fc2ブログ

    15、16日の朝日社説を読んで確信した。朝日新聞はやっぱり宗教新聞である

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     少し前に、産経新聞阿比留記者のことばを引用しつつ、安倍政権はバカ発見器だという趣旨のエントリーを書いたが、安倍談話が出た直後の左派メディアの対応を見ていると、安倍政権には確かにそういうファンクションがあると確信する。

     ビジュアル的に顕著なのが、TBSとテレ朝である。TBSが安倍談話の生中継中、「侵略」「植民地支配」「反省」「お詫び」という4つの」キーワードをチェックリスト風に並べ、視聴者の反感を買った話は一昨日書いたが、テレビ朝日も負けてはいない。同局の看板番組である報道ステーションでは、古館と女子アナウンサーの後に4つのキーワードを書いたのぼりを立て、ネットでは「合戦か?」「一揆かよ」と失笑された。

    報ステ


     こういった報道局は、単一の価値観を絶対視し、それ以外の価値観は決して許さない。その傾向がもっとも顕著に出たのは、14,15日と16日の朝日新聞社説である。

     とにかく、この2日の朝日新聞の社説は、感情むき出しである。特に安倍談話が出た翌15日の社説では、「安倍首相は」「首相は」と書き出すも、途中で「安倍氏」と表現が変わる。南鮮紙がよく「安倍は」と呼び捨てにするが、そのノリと同じ匂い。兎に角、敵意むき出しなのだ。

     村山談話からの明らかな後退という、朝日史観が強烈なパンチを喰らったことは、どうやら自覚したようだ。「お詫び」に関して朝日は、「中国や韓国が謝罪を求め続けることにもわけがある」とし、その「わけ」を首相らの靖國参拝だとし、支那や南鮮の謝罪要求の正当性を主張する。このくだりに関しては、主語が明らかに支那、朝鮮になっている。「いったいどこの国の新聞か」と度々指摘される、朝日の真骨頂だ。

     翌16日の社説では、朝日は権利をキーワードとし、その権利が圧殺されるかのような妄想を社説に綴った。

     全体主義が進むなか、治安維持法や言論、出版、結社を取り締まる法が、情報を統制し、反戦、反権力的な言論を弾圧した。体制にものをいう大学教授が職を追われた。国民の目と耳は覆われ、口はふさがれた。
     社会の生命線は、情報が開かれ、だれもが自分で考え、意見や批判をしあえることである。


     よく、他人事のように書けるものだ。戦前の全体主義を牽引したのは新聞である。確かに、国による情報統制は存在した。しかし、そのお先棒を担いでいたのが朝日新聞をはじめとする新聞で、国民の目と耳を覆ったのは、他ならぬ新聞なのだ。その歴史を忘れたとは言わせない。

     この15、16日の朝日社説を読んで、私はやはり朝日新聞が「宗教新聞」であると確信した。ここで言う宗教とは、西欧を中心とする一神教を崇める宗教を言う。一神教ではひとりの神を絶対化し、他の価値観を許容しない。経典を持ち、その絶対的価値を拡散するのが一神教の世界である。そのため、生命を尊べと教えている宗教でありながら、他の価値観を持つ者を邪教者扱いし、時に派同じ宗教でも宗派間で闘争が起きる。八百万の神の世界に生きる日本人には、心であろうと感覚であろうと、理解し難い。

     朝日の場合、教義は日本悪玉史観だ。日本が戦前も、日本的な民主主義を持っていたことを、彼等は決して認めない。朝日にとって、戦前、戦中は、政治家と軍部によって国民が自由を奪われ、圧政に苦しんだというストーリーが必要だし、日露以後の日本の戦争は全て侵略戦争であり、アジア諸国の人々を苦しめたという前提を必要とする。だから、日本は永遠に野蛮な国として、蹂躙されたアジア諸国の人々に対し、永遠に謝罪しなければならないと教える。それ以外の価値観を、朝日は決して許容しないのだ。

     安倍談話によって、朝日新聞の教義が崩れようとしている。安倍政権が謝罪の連鎖に終止符を打てば、朝日の教義は成立しなくなるのだ。だからむきになって、安倍談話を批判するのだろう。テレ朝の“のぼり”も、否定されようとしている教義を守るための条件反射と考えれば、腹に落ちやすい。

     朝日新聞は、宗教は宗教でも、心の安息を与える宗教ではない。決して「多様な価値観」など許さず、特定の価値観を押し付ける、所謂カルト宗教である。

    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    18 Comments

    (名前空欄)

    ホント、ブログ主の言う通りだと思います!

    • 2015/08/17 (Mon) 08:28
    • REPLY

    (名前空欄)

    全く同感です

    冷静さを失うと本性がでますね。
    15日の朝日新聞社説は、70年談話が予想していた内容と違ったので、慌てふためき、批判の矛先が見当たらず・・で発狂したのでしょうね。

    ST

    コント台本「新聞記者養成講座」

    「すみません・・・新聞記者養成講座はこちらですか?」
    「あ、はい・・・こちらですよ、あなた、記者になりたい?」
    「はい」
    「はいはい、わかりました、作文は得意ですか?」
    「はい、文章を手際よくまとめることなら割と自信があるんで・・・」
    「文章?私が訊いたのはさ・く・ぶ・ん」
    「はあ、同じじゃないんですか?」
    「根本的に違います、あなたが言うのは物事を簡潔に、正確に書ける、そう言うことでしょう?」
    「そうですが・・・ですと、作文と言うのは?」
    「物事を正確に伝えることではなく、人を動かす様に書くのが作文です」
    「はあ・・・」
    「ま、とにかく適性を見てみましょうね、まずはこれをあなたなりに書き直してみてください」
    「はい・・・『昨夜11時30分頃、○○市の会社役員△△さん方に男が侵入し、△△さんをバットで殴り重症を負わせて現金50万円を奪って逃走中です、男は△△さんの会社の元社員とみられ、警察では男の行方を捜査中です』・・・このままで良いんじゃないんですか?」
    「それでは記事に角度がありません」
    「はあ・・・角度と言いますと?」
    「方向性がないということです、新聞記者はオビニオンリーダーでなければいけません」
    「正確に伝えることが大事なんじゃ・・・」
    「違います、世論は新聞を始めとするマスコミが作るのです」
    「どうも良くわかりませんが・・・模範解答をいただけますか?」
    「いいでしょう・・・『昨夜11時30分頃、○○市の会社役員△△さん方に、この会社の元社員が交渉に訪れた所、口論の末△△さんが負傷、この元社員はその後行方がわからなくなっており、現在その行方を捜査中です』これが模範解答です」
    「交渉に訪れた、と言うのは違いませんか?」
    「労働者が搾取する側に何か言うとすれば、それは交渉です」
    「いや、『金を出せ』とでも言ったんじゃ・・・」
    「この方は解雇されていますから、それくらいは当然の権利でしょう?権利を要求するのは交渉です」
    「50万円を奪ったことが抜けていますが・・・」
    「報道しない自由と言うものがあります」
    「はあ・・・口論があったのですか?」
    「この状況では少なくとも一言、二言は発しているでしょう?」
    「それはそうですが、口論とは違うような・・・」
    「嘘は書いていないでしょう?」
    「はあ・・・まあ・・・そうですけど・・・負傷となっていますが△△さんは重傷を負ったのでは・・・」
    「重症は負傷の一種でしょう?」
    「行方がわからなくなって捜査中というのは、なんだか行方不明者の捜索のような・・・ああ、いいです、嘘ではない・・・そう仰りたいんでしょう?」
    「そうです、中々物分りが良いですね・・・次の例題です『昨日午後3時ごろ、那覇市の普天間基地周辺の市街地に観光用ヘリコプターが墜落、住宅2件が全壊しました、なお、この事故によりヘリコプターを操縦していたM・ジャクソン氏が死亡しましたが、乗客は乗っておらず、住人も会社や学校に出かけていてけが人などはありませんでした』さて、これをどう伝えますか?」
    「さっきの調子で書くのですね・・・『昨日午後3時ごろ、基地移転問題を抱える那覇市に居座り続ける普天間基地周辺の市街地にヘリコプターが墜落、住宅2件が全壊しました、なお、この事故によりヘリコプターを操縦していたM・ジャクソン氏が死亡しましたが、米兵などは乗っておらず、住人も会社や学校に出かけていてけが人などはありませんでした、多発するこの種の事故に基地撤退を求める市民の声は高まるものと見られます』・・・これでどうでしょう?」
    「スジが良いですね、米兵などは乗っておらず、と言う所など秀逸です、ヘリが米軍のものであると言う印象を与えられますし、最後の一言で米軍に悪い印象を与えることに成功していますね、でもこれではまだ80点ですね」
    「どこが良くないんでしょう?」
    「オスプレイが出てきません」
    「はあ?だって墜落したのはヘリですよね・・・」
    「いついかなる時も航空関連の事故ならばオスプレイを念頭に置かなくてはいけません」
    「はあ・・・」
    「ヘリコプターを航空機と言い換えて、最後を基地撤退とオスプレイ排除を求める市民の声、とすれば?」
    「墜落したのはオスプレイかな?とミスリードできますね・・・」
    「嘘は?」
    「・・・書いていません・・・」
    「そこまで記事に角度をつけることが出来れば100点でした、もう一つ、上級用をやってみますか?」
    「・・・はい・・・」
    「ではこれです『台風11号は今夜半には鹿児島県の南を通過し、東シナ海へ抜ける見通しです』」
    「え?だってそれは天気予報・・・」
    「これに角度を付けられれば一人前です」
    「いや、さすがにそれはムリでしょう・・・」
    「いいえ、こうすれば良いのです『台風11号は今夜半には鹿児島県の南を通過し、東シナ海へ抜ける見通しです、今後韓国や中国を直撃する恐れがあり、防波堤の役目を果たさなかった日本に対してアジア諸国からの非難の声が高まりそうです、アジア情勢の安定の為に一刻も早い謝罪と賠償が求められ・・・』」
    「もうええわ!」

    憂国民

    朝日の主張は今の中共に言うべき事

    朝日は自ら自分の欺瞞性を暴露している、朝日の戦前の紙面をこの社説主は見ていないに違いない、いや知っていても今の読者には分からないと思いそれだけ読者を見下しているのだ。
    (国民の目と耳は覆われ、口はふさがれた。情報はひらかれ意見や批判をしあえる社会)だって。よく言ったものだ、その言葉は日本国民ではなく、正しく軍拡や領土を侵犯している今の中共の姿で有り、朝日が大好きな中共に言うべき言葉だろう、言う相手を間違えている。

    ベトナム戦争の時、日本の共産党は北ベトナムは帝国主義との正義の戦いをしている、と主張していた、原爆も共産主義の原爆は正義とも言っていた。
    この主張によれば自分たちの正義の戦争も正義の原爆使用も有り、ということではないか、現に共産党は現憲法の成立時にその主張に基ずき9条の戦争放棄に反対していた、当時の共産主義者は正直である。
    今共産党は過去の主張はオクビにもださず平和の党を装っている、恐るべき欺瞞性である、驚くほど朝日の姿勢は共産主義者に類似している、そこにあるのはご都合主義、自分の主張の為なら変化自在はものともしない狡猾なマスゴミの姿である。

    • 2015/08/17 (Mon) 11:06
    • REPLY

    うそはダメ

    核の傘に守られていながら核廃絶を叫ぶ。
    非核三原則を自慢しながら横須賀の米艦船は核を積んでいる。
    9条で武器は持たない戦わないと言っておきながら、ミサイルも戦車も戦闘機も持っている。   皆んなこの胡散臭さを分かっていながら見て見ぬふり。たてまえの平和論議は日本の信用を落とすだけだと早く気付けよ!!

    • 2015/08/17 (Mon) 11:28
    • REPLY

    矢嶋博士・日刊短歌

    コントはホント

     STさま

    コント、ではなく全くホントのコト かと。
    中国韓国の記者もこの講座終了試験をパスした。と。朝日新聞琉球タイムス沖縄新報東京新聞中日新聞共同通信古館萎痴瘻岸井萎狸核などなど。も。

    NP

    朝日、毎日という偏向メディアの姿が浮かび上がった8月14日

    作家の門田隆将氏が言う。

    http://www.sankei.com/entertainments/news/150816/ent1508160013-n1.html

    この朝日、毎日というメディアの主張はまったく中国や韓国の主張と変わりがありません。

    かつて中国、韓国との関係をマッチポンプと表現されたようにどちらも一体化しています。
    ですから、人民日報、環球時報、CNN、朝鮮日報、中央日報、東亜日報、KBSだけでなく、そこに朝日、毎日、東京などがグループとして反日同盟を組んでいるかの様です。
    いや、あとニューヨーク・タイムスズも仲間でした。
    そして勿論、共産党、民主党という野党も同類です。

    しかし今年は特に中国や韓国の本質がより分かったり、また日本のメディアの正体が露呈したことが大きな成果だったのではないでしょうか。
    結果として、折りしも安倍首相が進める『安保関連法案』、『沖縄辺野古基地移設』、そして今般の『安倍首相戦後70年談話』でそれらメディアの偏向が炙り出されてしまったように思えます。

    流石、自民党内の親中派と目されていた高村氏にしても韓国とのやり取りにはうんざりしているようで、やっと韓国の実体を身を持って知ったのではないでしょうか。
    その他鈍感な脇の甘い自民党議員たちなども日本のメディアが殆ど偏向しているという現実を今回の一連の事でよく理解出来たのではないかと思います。





    • 2015/08/17 (Mon) 12:10
    • REPLY

    (名前空欄)

    日本のいわゆる理想主義者という方々は、己個人の善性を確認するために政治的な主張を行う。
    だから決して後退できないし、綺麗事しか言えないし、異なる価値観を受容できない。
    アイデンティティが揺らいじゃいますからね。
    本来なら個々人のアイデンティティの確立とかは宗教の役割だったりするはずなのだが、彼らはそれを政治的主張に求めてますからねぇ。

    • 2015/08/17 (Mon) 13:44
    • REPLY

    α

    >治安維持法や言論、出版、結社を取り締まる法が、情報を統制し、

     それってヘイトスピーチ規制法案の事かね。「シバキ隊」と言う特高警察(異端審問官)もいるし、朝日は戦前戦後と全く変わってないと言うが魔女狩りも行っているし中世にまで退化しているんじゃないの?。

    • 2015/08/17 (Mon) 21:45
    • REPLY

    矢嶋博士・日刊短歌

    写真を読む、字ィを見る。

    今回の口絵写真ナンですが、うしろのヨンホンの幟の字ィ。
    いつたいダレが書いた?。
    と、申しますのも、

     ドベタ(弩下手)

    も過ぎます。品性疑う貧相な、な~。奇跡的の下手さカゲンかと。空前絶後か抱腹絶倒か言語道断か目玉脱落か。
    こんな下品な字ィ見たこと無い。小学生でももつとマトモな字ィ書いてます。と言へば全小学生諸氏から抗議されるでせう。ほどヒドい(酷い)。
    どぶサヨクのオワ(終)つてをります。
    字ィと言へば以前の当欄口絵写真で宮崎駿某の殴り書きの字ィの低脳ぶりにヘキエキしたのを思ひ出します。かのどぶサヨクデモプラカ~ドに使はれたといふ【金子兜太某】の字ィ(←朝日馬鹿壇選者・永田和宏某絶賛の)もやはりこれら低脳度ブリブリをカマしてゐたのでありませう。どぶサヨクの、

     完全のオワ

    の明白の表象、かと。
    なにもかもが、干からび果ててをります。

    レッドバロン

    負のキリスト教

    ブログ主様、拙稿「靖国の夏」へのお返事ありがとうございました。次回、参拝の折りには、英霊の皆様にブログのことも、ぜひご報告になって下さいませ。

    さて、今日の朝日新聞=宗教新聞=しかも、一神教の、というお説は我が意を得たり。

    もともと彼らが直接・間接に濃厚な影響を受けているマルクス主義は 負のキリスト教(negative Christianity)といわれております。クリチャンであった東大総長・矢内原忠雄もキリスト教とマルクス主義が類似していることを認めています。(1932「マルクス主義と基督教」)

    マルクス主義の理論体系は倫理的指令によって決定づけられ、世界の隅々まで解明しつくすカトリック神学体系に匹敵するものだといわれております。

    神(=共産党)によって強者の富が否定され、弱者の貧困が救済される、神の恩寵(=革命)によって両者の立場が逆転するという、ヨハネ黙示録などの思想を継承した「破滅的な恐慌」をマルクスが述べるなど、マルクス主義はユダヤ・キリスト教的革命理論の後継者と目してよいのではないでしょうか。

    しかしながら、新旧の一神教・すなわちキリスト教徒と共産党員を合わせてみても、日本の人口の1%あるかなしか。八百万の神々と多数の仏様がおわす我が国では、いたって人気がありませんのです、はい。

    この中で朝日新聞の講読者数百万というのは驚異的です。いかに一神教的な要素をうすら甘い人口甘味料で薄めることに成功したとしても、元をただせば
    negative Christian、「日本」への敵意は歴然たるものがあるのですが。

    それにしても朝日に入社するのは、左翼が世間的に成功するわずかな道筋の一つでありましょう。

    プロレタリア学生同盟のイデオローグであり、後に「転向」した笠井潔氏はインテリゲンツィアを知的無用者だと述べ、彼らが革命の理想にとりつかれたのは、本来は無用者であるにもかかわらず、自分をひとかどの人間だと思い込んだエリート意識であり、過剰な自己観念であり、にもかかわらず自分を評価しない社会に対するルサンチマン、劣等感であると指摘しています。無目的で鬱屈としたインテリにとって、マルクスの革命理論は絶好の受け皿となり、これらのコンプレックスと自意識の強い田舎インテリの姿は、ドストエフスキーの文学など、多種多様に描写されていると。前衛主義とは大衆を愚衆と考えた傲慢なエリート主義であり、排他的で硬直した独善性であると書いています。
    コンプレックスと自意識の強い「田舎インテリ」ねえ、なるほど。だから彼らは彼らのイデオロギーへの殉教者として、中・韓の無辜の民(実質は反日ファシスト政権)を選び、自らは司祭となって、我々に永遠の躓拝を要求するのですな。日本人の子々孫々に原罪を背負わせて。この「原罪」を負わせるというのも、ユダヤ・キリスト教独特の思想で、彼らの宗教的な得意技ですから、ご注意を。


    敷島の大和心を人問わば
    朝日に匂ふ 山桜かな


    朝日新聞の「朝日」は本居宣長のこの歌からきているのだそうで。衝撃の事実に、思わず足許がよろけそうになりましたよ。

    皆さま、ご存知でしたか?

    • 2015/08/17 (Mon) 22:10
    • REPLY

    西

    アカヒは創立時から情報工作機関として働いてきた組織です

    アカヒというものは、調べてみると創立当初から嘘と捏造と煽動を繰り返してきた組織である事が分かります。

    アカヒは新聞社ではありません。情報工作機関です。

    この組織は戦前は超右翼的な新聞だったと言われていますが、アカヒは創立当初から国民を詐欺的宣伝手法で日本を貶めてきたのが大罪でしょう。ナチスや詐欺師などアカヒの前では顔負けです。

    以下、アカヒによる嘘宣伝と煽動、その他のアカヒの大罪

    ①1905年の日比谷焼き打ち事件を煽動(アカヒが戦争継続を呼号)

    ②1918年米騒動時の鈴木商店焼打ち事件(アカヒと三井財閥による共謀)

    ③太平洋戦争の推進(様々な標語(スローガン)「欲しがりません勝つまでは」「一億火の玉」「日本人なら贅沢はできない筈だ」「鬼畜米英」等を作り、国民の戦意高揚、戦争を推進)

    ④戦後、GHQによる報道規制等もあったが、アカヒは左翼に一早く転身(戦前・戦中の行為に対しては軍部に責任を押し付け、自身の責任は逃れた卑怯者共)

    ⑤北朝鮮礼賛運動、拉致問題の隠蔽(「地上の楽園」などと報じていたが、実態は「地上の地獄」)

    ⑥毛沢東の文化大革命(人民を大虐殺)を礼賛

    ⑦ソ連や中国、カンボジア(ポルポト)等の共産圏の国々に都合の悪いこと(圧政、粛清など)は一切(ほとんど)報じない

    ⑧南京大虐殺という虚構を捏造

    ⑨従軍慰安婦捏造

    ⑩サンゴKY捏造事件

    ⑪福島原発の吉田調書捏造

    他にも個人への言論弾圧など、挙げればキリがありませんが、この新聞社は戦前から戦中、戦後とまともに言論機関として機能した事などありません。

    戦前もやろうと思えば政府の不正などを暴くこともできたでしょうけど、どうも逆の方向に進んでいたように思えます。その時から朝日にコミンテルンのスパイなどがいたのかもしれません。

    太平洋戦争が起きたのも、ルーズベルトとスターリンの陰謀説がありますから、あながち間違いではないかもしれません。

    本来言論機関とは不正等を暴くものだろうと思いますが、この組織は不正を作り出す事に加担しているのです。

    アカヒは自称「新聞」ですが、実態は「情報工作機関」といって良いでしょう。

    アカヒで誇れるものと言えば、「夏目漱石」が嘗て勤務していた事と、「受験勉強」(天声人語は除く)と「科学欄」くらいのものです。それ以外に誇れるものはありません。

    このような新聞社が日本のクオリティーペーパーなどと聞いてあきれます。

    不正を暴く言論機関を名乗るのならば「情報工作員」を止めて別の組織でやるべきだろう。

    アカヒという組織の自浄は不可能です。遺伝的に情報工作を行う組織ですから、確信犯です。

    このような組織は日本から消し去る以外に、益になる事は無いでしょう。

    • 2015/08/18 (Tue) 00:07
    • REPLY

    こはる

    永遠のお詫びをして居なさい。

    レッドバロン様、昨夜は過分な名誉を戴きまして、恐縮で御座います。
    同じ「メイ」でも迷の方が私にはしっくり致しますが・・・江戸っ子じゃなくても寿司食いねえ!

    ST様、連日の御力作を楽しませて戴きました。感謝です。
    中でも「世論はマスコミが作る」と、断然彼等はそう考えて居ますよね!彼等の勘違いの発端はコレかも知れません。
    天気予報に「角度をつける」とああなるのか~(笑)


    朝日新聞社は、日本国民に最低でも「捏造慰安婦」「傷つけ珊瑚」で社が続く限り「永遠のお詫び」をして居なさい。
    朝日が三流娯楽紙としてでも日本国に存在する為には、これが条件です。
    一面トップにはその謝罪記事を掲載し続ける事。そして外信でも当然に。
    朝鮮スプリングセール業界がスポンサーを申し出てくれるかも。

    古館と隣の女性は、インテリアで旗を飾っているだけじゃなく、背中に背負って旗差し物にしていたら、少しは笑いも取れたでしょうが、これでは只の嫌らしい朝日風景でつまらない。惜しかったね。
    筵旗にするか、水俣の怨の字黒旗を真似たら、もっとインパクトあるかも知れませんね-、と即席インテリア評論家ごっこで遊んじゃう。

    書かれて居る字は手書きではなく印刷ものの活字でしょ?
    お習字の(書道ではなく)先生なら、「中心線を大事にしましょうね」ぐらいは言うかも知れませんが、せいぜいプラスして「下手ではないが上手くもない。字が死んでいます。」評価あたりかと。

    • 2015/08/18 (Tue) 00:47
    • REPLY

    矢嶋博士・日刊短歌

    消え失せるものら

    日本社会党は消え失せました。
    民主党も正確に日本社会党のあとを追うてをります。
    小朝日新聞が社説天声人語他総ページをあげ、安倍晋三談話を全否定するコトをしても、大日本国民は、

     57%

    が安倍晋三談話を評価しました(16日、産経新聞フジテレビ世論調査)。ナン百万部を発行している朝日新聞が小朝日新聞になり果て下がっている証拠があがってをります。その煽動で民主党政権というどぶサヨク傀儡政権をでつち上げた。その夢はもう金輪際未来永劫に再び見れることは無い。
    大日本国民は、朝日新聞よオノレを、

     見切って

    しまふまでに成熟し始めている。でなければ、安倍晋三談話に、

     57%

    以上の支持を寄せるワケが無い。朝日新聞よもうオノレは消え失せる。
    願はくば一刻も早く無くなれ。この国の未来のために、アジアのため、にな。

    ST

    矢島博士、こはる様、有難うございます。
    特に博士、こはる様以外から評価していただいたのは初めてでして・・・(笑)。
    どうしてもコメント欄への投稿としては長くなるので、「投稿してもいいのかなぁ」と思いながら投稿しているのですが、少し意を強くしました。

    天気予報、韓国では角度つけてますよ(笑)、どんなに真っ直ぐ半島に向かっていてもUどころかVターンして日本を直撃するように報じていますから、きっとその方が喜ばれるんでしょうね(笑)。

    いつもいつも思いつくとは限りませんが、またこのようなものを書いてみたいと思います。

    通名?帰化人?『背乗り』?

    また「朝日新聞(チョンイルシンムン)」一族www

    「これは見事なクソコラグランプリwww」
    …と、思いましたが、「本物」だったのですね…
    「外道ステーション」www
    朝日新聞(チョンイルシンムン)もろとも
    「またチョンCAR」に乗せて
    奈落の底に突き落とすニダよ?

    • 2015/08/18 (Tue) 04:42
    • REPLY

    矢嶋博士・日刊短歌

    文体。について

    え、朝日馬歌壇8月10日ヅケから。

    ●高野公彦選第1等賞
    ▼骨壺に石ころひとつからんころん東洋平和のいくさの果てに
    (名古屋市・諏訪兼位某、87才)
    ●高野公彦某評=第1等賞は「フィリピンで散った従兄」と注。遺骨も戻らぬ戦争の悲惨さ。

    矢嶋博士講評=この諏訪某の「文体」のふまじめで弛緩していること。この文体そのものが根本的に、死者を愚弄している。文体盲である。諏訪某高野某ともに、

     石ころひとつからんころん

    このおちゃらけた羅列体に、矢嶋博士が「首絞め殺したろかコイツらニピキ(二匹)とも」と、殺意を持つたとしても、四百万戦没者の霊は「よし、ヤレ」と後押ししてくれるであらう。

     東洋平和のいくさ

    ↑、コレって日本語の構文になっているか?。この諏訪兼位87才って白痴なのか?、コレを第1等賞に置いた高野公彦って白痴なのか?。

     大東亜戦争

    と呼ぶべきものがあった。戦争は善でも悪でも無い。勝者が敗者を「絶対悪であった」と言うだけのものである。相対的の現象である。大東亜戦争はアジアの植民地状況を大いに打破した偉大な結果を持つものでもあった。

     東洋平和のいくさ

    とは、ソレなんじゃい?、えぇッ~諏訪兼位ッチュウオッサンよ。よしんば骨壺に石が入っていたのが事実だった?として、

     石ころひとつからんころん

    たぁ、戦没者を愚弄するモノ=文体で、矢嶋博士から絞めコロされても文句言へない虐殺的行為ッチュウのんがわからんかコノヨイヨイメが。

    【付録】
    コノ諏訪兼位、朝日馬歌壇の常連。
    1928年生まれ、どぶサヨク学者。元日本福祉大学学長。岩波書店科学ライブラリー「科学を短歌によむ」あり。朝日歌壇賞を過去に二回!!!貰ってる!!!!。
    ▼第 2回 1992年 馬場あき子選
    ▼第25回 2008年 佐佐木幸綱選

    開いた口がふさがらない。憐れむどころの騒ぎぢゃない。
    短歌文体裁判所判決で有罪が確定している。朝日政局標語集団房へでも放り込んでおくか。矢嶋博士の毒牙にかかっちゃわないやうに。

    yasu

    これからはアカヒ教徒と読者を呼ぼう!

    げに罪深きアカヒ教。
    読者はアカヒ教徒と称すべし。

    • 2015/08/21 (Fri) 17:23
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。