fc2ブログ

    首相・閣僚の靖國不参拝ルール化を迫る、共産党の日本解体工作

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     共産党の志位委員長が一昨日、参議院の本会議で代表質問に立ち、安倍総理に対し、首相や閣僚による靖國参拝は行わないことをルール化せよと迫った。

    志位和夫
    志位委員長(17日の写真ではない。念のためw)

     昨日の赤旗は、その志位氏の代表質問を勇ましく伝えている。赤旗によれば、志位氏が披露した、共産党が提唱する「日本とアジア諸国との和解と友好に向けた日本の政治がとるべき五つの基本姿勢」は、下記の5点だそうだ。

    1. 「村山談話」「河野談話」の核心的内容を継承し、談話の精神にふさわしい行動をとり、談話を否定する動きに対してきっぱりと反論する。

    2. 日本軍「慰安婦」問題について、被害者への謝罪と賠償など、人間としての尊厳が回復される解決に踏み出す。

    3. 国政の場にある政治家が靖国神社を参拝することは、侵略戦争肯定の意思表示を意味するものであり、少なくとも首相や閣僚による靖国参拝は行わないことを日本の政治のルールとして確立する。

    4. 民族差別をあおるヘイトスピーチを根絶するために、立法措置を含めて、政治が断固たる立場にたつ。

    5. 「村山談話」「河野談話」で政府が表明してきた過去の誤りへの反省の立場を、学校の教科書に誠実かつ真剣に反映させる努力をつくす。

     どれもこれも、使い古した東京裁判史観の発露であり、同時に支那・朝鮮の主張のコピペであるので、改めてひとつひとつにツッコミを入れる必要もないだろう。この中で特に耳障りに聞こえるのは、3番目の「首相や閣僚による靖国参拝は行わないことをルールとして確立すべきだ」という主張である。

     既に靖國参拝問題についてはいくつもエントリーを書いて来たし、他のブロガーさんのエントリーの蓄積もあるので、敢えて真っ向勝負をする気も湧かない。しかし、この志位氏および共産党の主張の根底にあるものは、特定の宗教に対する否定であるとともに、日本破壊工作の一環であると、私は感じている。

     日本は、間違いなく神道の国である。ハンチントンやライシャワーは、日本が独自の文明を形成していると言っている。日本が独自の文明を持つということは、一衣帯水が大好きな親中派(と親韓派)の思惑とは裏腹に、支那文明とは明確に違うという主張に他ならない。その根幹のひとつは、間違いなく神道である。

     百済と比較してみると分かり易い。百済には仏教伝来以前に神道があったという。百済の貴族が日本に亡命すると、例えば近江あたりに土地を貰って、自分たちの神社を建てていたそうだ。ところが、百済に支那から仏教が渡来した際に、百済の神道は消える。更に支那から儒教がやってくると、今度は仏教が表舞台から去る。華夷秩序に組み込まれた朝鮮にとってはやむを得ない道だったのかもしれないが、仏教や儒教が伝来しても、それらを上手く日本流に変換し、神道と共存させてしまう知恵が先人にはあった。総じて言えば、日本人のアイデンティティは神道によって支えられているのである。皇室の祭祀が神道によって行われている事実を見るだけでよく、疑問の余地はない。

     共産党の「首相や閣僚の靖國不参拝をルール化せよ」という主張には、国家と神道を分離する底意を込められている。つまり、日本のアイデンティティを放棄せよという要求なのだ。日本共産党も支那共産党が、国の違いはあれ、靖國を執拗に攻めてくるのは、「神道こそが日本である」と知っているからだ。ここを突き崩せば、日本が日本でなくなると考えているからなのだ。

     2チャンネルでは、「特定の宗教団体への弾圧」、「政教分離違反」、「信教の自由を踏み躙る憲法違反」などと批判されているようだが、それは当たっているけれど、全てではないと思う。共産党は本気で国家解体を見据えている。まだ政治に疎いと思われる18歳にまで選挙権が拡大されるようでもあるので、日本共産党の正体を広く知らしめる努力を怠ってはならない。



    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    6 Comments

    yasu

    日共よ、頭に乗るな

    日共が示した「五つの基本姿勢」とやらのいかがわしさを列挙する。

    >「村山談話」「河野談話」の核心的内容を継承し
    阪神大震災で多くの被災者を見殺しにしたまゆげジジイと、支那工作員の紅の傭兵の単なるステイトメントなんか無視すべき。
    「核心的」は支那共産党の「核心的」利益みたいで実にキモイ。

    >人間としての尊厳が回復される
    あれ、人間性を否定するのが共産主義じゃないの?
    能力や性別の差を認めず、思想信条や信仰の自由も否定するのに、何が「人間としての尊厳」かね?

    >侵略戦争肯定の意思表示を意味する

    当時のアジアで独立していたのは大日本帝国と滿洲帝国、タイ王国だけだが、日本はどの国を侵略したの? 支那は自称政権と軍閥が乱立していて、独立していたとは言えない。戦っていた相手は白人の国だが、植民地を解放するためで侵略していない。

    その2へ続く

    • 2015/02/19 (Thu) 10:43
    • REPLY

    yasu

    日共よ、頭に乗るな(その2)

    >民族差別をあおるヘイトスピーチを根絶するために
    在日米軍の米兵や基地関係者に罵詈雑言を浴びせる
    職業差別をあおるヘイトスピーチも根絶させよう。

    >政府が表明してきた過去の誤りへの反省の立場を、学校の教科書に誠実かつ真剣に反映させる
    共産主義者が大好きな思想統制をしたいとは、呆れるばかり。

    占領憲法採決時に反対票を投じ、皇室を否定しながら「護憲」のふりをする嘘つき集団。それがオマエら日共の正体だ。

    • 2015/02/19 (Thu) 10:49
    • REPLY

    レッドバロン

    ♪立て飢えたる者よ

    今ぞ日は近し ♪

    国際共産主義運動の聖歌「インターナショナル」はけだし名曲であります。ナチスの党歌「ホルスト・ヴェッセル・リート」と並んで。(笑)

    いや、冗談抜きに、ある時代の政治的な理想と情熱をこれほど見事に音楽化した例は他にないと思うほどです。

    戦前にこの歌詞を日本語に訳した時に、元歌のフランス語或いはロシア語訳とは顕著に違うところが一カ所ありました。

    それは「神も皇帝もいらない」という文言を外したのですね。我が国体に真っ向から反するということで。戦前の日本共産党員には教養というか、少なくとも常識がありました。

    もっともその後、モスクワに党の幹部が呼び出され、天皇制はツァーリズムと一緒だというコミンテルンの現状を無視したご宣託を賜って、こわごわと「天皇制打倒」を叫び、瞬時に壊滅させられましたが。

    政教分離といっても厳密にそれをやっているのは革命の国フランスと、せいぜい宗教の自由を求めて新大陸に渡ったピューリタンの建国神話が残るアメリカまでです。

    ドイツなど公教育で「宗教」の時間があります。(もちろんキリスト教だけ。)それどころか州政府が教会税を徴収していますよ。授業を受けない自由、教会税を払わない自由はありますが。

    あ、ドイツでは西独時代以来、一貫してナチスと共産党の活動は禁止です。
    こういうことこそ積極的にドイツを見習いましょうう。

    • 2015/02/19 (Thu) 14:38
    • REPLY

    ジージ

    No title

    真剣に共産党を消滅出来る方法を
    皆さん頭をフル回転!!

    • 2015/02/19 (Thu) 15:36
    • REPLY

    西

    共産党の不気味な笑み

    共産党というものは、表と裏の顔の使い分けが上手いと思っている。言うなれば、天使の仮面をかぶった悪魔と言ったところだろうか。

    共産党員の多くが【サイコパス】のようにしか見えないところが不気味に感じる(サイコパスが何か分からない方はhttp://www.psy-nd.info/を参照のこと)。

    実際、日本の政党の中で実態がよく分からない政党が共産党ではないだろうか。政党助成金等は受け取っていないようだが、【しんぶん赤旗】という機関紙の収入から政治活動費を得ている。法の建前上、別の団体である為、法の抜け道を使っているという狡猾さがある。

    また、何らかの政治団体から資金は得ていないというものの、支持団体は「中核派」「全教祖」「日放労」等の組織から支持は得ている。

    隠れ共産党員も政界、財界、公務員界、学界・教育界、メディア界、労働組合、等に多く紛れ込んでおり、しかもかなりの権力を持っていることも分かっている。

    このように社会に溶け込みながらも常に【(革命的)共産主義社会の樹立】を虎視眈々と機会があれば狙っているのが共産党であろう。

    共産党の正体を知る者は、共産党を非常に警戒しているだろうが、やはりノンポリB層には「私たち市民にやさしい人達」のように映るだろう。

    共産党員の多くは唯物(ゆいぶつ)史観を持っているため、そもそも「宗教」や「偶像」等を信仰する行為は人民の知性を減衰させるものと位置付けており、共産社会にはふさわしくないものだと考えている。

    靖国神社を単なる「戦争犯罪者」を祀るものというよりも、天皇陛下を天照大神の子孫と位置付けている「日本神話」を否定し、天皇陛下を「生きた偶像」として捉え、いわゆる「天皇制」を「宗教」として信仰し、維持し続ける国民を「知性の減衰した愚かな人民」と考えているのだと思われる。

    それに加え、やはり「国体」の破壊も元にあるのだろう。今の日本国家を作り出しているのは「天皇」にあるというのは共産党も同じ認識であろうが、(革命的)共産主義社会の樹立には今の日本国家を解体しなければならない。したがって、「国体」である「天皇制」を廃止すれば、日本国家は無くなると考えているのだと思う。

    民族差別という所も少し可笑しい。共産党員は「日本民族」を徹底的に差別してきた。「共産主義社会の樹立という絶対的な理想を理解できない愚かな人民」として。

    実際に「絶対的な理想」を理解できない市民(この場合、共産党のカリスマ的指導者に従わない人を指す)は次々に粛清、惨殺されていった。

    そもそも共産党が共産主義社会にふさわしくない「愚かな人民」による選挙を好むはずがない為、基本的に民主主義制度は政治を自分達の都合の良い方向に向かわせるための道具に過ぎないと考えているはずだ。その後は選挙制度を廃止するかもしれない。

    共産党は「甘い言葉」という餌で一般国民を釣るが、その根底には常に「共産主義社会の樹立」があることは忘れてはならないだろう。

    • 2015/02/19 (Thu) 23:58
    • REPLY

    こはる

    悪智恵五項目

    日本共産党が述べる五項目は取り敢ず、日本人が完全に踏み潰すべき項目の纏めと理解致しました。

    「インター」より<暴虐の雲光を覆い~>の「ワルシャワ労働歌」の曲相が私的に好きですが、歌詞の非我を逆に受け取れば、実に今の日本に当てはまりそう。<怯まず進め我らが友よ敵の鉄鎖を打ち砕け>です。

    • 2015/02/20 (Fri) 00:29
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。