤です。私は支持党ありませんが、松野さんは民主⇒維新⇒新維新⇒民主でしょ
    本当に臭くないですか?

    • 2016/02/29 (Mon) 12:00
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。