fc2ブログ

    心踊らぬ民主党人事と野党再編

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     安倍首相が21日、還暦を迎えたそうである。日本の首相といえば、還暦を遥かに越した人ばかりだったという印象が強いが、安倍首相の場合は還暦にして二度目の首相である。そういえば、閣僚になる政治家にも、自分より若い人が多くなってきた。政治家に年齢なんて、基本的には関係ないと思っているのだが、若い政治家がチャンスを与えられることは、悪いことではない。特に、かつて自らを「安倍チルドレン」と称した稲田朋美氏は、閣僚から自民党政調会長という重用をステップにして、大成して欲しい。

     そんななか、民主党も新執行部を発足させた。なんとも心踊らない人事である。海江田代表は、「党再生の人事」と胸を張ったが、代表代行にフランケン岡田と高木義明、幹事長に枝野幸男、政調会長に陳哲郎、国体委員長は川端達夫と、いずれも“どこかで見た顔”であり、“失敗した人たち”だ。よほど人材がいないのだろう。ルーピーやバ菅がいないだけで、新鮮味を感じさせる要素が何もない。

     しかし、民主党には、もっと脱力するような人事があった。党の憲法調査会長に、江田五月が選ばれたという件だ。江田といえば、民主党内においては護憲の権化のような存在である。民主党議員の政治理念や信条を推し量る時、よく取り沙汰されるのは、国旗・国歌法への反対者、辛光洙の釈放嘆願署名者などがあるが、江田はその両方に名を連ねる。慰安婦に関する非難決議を通したマイク・ホンダにわざわざ御礼に行ったことでも知られている。その上、憲法改正に反対する超党派議連「立憲フォーラム」の顧問である。これでは、「民主党は護憲政党です!」と宣言しているようなものだ。

     心踊らない政局ニュースとしては、維新の党結党も大差ない。政党合併には駆け引きが付きものだが、この政党合併は事実上、維新による結いの吸収である。党勢、議員数、党首の存在感などを考慮すると、明らかに維新の会主導の感があった。もともと江田憲司は、結いの党を「触媒政党」と称していたのである。触媒とは、自分自身では変化せず、他の要素の刺激によって変化を起こすという“他力本願”を指すのであって、この“触媒”を自認した時点で、力の無さを披歴したようなもの。

     一方、みんなの党に目を転じてみれば、新旧代表の内輪もめ(主に旧から新へ向けての批判)である。有権者から遠く離れた場所で、極めてローカルな覇権争いを繰り広げている。禊が済んだと勘違いしている旧代表は、公党を私物だと思っているらしい。それこそ、「ボクが金を出したんだもん」と、民主党を私物化しようとした、鳩山由紀夫の顔を連想させる。

     安倍政権は、目下、敵なしといったところだ。政党間の緊張感は必要だ。白熱した国会議論を聞きたいし、その議論から、国家運営の舵をどちらに切ることになるか、国民も注目している。だが、いかんせん野党の力が不足している。野党再編の決定的な起爆剤となるのは、民主党の分裂・解党しかないが、当の民主党が「もう一度政権を」などと夢を見ているようでは、いつまでたっても自民一強体制を崩すことはできないだろう。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    8 Comments

    かけだしの愛国者

    いつもありがとうございます
    丁寧な日本語と、フランケン岡田、笑いを頂きました。民主党に騙された私には、とても清々する書きっぷりです。報道ステーションに洗脳され、政権交代に加担、野田政権まで支持していた私には、陳哲郎など、許しがたい存在です。こういった方々が、議員バッチを着けることができなくなる日まで、戦後70年の巻き戻しがやっと始まったと信じたいです。

    • 2014/09/22 (Mon) 13:18
    • REPLY

    NP

    問題は国家観の無い烏合の衆がまとまろうという企画でしょう

    時々聞くこの野党結集であるとか、二大政党制だとか、自民党に対峙するとかという政治勢力は結局何を目指して、また何を正統性として与党と対決したいのか?
    まったく分りません。

    正しいものが与党一党だけであるのならば、他の正しくない多数の野党に存在に何の意味があるのでしょうか?
    それこそ反対の為の反対の野党というものです。

    本来、しっかりした国家観、理念を持って国民に選択肢を持たせる野党であるならば二大政党制にしても存在意義はあるでしょうが、今の日本には国家観、目標、実績など全てに於いて与党自民党に遠く及びません。

    もちろん自民党の政策などが全て正しいとは言えませんが、それだけに是々非々と言う言葉は野党として逃げではありません。
    ですが、国家観も無い野党が反対の為の反対をいまだにしている政界。
    そんな野党に騙されて国民が道を誤まらないように願います。

    今、野党による再編が模索されているようですが、例えば橋下徹、「改革勢力を結集」とかを唱えているようですが、その「改革」という言葉自体がリベラルをイメージさせます。
    綱領では「自治・分権」「自立」「民権」を基本理念とするとか。
    国家観が見えません。
    この言葉自体が悪いのではないのですが、今の日本でこれを追求すると国家分裂の方向性へ進もうということにも絡みますし、まるで将来のスコットランドを目指しているような感じです。

    現在、およそ国民の40%の支持のある自民党、安倍政権。
    6%ほどの支持の民主党。
    公明党の3%少々の支持率。
    そこに維新の党でどうでしょう、4%ぐらいですか。

    そう考えると次世代の党の支持率の低さが分ります。
    それを保守派現実的に認識すべきなんでしょうね。

    ということは今までろくでもないことばかりの民主党の支持率を更に下げる必要性があること。
    維新の党の支持率を更に下げること。
    そしてなにより無党派層の保守への取り込みが必要ということが見えてくるように思えます。
    でも、こうやってみると民主党、維新の党、口だけはたちそうな人材が揃ったともみえます。


    • 2014/09/22 (Mon) 13:24
    • REPLY

    場を拝借します

    【この恥ずかしい日本人たち】


    ▼Jaさが(佐賀農協)野球部が英霊と遺族、日の丸を侮蔑。

    ▼日の丸を掲げ「同期の桜」を流し、男たちの全裸ストリップを結婚披露宴で、騒ぐ。

    https://www.youtube.com/watch?v=cjL_9GAXiGg&list=UUH2oeHJhvsok05l5FdjTeIQ

    ▼抗議先は、組合のHP,問い合わせから。

    http://jasaga.or.jp/

    ■日本国民は、韓国の道徳教育を見習うべきである!!と説く日本人。

    ■宮川典子議員(自民党・山梨)の韓国の「道徳」と「市民倫理」激賞論文  
    http://www.mskj.or.jp/report/3127.html 

    ■抗議先 http://ameblo.jp/mygwnrk/
    ↑こちらのコメ欄へ

    ■宮川典子 公式HP http://www.miyagawanoriko.net/

    ■顔本 https://www.facebook.com/noriko.miyagawa.50

    ■ツイッター https://twitter.com/norikomiya

    ■総理の前で 正日(キム・ジョンイル)ジャンバーを着て。赤い顔の泥酔醜態が宮川典子。
    http://blog.goo.ne.jp/8074ken/e/ea55a0010cad35790c99eeed6e585425

    名無し

    No title

    政治屋の知性は有権者の知性に比例します。有権者が愚劣なゴキブリだったら選挙で選ばれる政治屋も同レベルの愚劣なゴキブリです。


    国民のすべてが有権者になる現在の民主主義において、最大の弊害が「大多数の愛国心を持たないゴキブリの金切声が民意になってしまう」ことです。どんな屑な政治屋もソイツを支持するゴキブリがいるからこそ政治屋になることができた、このおぞましい事実を把握しないと、いくら窮状を訴えても事態は改善されないでしょう。

    • 2014/09/22 (Mon) 15:57
    • REPLY

    n

    No title

     私も、今日の前半の書きぶりには笑ってしまいました。いまBSフジのプライムニュースを見ていますが、反町司会者にやり込められて、いいわけがましいことを言っているのが素人の私にもみえみえです。先日数年前の書籍ですが、桜井よしこさんと次世代の党の平沼さんの対談を読み、いかに民主党が危険でいい加減な党であったかを知ってぞっとしていました。民主党の中にも、優秀でまともな人物もおられるのですが・・・。


    英美

    維新の会に三木圭恵先生、片山虎之助先生が残ったということについて、・・・。

    維新の会に三木圭恵先生、片山虎之助先生が残ったということについて、御両名は、維新の会を分裂させ野党再編させ保守第3党を作るための「次世代の党が維新の会へ送り込んだトロイの木馬2頭」なのでしょうか?

    ウエスタンラリアート

    ミンス【人でなしの暗黒・売国政党】

    こ奴等は、国家に仇なす決して許せない連中です。
    マスコミは、以前のようにこ奴等が政権政党に戻るのを
    期待している報道のやり方をしてます(TBSで痛感しました)。
    まっぴらごめんです。日本人としての倫理、道徳、誠実さの微塵もない敵性国家の傀儡政党。
    お前らウジ虫が国家・国民に貢献できることはただ一つ
    財産と国籍を返上して天罰を喰らうことだ。ゴミはゴミ箱へ、糞尿は肥えだめへ。

    Alinamin2011

    解党的出直しをちゃんとやれ

    民主党がなすべきことは、政権党として日本を牽引するために何が欠けていたかを的確に分析し、それを支持者に赤裸々に報告することだと思います。
    最低限それがないと有権者は相手にしない。また、それが的確でないと有権者は話を聞かない。
    私が思うに、決定的に欠けていたものが2つある。
    (1)国家の存在意義の正当な理解
    (2)責任感
    政党に最低限必要なそれら2つがないまま政権奪取を志した過ちを国民に詫びるべき。
    それら2つがないままの政党に票を投じることは国を破壊し、自らの生活をも破壊することと同等であり、二度とそのようなことをすべきではないと自らの身を焼き、支持者に訴えるべき。
    ここから、自らの党がどうあるべきかを考えなおすことを始めるべし。
    これぞまさしく「解党的出直し」。
    そのような行動を伴わず、口先だけで「解党的出直し」とほざくうちは少なくとも(2)の要件が満たされておらぬ証拠。
    政党としての存在意義など、ない。

    • 2014/09/23 (Tue) 07:48
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。