fc2ブログ

    人命救助にあたる自衛隊に「出過ぎた真似をするな」と主張する、TBS契約特派員の愚かさ

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     先ず、今回の水害で甚大な被害に遭われた方々に、心からお見舞い申し上げます。

     日本という国に住んでいると、否応なしに、ありとあらゆる自然災害と向き合わなければならない。今朝の地震も、寝ぼけた頭にあの4年半前の嫌な記憶を呼び起こした。偶然だが、この水害が起こるちょうど一週間前に鬼怒川近辺を訪れていた自分としては、なんだか居た堪れない思いがする。人命救助のために現場で奔走する自衛隊員や消防隊員には、心から敬意を表したい。

    kinugawa-jsdf.jpg


     災害というものは、時に人の本性を表わすものだ。以前書いた、イデオロギー馬鹿もその例のひとつだし、あの大震災や今回の甚大な災害の状況下で八面六臂の活躍をする自衛隊に対しても、否定的な見解が散見されるようになる。典型的なお馬鹿さんの例がこのツイート。


     実は、この来栖某は実在しない人物であるという説もあり、ネットで言う、いわゆる釣りアカウントだという噂も絶えない。で、実在する人物で例を挙げれば、こういう人物になる。


     TBSといえばほんの数日前、ドラマに出てきた悪徳弁護士の胸にブルーリボンバッジを付けさせるという、悪意の演出で話題になったばかりだ。まぁ、このドラマの存在はなくとも、サンデーモーニングやニュース23という存在があるだけで、TBSというパラメーターが付くと眉をひそめてしまうのは無理からぬことだ。

     この浅井久仁臣氏。一ヵ月ほど前には、ツイッターで反対意見を述べた人物に対して、「私に説教するなんぞ〇〇年早い」とのたまった。「俺はプロだ。素人に説教される筋合いはない」とでも言いたかったのだろう。そういうものの見方は、こういったツイートにも象徴される。


     先のツイートに戻るが、自衛隊は知事の要請がなければ出動できない。これは、阪神淡路大震災において、左翼思想に染まった自衛隊忌避総理が、被災地への自衛隊出動要請を躊躇し、後から総スカンを食った事例でも証明されていることだ。ひとりでも多くの命を救おうとする現場を目の前にし、自衛隊、警察、消防などが総力戦を展開するのはごく当然のこと。浅井某の発言の趣旨は、命を繋ぎとめようと必死になっている東日本大震災の被害者に、「日本タバコ産業(JT)からの救援物資は受け取るな」とツイートしたイデオロギー馬鹿(JPCCN全国代表事務局)と相通ずるものがある。

     自衛隊の“活躍”というように引用符をつけたのは、“活躍”を皮肉ったつもりなのだろうが、まさに自衛隊の活躍を苦々しく感じている心情の表れだろう。「消防を差し置いて」という表現は、言い換えれば「自衛隊は出過ぎた真似をするな」という意味である。戦後の守旧メディアにはびこっている「自衛隊差別」の片鱗だ。

     一刻を争う人命救助にイデオロギーを持ち込むの様は、甚だ見苦しい。社民党系組織のメンバーが「拉致より憲法だ」と発言してヒンシュクを買ったが、戦後サヨクのなかには、イデオロギーを優先するあまり、人命という価値観を見失う人が多すぎる。

     冒頭で、自然災害は時に人の本性を表わすと書いたが、同時に、自衛隊の重要性を人々に再認識させる機会でもある。浅井某のような御仁は、そういう状況が疎ましくてしようがないのだろう。まったくもって気の毒な人だ。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    23 Comments

    K.NOGAMI

    頭が左に捻じ曲がった人間は、基本的に自分の命以外の命を軽んじる。これは、社会主義者や共産主義者に共通する。

    日本共産党も社民党も、例外ではない。
    日本共産党は人命よりもイデオロギーを優先させ、社民党は拉致された国民よりも憲法を優先する。

    共産主義を採用した殆どの国が、政府による自国民の大量殺害を経験た歴史が、これを証明している。

    • 2015/09/12 (Sat) 11:02
    • REPLY

    causal

    >大口を叩いているあなた達の多くは間違いなく失禁するだろう。

    自己の経験談ですね。

    • 2015/09/12 (Sat) 12:37
    • REPLY

    こはる

    視聴率

    その来栖某の胸が悪くなる物言いは、ドンドン続けて戴きたい。
    「戦争法案」と捏造言い換えをして、日本の国防を妨げようとしている者達の心中が余すところなく披露されるのは、彼等の本質が伝わって余程の邪な人間でなければ覚醒するでしょうから。

    浅井久仁臣・・・親御さんは何を思ってこう名付けられたのかしら?と思って仕舞うお名前と文章内容の乖離。

    ヘリ救助能力を持つ人の人数は限られているでしょうし、それが消防庁だけに任されるなら、他の消防事故現場には到底人を回せなくなりましょう。報道関係者なら「プロ」なんですから、ド素人の私などよりずっとお分りでしょうにねえ。

    四年半前に菅ソーリが国防要員を無視した自衛隊の人員投入をして、流石の反日報道社にも批判めいた事を言われていましたっけ。浅井サンは「プロ」だからしっかり覚えているだろうね?

    10日の常総市の救助現場を報道して居たTBSに怒りを感じたのは、<自衛隊何機で何人救助、警視庁何機で何人、消防庁何機で何人>と一定時間内の数だけを比較したテロップ流しで、如何にも自衛隊の効率が悪いかの様な印象操作でした。
    濁流が渦巻く風の強い初期には自衛隊が懸命の救助作業でしたのに、そういう前提には触れずじまい。

    TV朝日は救助作業中の自衛隊機のすぐ傍近くに報道ヘリを寄せた映像があり、もしもの事があれば責任取れるのか?と怒りがドンドン湧く日でした。

    東日本大震災時のあらゆる意味での奮闘で自衛隊好感度が上がって、明らかに焦った陣営がありましたが、またぞろ妬みと貶めが綯い混ざる人としての劣情抑えがたく、という感じですね。下劣な奴ラは何処までも無間地獄の闇の中。

    TBSですか!近い将来の運命が楽しみだわ~。
    フィギュア・スケートのジャッジ問題を中心に、楽しく正義のブログ展開している方が書かれて居たのですが、浅田真央選手を何でここまでテレビという公器で貶めなければならないか?と怒りを持った人々の努力が実って、某ウジTVはその後視聴率惨敗が続いて、テーヘンなんですと。
    で、そのブログ主様に、個人的にか?社員としてか?は分かりませんが、今後の処方箋を尋ねて来たんですってよ。「どーしたら良いのでしょう?」と。
    ブログ主の姐さまは拉致問題にも大変関心を持って居られますので、ブルーリボンバッチで今度もめらめら炎を燃やして居られますw。トー然です。
    さて、TBSの運命は如何に?

    あ、ウジTVの真央さん毀損の時にはスポンサーのK社の担当は「イヤなら見るな」と宣賜ったそうで、なので見ない選択がされた極めて両者納得?の平和的結果でした。
    TBSは一貫した日本国への反日毀損報道ですからねえ、真央さん(と南鮮)でウジがアレなら国政国防で規模が大きいこちらの運命や如何に?と「業界」なら乞うご期待、かな?

    • 2015/09/12 (Sat) 12:56
    • REPLY

    姫路の婚活野郎

    一言言わせて下さい。

    阪神大震災時に知事が自衛隊出動要請を躊躇したと本文に記載されてましたが、兵庫県知事の事でしょうか?
    貝原兵庫県知事は要請したが、時の総理大臣村山富市が拒否したと私達兵庫県人は記憶してますが、間違いだったのでしょうか?

    瘀匙榎箕

    パクリ

    栗栖日那子
    アカウント写真
    2011年自殺韓国女子アナソンジソン訃報ニュース写真とか…
    気持ち悪いwwwww

    鷹の爪

    縄張り争いを誘う!?

    浅井氏は自衛隊がよほどお嫌いのようですね。災害にあわれた方々の救済より、自衛隊を貶めるためには 何でもありの方便ですね。本当に日本人でしょうか?

    • 2015/09/12 (Sat) 18:40
    • REPLY

    NP

    クズたちのたわごと

    流石に朝日も毎日も豪雨被害を報道し、安保法制安倍首相批判は手控えています。
    それはそうでしょう。
    こんな時期に「災害よりも安保批判か」と批判されますから。

    しかし、栗栖日那子。

    https://www.google.co.jp/search?q=%E6%A0%97%E6%A0%96%E6%97%A5%E9%82%A3%E5%AD%90++%E2%80%8E&biw=951&bih=872&tbm=isch&tbo=u&source=univ&sa=X&ved=0CCoQsARqFQoTCNHdgO-g8ccCFcOelAodhzwCGQ&dpr=1

    写真とはまったく一致しない左翼全盛時の団塊の世代の言葉なら違和感はありません。

    浅井久仁臣

    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B5%85%E4%BA%95%E4%B9%85%E4%BB%81%E8%87%A3

    もう一に人命救助というものが失せています。
    まるで朝日新聞の自己のイデオロギーのためにはなんでもあり。
    それと思考は同じです。

    例えばこの浅井久仁臣、災害被害を受け、体育館に避難していたりする被災者の前で同じ事を言ってみればよいでしょう。
    それが受け入れらるると思いますか?

    最低のジャーナリストです。

    • 2015/09/12 (Sat) 19:21
    • REPLY

    素浪人

    殺意充満

    この二匹、とっとと察処分したいですね。合法的にブチ殺せる世の中にせねばなりません。

    狂気の雄叫び:我が皇軍が殺人集団とな?それは支那人民ポア軍に言うセリフなんだよ!おまエラは人民ポア軍の戦車に轢き殺されて土まみれの肉塊になってろ!

    名無しの権兵衛

    訂正を願います

    姫路の方も仰っていましたが、阪神大震災当時の兵庫県知事は左翼でも何でもなく、保守本流の方です。自衛隊の要請も真っ先位にされていましたが、当時の(今でもそうですが)ボンクラ総理が躊躇している間に被害が拡大したのです。兵庫県民は決してこの事を忘れてはいません。貝原知事のその後の大活躍は兵庫県民なら誰でもが知っている事であり、感謝こそすれ、非難などもっての他です。兵庫県には中部方面総監部があり、自衛隊との繋がりや絆は昔から強く深いのです。

    • 2015/09/12 (Sat) 21:25
    • REPLY

    やす@管理人

    訂正しました

    大変失礼しました。
    自衛隊への出動要請を躊躇したのは、他ならぬ村山富市です。
    ブログで何度も書いていることなのに、何で間違っちゃったんだろ・・・。

    お詫びして訂正します。

    • 2015/09/12 (Sat) 23:05
    • REPLY

    NP

    村山富市の罪状

    逆にこの件で、
    関西、兵庫の方々が如何に村山に怨念を持っているのかがよく分かりました。

    その村山、今でも平気で日本毀損活動を国内外で行っている事が日本国では許されているという異常さを早く正常化させたいものです。

    • 2015/09/12 (Sat) 23:39
    • REPLY

    西

    小心者ほど傲慢になる

    小心者ほど強者やホンモノを怖がり、自分より弱いと見た者には傲慢になり、徹底的に攻勢に出るものです。

    このTBSの特派員とやらは、ツイート内容からすると、この特派員自身、銃弾や砲弾、ミサイルが飛び交う戦地で、実際に取材した経験があるという事なのだろうか。

    だとしたら、「あんたらは失禁するだろう。」などと書くのはおかしいだろう。「自分は失禁しないが、あんたらは失禁するだろう。」と思っているのならば、何故【暴力装置(左翼用語ではない)】である【自衛隊】というものに対して、このように傲慢な態度でコメントできるのか。

    見た限り、この人物自身は、実際に銃弾が飛び交う中で取材を続ける戦場ジャーナリストを気取っているが、実際に戦地に入り込んだことは無いのではないか。

    だから、自分自身、ああいった砲弾や銃弾が飛び交う戦地が【怖い】から、ここにいる人々も実際の戦争になれば、【怖くて震える人達】だと思っているのではないか。そこで彼は、戦争になれば【失禁する】などという表現をしたのだろう。

    最もそういったものを恐れているのは、他ならぬ彼自身だろう。【自衛隊】や【戦争】を見ただけで【失禁する】とは、小心者の思考だ。

    傲慢な人間ほどホンモノを怖がるものだ。彼には、ホンモノを見て【失禁】しないように注意してもらいたいものだ(爆笑)。





    • 2015/09/12 (Sat) 23:41
    • REPLY

    トマトスープ

    見事なホバリング

    鬼怒川の堤防が決壊した、と聞いたときは、まさかと思いました。
    正直、この様な重大なレベルの水害が発生する地域とは、まったく考えていませんでした。
    近代、河川工学が発達し、土木技術の進歩により、平野部での被害は最小限に食い止められているのだと思っておりました。
    自然の脅威を改めて感じるとともに、河川の氾濫と戦い治水に生涯を捧げた日本各地の多くの先人の苦労を偲びました。
    災害の頻発する我が国は、あらゆる事態を想定して国民の安全を保障しなくてはなりません。
    これは本当に急務です。日本の場合、自然災害と軍事事変が同時に起きても不思議はないのです。
    今回自衛隊が初期段階の厳しい条件下で駆け付け、任務を遂行された事に対し素直に感謝したいと思います。
    自国民に銃を向けるどこかの軍隊と違い、国民の側に居る事を実感致します。
    消防、警察と共に、やはりいざという時の自衛隊です。
    イデオロギーに固まるサヨクさんと違い、あの場に居る自衛隊員も我々も、現実の世界を生きています。


    • 2015/09/13 (Sun) 00:11
    • REPLY

    こはる

    故意ではないが

    うろ覚えで書かないようにwikiで「阪神・淡路大震災」項目を見てきました。(wiki ですから、とお断りをする必要があるかも知れませんが)
     
    地震発生後数分で近辺の自衛隊は装備して待機したけれど、法に従って出動出来たのは一部隊だけ。後は知事の要請待ち。
    発生四時間後に自衛隊と偶然電話が繋がった兵庫県消防隊交通安全課課長補佐の機転で要請が行われ、知事には事後承諾を得た。
    知事には確かな情報が届かなかった。そうで、知事は「知っていたら即座に要請していた」と後に会見あり。
    等とありました。(中項目 自衛隊と県知事)

    何処にお住まいの兵庫県知事だったのか存じませんが、大抵、知事公舎は県庁所在地にある、とすれば、関西では珍しかった大きな地震ですから、何故外にお出になって近隣だけでもご覧にならなかったのかしら?と余計な事ですが素人は思いました。
    その時西宮で被災者になった友人は「テレビなんか映らないし電話もダメだからあの神戸の火事も京都に避難してから知った」そうですので渦中にある人を外から言えない事はあると思いますが。

    なので管理人様がご記憶の中に知事要請の遅さが残って居たのは止むを得ない事だし、間違いでもないと思います。私は何でこんなに遅いんだ?と不思議に思うばかりでしたが。

    当時の法制では「知事以外の首長が自衛隊要請を出す事は許されない」という物で、その不備を阪神淡路大震災を教訓に「自衛隊への派遣要請は都道府県知事の他、市町村長または警察署長なども行える」様に制度が改められた。とありました。


    • 2015/09/13 (Sun) 02:45
    • REPLY

    こはる

     追記

    今更云っても、ですが、酷いとは言っても一応は日本の国政ですから、念の為に書かせて戴きます。

    姫路の婚活の方も、誤解されている様に思います。
    知事が要請したものを総理が(如何に村山でも)拒否する事は無かったでしょう。
    当時の法制を見ても総理にその権限は無さそうですし、「何せ初めてのことで」と言えちゃう人でしたから、ご自分では証言しては居ないものの、何をして良いのか?するべきなのか?その当日にはお分りでは無かったのではないか?とwikiを読んでもそう思いました。

    村山が断ったのは、米軍を主とした海外からの救援であって、知事の決定を覆しては居ない様です。
    東北大震災と同じに、米海軍は即座に艦艇を出して、日本政府に打診した様ですが。

    とにかく、日本の巨大災害への対策組織は全く成して居なかった事があの大震災で判明して、今はかなり構造的に改正された様ではあります。
    災いへの前以ての対策の必要性があの後も求められ、国会に於いて「想定外は許されない」と頻りに云うのも反日陣営でしたっけ。

    • 2015/09/13 (Sun) 06:50
    • REPLY

    レッドバロン

    わが神州清潔の民

    こはる様のお書きになったものが神戸の震災で自衛隊の出動がなぜ遅れたか?
    その真相に最も近いと思われます。

    それにしても初動の4時間の遅れは決定的でした。今さら言ってもせんないことですが、悔やまれること大です。


    今回の自衛隊の出動の早さにも、その教訓が生かされているのがせめてもの慰めでありましょう。

    杉並区銭湯愛好会?の同伴者の言によれば、女風呂の方でも
    「大したものだ」「本当に素晴らしい」と、自衛隊を賞賛する声で満ち溢れているそうです。TBS関連の何たらからは「妬ましいニダ」までは読みました。


    我が区の入浴料は460円、65歳以上は100円(!)お風呂が無くて来る人はほとんどいないようで。ほとんどが大きなお風呂が好きで入りにくる、ささやかながらも、生きる喜びを知った人たちです。

    被災者の声を聞くと、まず一番に「風呂に入りてえなあ」…

    日本人はですね、飯よりも風呂なのですよ。神州清潔の民とはよく言ったものです。

    このようなニーズにも対応できる自己完結型の組織は自衛隊を置いて他にありません。何とぞ、よろしくお願い致します。

    • 2015/09/13 (Sun) 08:13
    • REPLY

    (名前空欄)

    リスク

    『この災害に出動する自衛隊員のルスクは考えないんですか』
    って民主の方々は言わないのかな

    さすが自衛隊 立川基地の縁訓練よく見ます
    訓練のたまものです ありがとうございます


    (名前空欄)

    責任を負ったことがない者の戯言

    そいつらって結局批判されても、新聞社やテレビ局の看板の陰に隠れてしまうんだよね。
    つまり責任は取らないけどやりたい放題するってこと。
    そういう連中って物理的に消されないと何も学べないんだろうね。まあ、消されてしまえば学びも何もないけどね。

    • 2015/09/13 (Sun) 12:28
    • REPLY

    こはる

    ご尤も

    レッドバロン様は銭湯同好会ですか。我が家は柿の種・品川巻き同好会にプラスして只今わらび餅研究会です。

    通える場所に銭湯がある街って、今や贅沢かも知れません。どんな理由であれ一定程度の顧客確保が出来なければ経営は無理ですもの。
    ちなみに、今住む街には電話帳で捜しても一軒もありません。給湯器が壊れたときにはビジネスホテルに通いました。

    皇居一周マラソンを日頃する人達が使える様にと、朝風呂も焚いて呉れる銭湯が
    千代田区にはあると聞きました。朝走ってお風呂で汗を流し通勤、ってなんだか聞くだけで爽やかな気分になれます。

    自衛隊は、PKO先の避難民にも国内の被災者にもお風呂を提供して呉れる優しさ。本当に有難い事だと思います。
    それでご本人達は冷たい携行缶詰食だそうで、お仕事とは云え、例えば辞職寸前に経費を使えるのは今、とばかりの一夜に三軒のレストラン巡りをするさもしい元ソーリには、とても考えられない崇高な自己犠牲です。

    今回の被災地には、茨城、栃木、宮城と陸自空自の駐屯地がある県でしたので、より迅速に救援出来たのかも知れませんが、海自も海上保安庁も出てくれた事に、同じ茨城県に住む者としても感激でした。

    • 2015/09/14 (Mon) 01:31
    • REPLY

    匿名希望

    だから、いつまでも契約社員

    www・・・

    まーさ

    浅井久仁臣 ‎憲法の奴隷

    折角ですから,知人の自衛官から聞いた話を一言。
    自衛隊の行動はシビリアンコントロールの名の下、雁字搦めに縛られています。
    つまり、国防や戦略、戦術にまったくの ”ど素人”の政治家やシビリアンが制服組を牛耳って居る訳です。

     これでは有事の時にとても間に合わず,自衛隊が機能する前に日本はミサイルの餌食になり,大規模災害にも対処できないから、せめて初期段階の準備だけでも自隊で出来るようにしなければならない。 という意見具申をして、週刊誌の取材に応じた結果、更迭されたのが栗栖弘臣統幕議長で有り、更迭したのが希代の売国奴 金丸信でした。

     やがて栗栖統幕議長の懸念したことは事実となり、阪神淡路大震災に際して、自衛隊は直ちに人員の非常呼集を行うと共に部隊内居住者(独身隊員は原則として部隊内で居住する規則になっている)による装備の準備を行いましたが、出動要請が出されず、目の前の災害に対して手を打つ事ができず,松嶋中部方面総監が悔し涙を流したのは有名な話ですね。
     中部方面総監部では,出来たばかりの災害対策本部にLO(連絡幹部)を派遣し,直ちに出動要請を出すように神戸市長、大阪市長,大阪府知事、兵庫県知事に要請しましたが神戸市長はかなりの間自衛隊は必要ない。として要請を拒み続け、また兵庫県知事の要請により出動した自衛隊が、「須磨区長田区の火災には鎮火のためにへりによる空中散水が必要」という意見に対しても,「散水による圧死が考えられる」と拒否して、多くの方が焼死されました。
     実は村山老爺はこの時まで自分が自衛隊の最高指揮官だという事を知らなかった。という説もあるようですけどね 

     これを元に災害派遣法が制定され,自衛隊に出動要請が出来る者は知事の他 ,市町村長も長官の指定する者に要請が出来るようになりましたし、部隊長が自主派遣できる道も開かれました。
    長くなり申し訳ありませんが,もう一言…
    いずれにしても、自衛官の方の判断能力とか体力は突出しています。
     その良い例が中越地震の時の山古志村救出作戦でした。
     災害発生時,対策本部には各地の被害状況が寄せられました。
     その中でも数件被害の発生していない村落があったのです。
     本部員が不幸中の幸い。と胸を撫で下ろしている中、自衛隊の指揮官は無事であるという村の地図を見た途端,へりに偵察を命じました。
     指揮官の予想通り、その村は無事だった訳では無く,道路がズタズタで,通信手段も無く孤立していたのでした。
     便りが無いのは無事な証拠 ではなく、便りが出来ない程被災していたのでした。

    その後、この村は自衛隊のヘリパイロットによる卓越した操縦技術により重度被災者の早期救出を行うと共に、消防、海保、空自などの各ヘリと、情報の共有、連携を取りながら村民の避難を完了しました。
     実は、この事は自衛隊の記録にはなく、消防の防災資料に載っていたのです。
    手柄めいた事や、自慢たらしい事は何一つ言わず、身の危険を顧みず被災者を救助する隊員の姿を煩わしいと感じる浅井某。自らを憲法の申し子などと気取っているが、実は憲法の奴隷というのがふさわしいと思います。

    • 2015/09/16 (Wed) 06:38
    • REPLY

    こはる

    御礼

    まーさ様 忘れかけていた事、知らなかった事を教えて戴けて、本当にありがとうございます。
    自衛隊の方々はインタビューされても多くを誇りませんし、必ず救助した人への心遣いばかり仰いますから、良いお話はこうしてドンドン教えて戴きたく存じます。

    今回の常総市も、ちょっと調べましたら市長がヒダリ系で、この災害にもする事なすこと頓珍漢、と言うべきかノータリン。
    市長として普通に気配りが出来れば、同じ被災者でももっと楽な行動が出来た様なお話が伝わってきます。

    屋根に犬を抱いた複数の人が居て、外の水が流れる中を電柱にしがみついていた人が居て、屋根の方から救助していた結果の場面をネットでも大変感動して書かれて居ますが、どの人を先に救助するべきか?の間違いのない判断力にも、人様の事ながら誇らしく思います。
    吉田首相が「君たちに陽が当たらない事が、日本の平和だと思ってくれ」と訓示された事を読む度、涙ジュワジュワです。

    • 2015/09/16 (Wed) 07:22
    • REPLY

    まーさ

    こはる 様

    丁寧なこめんと有り難う御座います。

    わたくしも姪と共に保守ブログをしております。

    お暇なときにお立ち寄り下されば幸甚に存じます

    http://ringohimenokokuboh.blog.fc2.com/

    http://ameblo.jp/ringo-chyan/


    • 2015/09/17 (Thu) 11:15
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。