fc2ブログ

    福島瑞穂の「戦争法案」と、ことば・表現の責任

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     永田町は自民党一強、さらに言えば、安倍一強である。一強の理由は様々あれど、主体である安倍総理、自民党という要素を除けば自ずと分かる。ひと言で言えば、野党の劣化が甚だしいのである。それを象徴する国会での出来事が、福島瑞穂の「戦争法案」騒動だ。

     事の顛末は、福島瑞穂自身がブログに書いている。

    「戦争法案」という言葉に修正要求が!! (福島みずほのどきどき日記)

    「戦争法案」という言葉に修正を求められました!
    4月1日に参議院予算委員会で安倍首相に質問しました。「安倍内閣は14本から18本の戦争法案を出す」と述べ、それに関連する質問をしました。安倍首相が「レッテルを貼って、議論を矮小化して行く事は断じて甘受できない」と反論をしました。私は、「戦争ができるようになる法案だ」と指摘しました。

    質問が終わった時点で、委員長が、「不適切と認められるような言辞があったように思われる。理事会で速記録を調査の上、適当な措置を取る」と述べました。「不適切」と言う意味がわからず、一体何が不適切なのかと思いました。その後、「戦争法案」と言う言葉が不適切と認められるような言辞だと聞きました。また、少し経って、同じ日の質問で使った「鉄面皮」という言葉も不適切と認められるような言辞であると委員長が理解していると聞かされました。

    4月17日(金)、自民党の議員が面談に来られて、「戦争法案」と言う言葉と「鉄面皮」という言葉についての修正要求がありました。「戦争法案」を、「戦争関連法案」あるいは「戦争につながる法」と修正できないかということでした。私は、理由を述べ、修正に応じないと答え、若干議論をしました。(中略)

    こうした戦争法案を「戦争法案」と言えなくなる国会こそ問題です。使うなと言われる社会こそ問題です

    こんなところから、表現の自由が制限されていくことが極めて問題で、重要な課題だと思います。

    私だけではなく、民主党の議員の発言も議事録に載せるにあたり修正や削除の要請がきています。これももちろん大問題です。

    修正には応じません。


     福島瑞穂は、今まで「戦争法案」ということばが国会内の会議で24件使われていたから、今さら修正を求められるのはおかしいと言っている。つまり、このことを以って、安倍政権側が言論弾圧を行っているとアピールしているのである。

    福島瑞穂


     福島は「表現の自由」の意味を取り違えている。何事も憚らずに言葉にできる社会は一見自由だが、無制限に何でも認められる社会こそ恐ろしい。表現の自由の裏には「言葉に対する責任」があるのだ。何でも自由に表現できるなら、福島らが問題視するヘイトスピーチなるものも表現の自由の範疇で語られるべきだ。福島らはそのヘイトスピーチとやらに反社会性や差別があると主張している。要するに、福島らも「言葉に対する責任」を求めていることになる。そんな状況がありながら、自分だけが表現の自由を謳歌できると考えるなら、極めてダブルスタンダード的な思考と言わざるを得ない。

     朝日新聞も敏感に反応している。

     福島氏の発言は、集団的自衛権についての強引な解釈改憲に基づく法整備への、国民の根強い懸念を代弁している。多数意見であろうとなかろうと、国会で尊重されるべき主張である。

     政権側に異論があるなら、議場で反論し、やりとりをそのまま記録に残せばいい。その是非を判断するのは、現在と後世の国民だ。(朝日新聞社説「言論の府で―異論への異常な圧力」より)


     朝日は、事実の曲解をそのまま記録に残し、現在と後世の国民に判断を委ねると言う。捏造をそのまま記録し、後世になって謝罪した朝日に相応しい理論だ。ちなみに、朝日が主体を「政権側」と書いたのは、意図的なミスリードだ。議事録上の「戦争法案」について修正を求めたのは自民党である。社説の後半で触れている「個別の報道番組への口出し」も、自民党の対応である。私が知る限り、政府はそのどちらにもアクションを起こしていないはずだ。これを「政権側の圧力」であるかのように書くのは、捏造のひとつではないか。

     議事録を訂正せよという自民党の要求が果たして正しいのか、私にはわからない。ただ、「戦争法案」という法案への表現は、現実は脇に置き、妄想を膨らませたものでしかない。福島が「強い言葉を使えば存在感を示すことができる」と考えるなら、安保法案に対する福島瑞穂の手段を選ばぬ攻撃は、集団的自衛権の閣議決定で「徴兵制復活」という妄想をプロパガンダ的に流布しようとしたときの対処と、本質的には同じだ。

     福島が表現の自由の制限を問題視するなら、自身が問題視するヘイトスピーチなるものにも表現の自由を与えるべきだ。逆に、いわゆるヘイトスピーチに「表現の責任」を求めるなら、福島自身も妄想をプロパガンダとして流す「表現の責任」を取るべきだろう。

    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    16 Comments

    反日変態左翼をぶった斬る

    反日左翼は自己中、幼稚園児

    あいかわらず日本に巣食う反日左翼どもは、相手の表現行為は一切認めず、
    己の自由が侵害されると、狂ったように人権侵害だと騒ぎだす。
    まさに、年少の幼稚園児と同じだ。戦争法案おおいに結構だ。主権国家が
    相手の侵略攻撃に応戦できないようであれば、国は滅ぼされてしまう。
    戦争できる国に早くならなければ、シナや北朝鮮の攻撃に迅速に対応できない。福島瑞穂ら変態売国奴は、普段は人権人権と騒いでいる割に、敵の侵略から日本国民の生命を守るという意識は毛頭ないのであろう。福島らは、中国
    の指令を忠実に行う工作員だと断定してよい。

    とんとん

    社民党の嘘に騙される子供達

    選挙権の年齢が18歳に引き下げられる法案が、現在検討されていますが、
    これは大変危険なことだということを、今朝のニュースを見て実感しました。

    ある高校で各政党の代表が演説し、それを聞いた生徒(18才)が支持できる政党に投票させる、というシュミレーションをやっていました。
    (ほとんどの政党は本物の代表は来ていませんでしたが、社民党だけは最近ヒマしてる福島瑞穂が実際の代表として演説していました。)
    で、結果はどうなったかというと支持政党のトップが社民党!!!
    多くの生徒たちが社民党に投票したのです。

    実際に投票した高校生に聞くと、「(社民党は)平和のことについて具体的にお話してくれたのが良かった」と言っていました。
    このように、社会の現実を知らずに純粋培養されている段階では、大人の嘘や騙しを見抜くことができないのです。
    選挙権年齢の引き下げは、非常にこわい側面を持っていると思いました。

    • 2015/04/22 (Wed) 09:10
    • REPLY

    yasu

    偽善がまかり通る世の中

    偽善者どもが喧しいが、与党と政権の混同は
    反日変態サヨクの常套手段だ。
    テレビアカヒと捏造反日協会(NHK)の事情聴取にしても
    安倍政権の言論弾圧と騒ぎ立てる。
    そうでもしなければ政権批判ができないという脆弱さの表れでもある。
    こういう印象操作が通用すると思っているのは
    国民(有権者)を見下しているからに他ならない。
    偽善を偽善と気付けない愚民が自分たちを支持してくれると
    妄想する反日変態サヨクの傲慢な体質の発露だ。
    偽善がまかり通る世の中こそが反日変態サヨクの理想郷なのだろう。
    こんなクズみずぽに議員バッジを与え続けてきたから
    日本人を心底なめきっているんだね。

    • 2015/04/22 (Wed) 09:38
    • REPLY

    名無し

    福島瑞穂を慰安婦問題の捏造について、いつ国会で証人喚問するんだ。
    河野洋平と一緒に早くやれ。

    • 2015/04/22 (Wed) 11:19
    • REPLY

    NP

    ゾンビ集団のつどい

    社会党がなくなり、社民党が存在感を失った筈なのにゾンビというのはいるもので、福島瑞穂のみならず、あの村山富市、鳩山由紀夫、鈴木宗男などのゾンビの仲間たちもうごめいています。

    http://www.sankei.com/politics/news/150422/plt1504220008-n1.html

    しかし、痩せても枯れても左翼。
    「戦争法案」というコンパクトな言葉には扇動要素が満載されています。
    さよくは民衆を扇動することに関しては実に言葉の力を上手く使うものだと再確認する次第です。

    そして実体はゾンビでもこの言葉が一般の日本国民の頭にインプットされるわけです。
    勿論、それを拡散するのがバトンタッチされた同類、朝日などの反日メディアの役割というものですが。
    それによって国民はまず中身よりも「どうも日本の政府は危険なことをしているようだ」。
    「戦争に近づくようなことをしているよう」だという空気感を持つでしょう。
    それが重要で、そういう空気が全体を覆えばあとはさよくの思う壺というものです。

    日本国民がさよく政党、さよくメディアに気づいたなどという意見もあるようですがとんでもない、まだまだ洗脳は充分有効です。
    日刊ゲンダイはバッタモンサヨク紙だと日本国民の多数が知る時代にでもならないとサヨクメディアのプロパガンダは無効だとはならないでしょう。

    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E5%88%8A%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%80%E3%82%A4

    あと非常に気になることは「安倍首相訪米」です。
    リスクが大き過ぎる気がします。
    米国では中・韓・反日ニューヨークタイムズなどのメディアが共同歩調を取り一大プロパガンダの準備中です。
    当然、日本の盟友朝日新聞なども今から安倍首相牽制をしています。

    問題は日本文化で興味を持つ者が増えているにも関わらず、歴史を何も知らない欧米人に間違った歴史認識が空気として何となく広がってしまうという点で、日本国政府、外務省に反撃力のない現状で非常にマイナスの面が大きいと感じるわけです。

    http://www.sankei.com/world/news/150422/wor1504220008-n1.html



    • 2015/04/22 (Wed) 12:06
    • REPLY

    (名前空欄)

    槇冴

    左翼の得意わざ
    自己弁護・攻撃用に新用語作り洗脳に利用
    ❶ヘイトスピーチ❷旭日旗等々
    今回「戦争法案」

    某国は何故ののしり・罵倒語多いのか?

    (名前空欄)

    通りすがり

    この画像はいくらなんでも心臓に悪すぎます。吐き気を催しました。

    • 2015/04/22 (Wed) 15:16
    • REPLY

    きらきら

    呼び名”中共”の拡散のお願い

    中国ではない”中共”だ!
    皆さんにお願いです。
    中共と呼ぶことを拡散してください。
    戦勝国の中華民国のなりすましです。

    中共は、戦勝国中華民国の敵です。

    「中共は、戦勝国の顔するのは止めろ!」

    福嶋みずほは、中共の回し者!

    こはる

    ならば 国防法案で

    人様の顔面を言う趣味は本来ないのですが、お若い時と違って、この人は画面であっても正視に耐えないお顔になりましたね。
    歳をとると誤魔化せないもんですね。いくらあちこち手入れしても、人柄が顔に出てしまう。 自戒しなくっちゃ。

    朝日が裏書きしてくれる人や事柄は、日本にとって宜しくないものと、ほぼ断定的に思って居ります。

    平時の国会で国防のための法審議をするに、敢えて「戦争法案」と扇動的言動をするのは、国民への挑戦だと言えると思います。
    主権国家であれば、どんな国でも国防は第一に備えて然るべきものを、不細工な巨大軍事国家にはヘーコラしながら、一国の国会議員がイヤらしく「戦争法案」と嗾して国民から国防を遠ざける魂胆。
    これを国賊と言わずして何と言えばいいのか?

    アレラが「戦争法案」と言い続けるなら、私は「国防法案」と”翻訳”して事を受け取ります。


    • 2015/04/22 (Wed) 16:12
    • REPLY

    レッドバロン

    War manual

    とくに米系の企業ではプロジェクト・オフィスのことをwor roomと呼ぶことが多いですね。

    期間限定で、一定目標を達成する実行機関の作戦司令室という意味合いで使われています。

    史上有名なのはビル・クリントンの選挙本部の存在です。それがウォー・ルームと名付けられていました。参謀長以下、参謀次長、広報宣伝部長などのジェネラルスタッフを置いた強力な選挙マシーンが奇跡の逆転勝利を生み出したことで、一躍有名になりました。


    一定期間内に選挙で票を叩き出すのも、企業が販売数を確保するのも、戦争なのですよ、血を流さないだけで。軍事オンチの瑞穂タンには判らないでしょうけれど。


    実は日米防衛ガイドラインの英語名が「ウォー・マニュアル」なんですって。もろに戦争計画ですね。瑞穂さんには内緒ですけれど、ウォー・マニュアルが防衛ガイドラインとは霞ヶ関文学の奥深さを感じます。

    というわけで 瑞穂タンは間違えています。まあ、ハナからあさっての人なので、今更どうでもいいのですが。

    • 2015/04/22 (Wed) 18:46
    • REPLY

    西

    元朝鮮人の母親によく似てきた

    福島瑞穂も土井チルドレンの一人ですから、性格も容姿も元朝鮮人の母親(土井たか子)によく似てきたようです(※注:実際には血縁関係は無い)。

    若い頃は土井も福島も割と美形でしたが、性格と政治手法が災いしたのか、同じ性質を持つ朝鮮人(李高順も趙春花も元は朝鮮人でしたね(笑))に変貌した感じです。
    似た者同士良く交わるとはこの事です。

    土井も福島も、ひたすら「憲法守れ」「平和を守れ」「人権を守れ」「差別を無くせ」「戦争反対」「(特定)アジア諸国へ謝罪と賠償を」というキーワードをひたすら連呼するだけの壊れたロボットに成り下がりましたが、人を非難する時は三倍の非難をするが、やはり(優秀な(笑))自分が非難されるとなると火病を発症する所、反日朝鮮人の性質に近いでしょう。

    そんなに故郷の朝鮮半島が大切ならば、謝罪も賠償も弁護士で、お金持ちなのだから自分がやればいいのに(笑)。

    この朝鮮女の成し遂げたい事は、慰安婦への謝罪と賠償、改憲阻止、自衛隊解体、特亜の属国化、在日特権の拡張、人権擁護法案の制定だけでしょう。

    こんな超反日議員が国会議員になっていること自体論外ですが、今では影響力がほぼゼロの社民党はゾンビ状態に近いと言えます。

    一刻も早く社民党の議員辞職、社民党を解体(ついでに民主党も解体)し、反日議員の掃討と、税金の無駄遣いを減らしてほしい所です。

    • 2015/04/22 (Wed) 20:31
    • REPLY

    素浪人

    中共という呼称について

    中共という呼称を使用すべしという意見が有りますね。『中共』を好んで使うのは保守・護国層に多い様ですが、小生は反対ですね。

    何故なら、『中共』とは『中華人民何たら国』の略称でしかなく、『中華』の意味を包含しているからです。保守・護国層の一部は『中国』呼称を避けて『支那』と呼びますが、『中華≒中国』ですから、その人が普段かの国を『中国』と呼んでいなくても、実際には『中共=中華人民何たら国』と呼ぶことでほぼ同様の意味でかの国を呼んでいることになります。

    故に、小生は『中共』呼称を拡散することに賛同しませんし、むしろ反対します。

    福島瑞穂、あの話し方をどうにかして欲しいと思っているのは私だけでは無いはず。そしてブログの文章ときたら小学生の日記か?
    どこの層に向けたらそういうのが良いと考えたのか聞いてみたいもんです。
    こんな狡くてすっとぼけた女が未だに国会議員の先生でござ~いと、好き勝手なことを公に訴えていられることが許せない!

    十二番目の名無しは日本人

    何か顔つきが酷く醜くなってきてる。
    人間ってこんなにも醜いモノになるんだ?

    • 2015/04/23 (Thu) 01:06
    • REPLY

    yasu

    支那という地域名でよろしい

    国家を詐称する支那共産党が統治する地域にすぎないので
    地域名の支那で十分かと。

    • 2015/04/23 (Thu) 10:07
    • REPLY

    (名前空欄)

    心の中身が顔の表情に反映するのでしょうね。
    反日サヨク系の人の顔は年を重ねた人ほど
    卑しさが漂っている観があります。

    しきしまの 大和心を 人問わば
    朝日ににおう 山桜花 (本居宣長)
    「日本人の心は朝日に照りかがやいている桜のようだという意味でしょう。」

    真性保守と目される方は皆さん、さわやかな表情にお見受けします。
    心情が国を思う至誠にあふれているからだと思います。

    これに対して
    シナに朝貢外交議員団を連れて行った小沢、沖縄の翁長知事
    民主用の置き石、変なお方が多すぎる。

    特に公人は顔の表情に責任を持たなければならないと思います。
    福島みずほは表情から毒素を発散させている気がします。
    レッテルはりテロ、口撃テロの常習犯といってもいいのでは。

    地方参政権法案、人権擁護法案を画策していたでしょう。
    本当に恐ろしい反日左翼集団だと思います。
    シナの手先工作員集団を駆除、除鮮しなければいけないと思います。

    • 2015/05/01 (Fri) 13:10
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。