fc2ブログ

    遅すぎた撤回 ~ 佐野氏の五輪エンブレム、取り下げに

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     今日は時間がないのでごくごく簡単に。例の東京オリンピックのエンブレム問題についてである。

     私はあまりテレビを観る方ではないが、一週間のうちに必ず観る番組がある。テレビ東京系列の「和風総本家」 ―― 普段は裏方であり、ほとんど脚光を浴びることのない真面目でひたむきな職人に光を当て、その職人の「少しでも良いものをつくる」という心意気が見事に表現される番組だ。

     日本は職人の国である。熟練の技も勿論だが、商品をよりよくするための創意工夫と独創性がなお素晴らしい。そういう職人を見ていると、今回の東京五輪のエンブレム問題は極めて残念であり、そして恥ずかしい。7月末のエンブレム発表直後から、エンブレム盗用疑惑がネットを縦横無尽に駆け巡った。もう、「どう考えてもアウトだろ」という証拠が出てきても、組織委は釈明に終始した。組織委は責任を撮りたがらないから、この問題を解決する唯一の方法は、佐野氏が自ら辞退することしかなかった。案の定、昨日、そういう形でエンブレム問題はリセットされることとなった。

    佐野研二郎


     組織委の対応は遅すぎた。彼等はこの問題が発覚し、騒動が拡大してから会見を開き、エンブレム・デザインの原型なるものを公表し、佐野氏の最初のデザインが、使用中止を訴えたベルギー東部リエージュの劇場のそれと似ておらず、作品の盗用はないと主張した。しかし、これは盗用を否定するためのものであって、結果的に盗用と疑われることに対する釈明としては、何の役にも立っていない。組織委は、「俺たちに責任はない」ということを言いたいがためにあの会見を開いたのだろう。しかし本来、パクリに動機もヘッタクレもないのである。結果的に盗用の疑いが晴れなければ、問題は引き続き残るのだ。

     エンブレム選考における審査委員長である永井一正氏は、「佐野さんの説明は専門家の間では十分わかりあえるんだけれども、残念ながら一般国民にはわかりにくい」と語ったと言う。これも、一般国民をバカにした見解だ。エンブレムは国民全般に理解が必要なものであって、それを目にする諸外国の人々の理解があって成り立つものだ。専門家の物差しで決めるべきものではない。

     デザイナーの佐野研二郎氏は、最後まで盗用を認めなかった。パクリを肯定してしまえば、彼のデザイナーとしてのキャリアは終わるだろうから、最後の抵抗なのだろう。しかし、既に彼のキャリアに未来はない。残念ながら、彼の余罪も明るみに出てしまった。組織委は、一時、そんな佐野氏との心中を模索したのだ。明らかに、責任問題である。

     佐野氏のパクリが表沙汰になって以来、有志のエンブレムデザインがネット上で公開されている。私は扇をあしらったエンブレムが秀逸だと思う。どんなエンブレムになるかはともかく、選考過程にこれ以上の瑕疵があっては、国民が許さない。デザインは公募、選考は国民に開かれたかたちで行ってもらいたいものだ。

    tokyo_olympiad_ougi.jpg



    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    22 Comments

    こはる

    決め方

    新国立競技場のデザイン審査もこのエンブレム審査も、ザハ氏のデザインに決めて問題箇所の幾つかを修正、佐野氏も同じく佐野氏の名前を発表しながら原案に多少の問題有りで修正させてあのデザインで一旦は落ち着いた、と聞きました。
    両方とも、公募して審査する方法ではあり得ない決定修正ケースだそうで、審査委員長の永井氏の”仲間内ではわかるけれど一般には分かり難かろう”というのは、そりゃ分からんわ、と言うしかありません。
    こういう不思議な事をするから、痛くもない腹をさぐられる、と、痛いかどうかは問わずに、世間では感じる事です。

    何故公募なら一般的にシンプルに理解し易い方法を採らなかったのか?という疑問は残りますし、国際的に日本のある種のいい加減さの塊の様な物を露呈した気が致します。
    こんな思いを国民にさせる五輪なら返上して戴きたい、と内心思う気持ちは大きいですが、招致してしまったのなら国を挙げて成功させる様に頑張るしかないのでしょうね。
    とんだケチの付きようです。賠償が生じるなら税金では無くいい加減な仕事をして来た関係者で責任を持って戴きたい。

    招致時に使われていた桜の五輪色も、とても明るくて日本を顕わす良いマークに思えるのですが、招致の前後で替える必要があるのでしょうか?
    或いは、前回の五輪のシンプルそのものでしかも気高い雰囲気のエンブレムを再度使っても良いのでは?と個人的には思いましたし、その扇も可愛い感じが致します。

    競技場もエンブレムも、日本的で使い勝手の良いものが一番だと思いました。
    佐野氏の使用廃止になった物は、トラブルがなくてもあまり日本を顕わす箇所が感じられない、そして、黒はインパクトはあるけれど、祭典には相応しい色だとは思えませんでした。

    これ以上の問題発生は御免蒙りたいです。

    • 2015/09/02 (Wed) 08:11
    • REPLY

    alnamin2011

    オリンピックの足を引っ張らない騒ぎ方を

    まぁ、今回はサントリーでの余罪が命取りだったかなぁ。
    でもね。
    世の中には東京オリンピックの開催を邪魔したくてしょうがない連中もいることをお忘れなく。
    世界は広い。
    どういう選考過程を経たとしても、選ばれた作品に「アレに似てる」という言いがかりかつかないとも限らない。
    >結果的に盗用の疑いが晴れなければ、問題は引き続き残るのだ。
    は、どうかねぇ。
    いっぺん味噌がつくと取り下げるという前例にしないようにしないとね。
    この問題はいつでもどこでも起こるからねぇ。
    「似てる」だからねぇ。
    一番ダメージが大きいのは、ちょうど「あと3年」くらいのタイミングかな。
    むしろ、そんなタイミングでなくてよかったねー。
    何しろ、この問題を騒いで得するのは誰かを考えながらの物言いが必要だと思いますね。

    • 2015/09/02 (Wed) 08:14
    • REPLY

    暇工作

    まだある。

    エンブレム問題が一応決着がつきそうだが、今度は東京都のボランティア制服問題だ。

    平々凡々

    最初からの出来レースです

    エンブレムは最初から佐野有きで進んで行ったのだと思います。密室での選考会で選考委員は全て身内だらけでした。つまり、国民不在で行われた談合そのものです。先日の委員会の言い訳報告では最初の原案が既に他者の模倣である事を認知しながら修正すれば何とかなるはずだと軽く思っていたんでしょうが。
    原案自体がパクリ要素を含んでいた時点で彼の作品は除外されるべきで有ったはずです。
    問題はここからですね。
    何故、選考委員は彼の作品を除外させなかったのか?普通に考えるなら次点作品が相応しいと判断しなかったのか?何が何でも佐野で押し通す無理を続けた理由が解りません。
    最終案もパクリである事すら認めない。
    国民不在と言うより日本人不在の出来レースです。
    選考委員長の永井始め、選考委員全て入れ替えるか、国民へ公開しアンケートを実施すべきです。
    残るはボランティアの朝鮮服だけですね。

    悪臭源は元から断たねばダメ!

    組織委員会のメンバーを全部総入れ替えが必要でしょう。稚呆老人の森喜朗会長、肩書き欲得亡者の武藤事務総長(元財務事務次官)、阿呆の永井一正、指導力のない竹田恆和など愚人、劣人は即刻退去して貰いたいです。不運を招く悪人 都民の多数が選んだ升添都知事も都知事不敵人者でしょう。後悔先に立たず。

    くま

    審査委員の感覚はおかしい!

    今回の一件は、お葬式みたいなマークがそもそも駄目でした。
    ところがテレビでは誰もそれを指摘せずに擁護しゴリ押しした。
    「王様は裸だ」と本当の事をマスコミが言わないのでネット民の怒りが爆発しました。
    朝鮮おもてなし制服も駄目です。

    • 2015/09/02 (Wed) 10:27
    • REPLY

    -

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    • 2015/09/02 (Wed) 13:30
    • REPLY

    ジン太

    ネトウヨがやたら中韓の粗探しして叩くが、同レベルでしたね!
    今の日本は、余所の国を笑い物にするだけで、「人の振り観て我が振り直せ」が出来ない。
    自尊心だけ肥大してる。
    精神的に中韓に近付いていってる。恥ずかしい。

    • 2015/09/02 (Wed) 13:51
    • REPLY

    ちづ

    これからの公共デザインのあり方

    管理人様、いつもありがとうございます。
    今回の件は、デザインの仕事に携わっている自分にとって、デザイン、特に公共的なデザインについて改めて考えさせられるものです。

    >デザインは公募、選考は国民に開かれたかたちで行ってもらいたいものだ。
    仰るとおりだと思います。
    最終的に多くの国民の共感を得て、国民を鼓舞するデザインを目指すわけですから、審査の段階から国民に意見を求め、国民の反応を十分に考慮すべきです。

    自分が就職したばかりの頃は、デザインは、まだまだ定規や絵の具を駆使し、写真を切り張りするような手作りの作業が残っていました。
    それが、PCと作図ソフトの普及によって、急激にデジタル化されたのです。

    上の世代のデザイナーに「イラストレーターで作ったデザインはすぐに分かるんだよなー」と言われたことがあります。ソフトを道具として使っているようで、ソフトに作らされている。結果、没個性、無機質なデザインになっていることへの皮肉でした。

    現在は、ネットの普及により、デザインの参考資料、素材を瞬く間に集められ、ますます作業が効率的になったわけですが、皮肉にも、いや当然というか、やはりネットによって、今回のようにデザインの類似性が即座に調べられ、批評されるようになってしまったのです。

    自分は、佐野氏のロゴは、シンプルで洗練された美しいデザインだと思います。暗い色調も、漆や留袖の黒や金など、日本の伝統私的な色彩といえますし。また、単純な図形、英字フォントは過去に膨大なデザインの蓄積があるので、過去の作品と全く類似性のないシンプルなデザインを作る、というのは不可能に近いとも考えます。

    ただ今は、佐野氏のロゴは、美しいけれど、類似性の指摘をはねのけて個性を主張する力強さ、多くの国民の共感を得て愛される魅力が足りなかったのかな、と思うようになりました。

    デザイナーは、効率性に流されず、届け先である人々を思い浮かべながら、自身の内から出る創意を大切にして作品を作ることが必要です。自戒を込めて、こんなことを考えました。
    審査も専門家だけではなく、最終候補作品のネット公開、投票を試みるなど、ネット時代にふさわしい新しい方式が必要と思います。

    • 2015/09/02 (Wed) 15:12
    • REPLY

    Y子

    管理人様、私も「和風総本家」好きでよく見ます。(去年は渋谷に「豆助展」も見に行きました。かわいかったなぁ・・・って、これは関係有りませんねw)
    職人さんが仕事をするVTRを見て感動した、その職人さんによって作られたものを愛用する人からのビデオレターを見て、職人さんのほうも感動して涙ぐむのを見ていると、「素人には分からないんだから黙ってろ」的な佐野擁護派の態度に対して「んなこと言ってるからだめなんだよ」と思います。
    ファインアートじゃないんだから、万人に愛されることが重要だという発想は無さそうで、単に「商品展開しやすい」というところが優れているから選んだって風に聞こえる説明には呆れました。

    選考方法が臭すぎて鼻が曲がりそうです。
    それも展覧会ポスターと酷似しているのでだめっちゃだめですが、手直し前の作品の方がまだ佐野らしさが出ているようで、本人も好きで作ったんだなという感じがするのですが、「あんたが当選って決まってるんだから、似てないように手直ししろ」とでも言われて直したらどんどん感情が薄れて、見る人に感動を与えない代物になってしまった様に見える。しかもまた酷似品有りのおまけ付き。笑えもしない。

    パクリはいけませんが、今回問題にすべきは、オリンピックの利権構造なのですよね。
    あっちもこっちもワルだらけだし、ジャーナリストは広告代理店に逆らうとご飯が食べられなくなるし、だからネットで大騒ぎし続けるのも有りなんだなと思います。
    「職人」を最初「しよくにん」と打ってしまったら「私欲人」と変換されました。佐野達にはぴったり!

    ふーちん

    李明博前韓国大統領が就任中に日本乗っ取り完了宣言をした。
    完全に日本を乗っ取ったから安心して宣言したわけだ。
    韓国の借金をこれから全て日本に払わせると言った。
    当時は日本は民主党政権であったが、その後民主党が政権を放り投げ
    自民党政権になったとはいえ在日が支配する日本の構造は
    簡単には覆らないだろう。
    「朝鮮飲み」で画像検索すると歴代民主党党首、舛添都知事、山本太郎、
    公明党、民主党、その他の議員が韓国式で水を飲んでいる。
    東京オリンピックも在日利権の臭いが充満している。
    多摩美だ?芸大はどうした。
    パクリばかりで創造性の欠如するかの民族特有の臭いがする。
    そんな民族が自分らの利益のために日本国民の莫大な税金を使い
    日本を舞台に分け前を取り合っている図式にみえる。

    西

    東京五輪の裏舞台の如何わしさ

    どうもこの東京五輪の裏舞台には如何わしい集団が存在しているようです。新国立競技場の建設費問題もそうですが。

    特に、この佐野研二郎という自称デザイナーは、自身の事務所のHPのネームサーバーに「zyappu(ジャップ)」という半島人特有の日本人差別用語を使用していたり、彼がデザインした他のエンブレムに、葬式の時に参列客が遺族らに出す香典のような「結びきり」のようなデザインだったりで、彼が日本人かどうか怪しいとも言われております。

    また、東京五輪の「おもてなし制服」も、李氏朝鮮時代の王宮守衛の衣服にそっくりだったりと、こちらも非常に半島臭い部分が大きいです。

    やはり東京都に舛添都知事がいるところからしても、非常にきな臭いイベントである事は間違いないでしょう。

    JOCの竹田恒和会長もご子息の竹田恒和氏と違い、やや半島寄りな面があります(平昌冬季五輪の日韓共催にやや前向きな見解を示している)。他にも大会のエンブレム委員会など、半島利権の臭いがぷんぷんします。

    いくら石原慎太郎元東京都知事や安倍総理が見事な手腕とプレゼンにより、東京五輪の招致を獲得したと言っても、大会運営委員会の重要な部分に半島利権が絡んでいると、台無しにされる恐れがあります。

    安倍総理や下村文科大臣などは、この五輪の裏舞台を綿密に調査し、半島利権に絡んでいると思われる者達を、五輪運営の役職から外して行くべきではないかと思います。

    やはり日本の中枢部にまでコリアンマネー等が舞い込んでいるようです。いくら安倍総理になったからといって、簡単にこの腐敗した中枢部が簡単に変わるわけではありません。

    在日特権の廃止は、正常化のまず大きな一歩ではありますが、日韓断交まで、まだまだやるべき事が多いと実感する所ではあります。

    • 2015/09/02 (Wed) 23:53
    • REPLY

    西

    訂正

    竹田恒和氏のご子息は「竹田恒泰」氏でした。

    訂正します。

    • 2015/09/02 (Wed) 23:57
    • REPLY

    こはる

    父子

    都の珍奇なボランティアファッションのデザインは、永井一史氏という永井一正氏の御子息だと、他所のブログにありました。

    エンブレム審査委員長ですよね、一正氏は。
    五輪利権丸抱え? でなければ、李下に冠どころじゃなく籠を持って行くんじゃない!と言いたい。

    • 2015/09/03 (Thu) 10:13
    • REPLY

    Y子

    デザインしたのは

    こはる様
    デザイナーは藤枝珠希という女性です。選んだのが永井氏らの利権組なんでしょうね。
    イギリスの高級ブランドで修行した期待の若手デザイナーだそうですが、モード系が得意な人がカジュアルなユニフォームのデザインなんてどうなの?と思ってしまいます。
    賛否あると思いますが、私なんぞはユニクロにでも任せちゃった方が、安上がりで普通に誰もが着こなせるものができるんじゃないかと考えました。

    こはる

    Y子様

    そうなんですか。早速にありがとうございます。
    首都で着用なのに山岳風景が思い浮かぶ様なスタイルで、そしてアノ配色!とてもデザイナーの手を経ているとは思えない印象でしたので、デザイナーが居た!事に「感動」でしたw。

    折角イギリスファッションを勉強してきたその女性の経歴に、これで傷が付かなければいいですね。
    イタリアとは違った、素材やかっちりしたスタイルが根幹のイギリス高級ファッションの素養は大事にして戴きたい、と個人的には思います。

    • 2015/09/03 (Thu) 19:48
    • REPLY

    Y子

    こはる様

    >デザイナーが居た!事に「感動」
    お~!私はこはる様のセンスに「感動」です。

    真実

    恥かしい

    この醜い容貌が世界中に(日本人)として報道される恥かしさ。無念さ。

    日本人は表情がいい。どんな顔でも性格が現れる。

    朝鮮民族は、鉄面皮。バンキブンなど見てみて。煮ても焼いても食えない顔。

    韓国外交官,尹?氏の恥じない、無表情で嘘つく醜さ。居直り、しぶとさ、無恥。反省なし、が共通顔。

    この佐野もパクリがばれた恥かしさがない。ばれた悔しさだけでは?

    パクリと嘘つきは朝鮮伝統お家芸。

    真実

    あの制服を辞めさせよう!

    >ほぼ舛添氏独占で制服デザイン決まり、発注先を決め、値段まで決めたじゃありませんか。
    このオリンピックを韓国が儲けるチャンスとして最大限に利用させようとする、要職にある帰化人達。創価学会もものすごい後援軍。

    先ずどうにかして制服を舛添氏から取り返せないでしょうか。
    あの暑苦しくダサく、韓国の劣化したパクリなんて、本当に着るのでしょうか。
    暑っ苦しいオリンピックはいやだ! 
    あんなのを一着25万円を1500(?)着もまともに発注した(?)のでしょうか。 東南アジアに発注してほしい。

    エンブレム騒ぎの陰で着々と朝鮮のために働く舛添氏をどうかして止めさせたい!
    朝鮮臭より、東南アジア色を出したさわやかな海洋国家を打ち出したい

    Tシャツでいいが、色と模様が嫌だ!
    色は水色、白、レモン色・・・
    日の丸もあんなに要らない。T シャツの背中に旭日を白く抜く。その上に五輪マークでも?
    帽子は麦わら帽。どうでしょうか。

    真実

    さわやかな制服に

    連日35度の中で、あんなダサくて暑い制服、絶対に見たくない。

    臭そう。

    真実

    日本人も参加しよう、2020オリンピック.

    五輪準備仕事も、あらゆるジャンルのトップに帰化人などが積極的に盗りそう。目に見えないところでも、大量な朝鮮民族が参入してきそう。

    韓国にもどんどん普通以上に高い値段でいろいろ発注しそう。

    日本でやるオリンピックなのに、朝鮮民族五輪になりそう。
    民団、創価学会、様々な長、都知事などが韓国を儲けさせる機会として、利用しそう。している。

    真実

    >その後民主党が政権を放り投げ 自民党政権になったとはいえ在日が支配する日本の構造は 簡単には覆らないだろう。

    今までは(今も)日本にこんなに日本人成りすましの外人が居ることを知らない人が多すぎた(自分も)

    これからどんどん拡散し皆知るようにしよう。
    これからは日本人が自国を取り戻すよう戦おう。

    日本の中の韓国を作っている要は、民団、創価学会が一番だとおもう。
    (それから在日帰化朝鮮民族の市民団体とか労組とか、反日企業とか)

    まずは民団を解体させるには・・・・・・・・から始めようではないか。

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。