fc2ブログ

    極端な民族主義が招く南朝鮮の自滅

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     Record Chinaに面白い記事が掲載されており、読んで思わず笑ってしまった。「韓国に対する欧米人の“共通認識”=彼らが唯一、韓国を称賛したのは…―中国ネット」という記事で、支那人の友人で、南鮮で仕事をした経験のある複数の米国人、カナダ人が、南鮮に対する共通認識を語ったものだ。笑える記事なので、興味がある方はリンクを参照いただきたいのだが、北米出身の彼等の共通認識として、いの一番にあがるのが、「極端な民族主義」というものだ。

    1.極端な民族主義
    友人たちの描写によると、韓国人は全力で韓国の栄誉と利益を守ろうとする。自分たちに非があろうがなかろうが関係ない。韓国人にとっては、永遠に韓国人が正しいのだ。欧米人に対して敵意を示す一方で、英語学習の重要性を認識し、国家の発展には英語が不可欠だと考えている。スポーツの国際大会で敗れたときの韓国テレビ局の中継の解説を聞いても、民族主義がどれだけひどいかがわかる。


     日本が悩まされているのは、まさに彼等が持つこの「極端な民族主義」である。これを慰安婦問題に置き換えると良くわかる。

     つまり、彼等南鮮族は、「率先した慰安婦を徴用し、売春婦にした」という非があっても、永遠にその非を認めようとせず、永遠に日本が悪いと糾弾し続けるのだ。この共通認識を示したカナダ人、米国人の分析にひとつ足りないのが、「彼等は、民族の自尊心のためなら平気でうそをつく」ということだ。彼等は慰安婦問題では嘘をつき続けている。それに、それを語る前に、数々のウリジナルを見れば、説明する必要もないだろう。

     先日、中央日報に、こちらも笑える記事が載った。南鮮の会社が次期韓国大統領候補の世論調査を実施したところ、あの“国連のパンくん”こと潘基文が、大差をつけて1位になったという。獲得値は39.7ポイントと、2位の13.5を確かに圧倒している。この現象を称し、中央日報は、「有権者は潘総長に対して国際的なリーダーシップ、問題解決のための努力、合理的な世界観と言動に注目していると見られる」というのだから、笑いを通り越して溜息に変わる。

    潘基文
    潘基文

     シリア情勢に対して無能さを示し、事態の主役がISISに代わっても大差なし。エボラ対応でも何ら存在感を示していない。そして、この期に及んでは、産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が在宅起訴されている問題で、南鮮出身の潘基文が沈黙を保っていると米国メディアが指摘していると、産経が報じている。南鮮のネットユーザーは、「潘総長が無能なことはみんなが知っている」とか、「セウォル号と一緒に韓国の品格まで沈んでいく」などと悲観的な意見も聞かれるようだが、次期大統領候補に関する世論調査で40%近くのポイントを与えたのは、他ならぬ南鮮族自身だ。

     加藤前支局長の在宅起訴は、報道の自由云々を語る前に、明らかな言論弾圧である。自分たちは絶対に正しいと考える民族の偏狭さが形になって出たのだ。南鮮に批判的なテキサス親父のYoutube韓国語チャンネルは、南鮮では「有害指定動画」として遮断されているらしい。多様な価値観という民主主義の大前提は、南鮮の「極端な民族主義」の前に無きものとされるのだ。

     南鮮は自滅し始めている。これは、極端な民族主義ゆえの自滅である。国思う日本人は、「そっと」ではなく、「力強く」その自滅の背中を押してやればよい。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    6 Comments

    tetsu

    潘事務総長の肩書利用サイドビジネス

    国連の潘事務総長は香港の飲茶レストラン「満庭芳海鮮酒店」を「国連推奨店表彰」している。
    地球を模したガラス製の大きなトロフィーを潘事務総長がオーナーに手渡す写真が、この店の広告のシンボルになっている。

    • 2014/10/25 (Sat) 08:56
    • REPLY

    さてさて

    非韓3原則+誅韓国

    ベストセラーになった「誅韓論」のamazonレビューにあった書評。我々日本人一人一人が絶対に韓国を許さないという決意が必要ですね。

    ______________________
    本の内容等は他の方々が記されているので省きますが、
    著者はこの本を通して、今の日本人に決意を促している、
    日本にとって有害無益な韓国に対し毅然とした態度と行動をするようにと。

    この本を読んで日本人の一人として断固たる決断をしようと思いました。

    今後韓国は苦難な状況に陥るだろう、そして必ず日本に助けを求め擦り寄ってくる。
    韓国・韓国人が深々と謝罪しても、たとえ泣き叫び頭を地面に打ちつけながら
    援助を嘆願しても決して応じてはならない。
     氷のように冷たく冷静に無視し突き放す態度を(それこそ一千年間)堅持すること。
    ここで我々が判断を誤れば子や孫たちが残虐な仕打ちを受け日本国が消滅する可能性が高い。
    日本人にとって美徳の「慈悲の心」が今回は仇となり日本民族を滅ぼしかねないのだ。

    これを読んで下さっている皆さん、決して韓国を許し手を差し伸べてはいけません。
    それは自らの為でなく、我が子・孫そして子孫たちが幸せに暮らせるようにする為。
    断固たる決意を持つときです。
    ______________________

    • 2014/10/25 (Sat) 10:33
    • REPLY

    里美

    韓国人や帰化未帰化在日韓国人が自分たちの「偏狭なナショナリズム」を日本人へ韓国式捏造真逆すり替えしているだけですね。

    帰化未帰化在日韓国人が日本人に対し「偏狭なナショナリズム」と罵しりますが、

    このことについて、

    韓国人や帰化未帰化在日韓国人が自分たちの「偏狭なナショナリズム」を日本人へ韓国式捏造真逆すり替えしているだけですね。

    いつもの通り、
    韓国人や帰化未帰化在日韓国人が日本人を罵るネタ元は、韓国人の出鱈目な本質や韓国の出鱈目な本質であり、韓国人や帰化未帰化在日韓国人は、それらを日本人や日本国へ韓国式捏造真逆すり替えして日本人を罵っているだけですね。

    素浪人

    未来永劫の無関係を目指して我が大和民族は邁進すべき

    最近では、小生は土人国のことを考えるのもオックウになって来ています。

    従ってこいつらと如何に縁を切るか、ということばかりを考えていて、外交的には核武装・半島土人兄弟への軍事作戦、国内的には在特会ばりに特別永住者制度の廃止とそれに伴う在日強制送還・国籍取得の厳格化など、飽く迄最低限レベルの国策ばかりです。

    あと問題になるのが国内で既に帰化或いは日本人に成り済まし我が国のガン細胞になってしまっている連中についてですが、後者に関しては小沢一郎に象徴される様な背乗りなど現行法で対応(捜査など)可能な気もしますが、不勉強ゆえ如何なる法律で取り締まり可能とか、時効の問題なども分かりません。今後の研究課題としたいと思っています。

    こはる

    全力後押し

    そうですね、日本国民は彼等の背中を、
    笑顔で!精一杯!全力で!
    セーノと後押しして差し上げましょう。お隣のヨシミですもの。
    猪って、前にしか進めないんですってね。あ、関係ない文ですみません。秋ですから猪も何かと大変だろうな、なんて思っただけ。

    中央日報が頼みとする次期南鮮大統領は誰か、というのが判明した感じです。


    勝手に他ブログを紹介させて戴きます。
    伊豆は下田市の議員「高橋とよみ」様の所に掲載されている
      <アメリカよ、日本を打つならまず自らの手を清めよ>という小論文を、
    是非多くの方々にも読んで戴きたく思いました。
    アバ論文に応募して、残念ながら選外だったそうですが、これが選外なら当選論文がどれほどの高品質か、と思える内容です。
    皆様ご存知の事が多い「事実」と思うのですが、その心の表明の仕方に私は感銘を受けました。

    • 2014/10/25 (Sat) 19:39
    • REPLY

    Alinamin2011

    あれ民族主義ではなく

    彼らの主義は民族主義が極端とか偏向ではなく、単なる利己主義ではないでしょうか。
    彼らにとって母国が必要な理由はただ一つ。自分自身がバカにされないため。ただそれだけ。
    自国の文化を守りたいとか自分の子孫に自国の文化価値観に誇りを感じて豊かな人間性を育んで欲しいとか、そういう意識はない。
    母国があるかどうか、その母国が他人の物差しで測った時、劣っていたら自分がバカにされるから。
    そうならないためには、ゴマをすろうが土下座をしようが嘘をつこうが泥棒を働こうが、バレなきゃ何だっていい。
    守るべき精神文化なんて、最初から無いのだから。
    とにかく「あんたの国が一番」と言ってもらえれば、その国民である自分がバカにされることはないから、安心する。
    逆に「あんたの国はダメだね」と言われると逆上する。または隠蔽、抹殺する。または、自分は違うと言い張る。あるいは、同国人としてお詫びするなんて言って自分の度量を見せつつ自分は違うという立場を確保する。国はどうだって構わないから。
    単に自分がバカにされ無いことだけが目的。
    彼らの行動を見ると、そうとしか考えられない。
    ただ、
    そんな連中とつきあうのは、百害あって一利なしは大賛成。というより、自明。
    結論は同じですな。

    • 2014/10/25 (Sat) 21:16
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。