fc2ブログ

    28年の時を経て日の目を見る、スパイ防止法

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     中曽根政権時代に国会に提出されたスパイ防止法案。1985年に議員立法として出された法案だが、野党とメディアの猛反発にあい、日の目を見ることなく廃案となった。そのスパイ防止法案から28年後のいま、特定秘密保護法案と名前を変えたスパイ防止法が成立目前のところまで来ている。

     法案を通すには、両院での多数派形成が必要なのは当然だが、このような刺激的な法案を扱うには、その矢面に立つ政権に安定性や、支持率の一定の高さ、いわゆる“自力”が求められる。1985年当時の情勢を考えても、この法案に対し、マスメディアがこぞって猛烈なネガティブキャンペーンを張ることは予想できたはずで、支持率低下の要因を抱えることになる。よしんば法案が葬り去られれば、求心力の低下から内閣の存続まで危ぶまれる事態すら想定される。昨年の総裁選で、石破、伸晃などが勝っていたとしたら、ここまでの展開は望めなかったのではないかとすら思う。

     憲法の条文のどこを探しても出てこない「知る権利」を御旗に、朝日新聞が好きそうなサヨク陣営は連帯を強めている。田原総一郎、鳥越俊太郎などジャーナリスト連中が反旗をあげ、3日には映画人らが「特定秘密保護法案に反対する映画人の会」を発足させた。鳥越など、この法案が「戦争をできるようにするための法律」と叫んでいるようだが、一体どのようなメカニズムで法律が戦争が起こすのか、詳しく教えていただきたいものだ。秘密を保護している国は、例外なく今も戦争をしているのか?この問いに、鳥越はどうこたえるのだろうか。

    秘密保護法は「戦争をできるようにするための法律」

     朝日新聞が嬉々として報ずる映画人の会の主張を読んでも、眩暈がしそうなほど幼稚な言説が並び、論評にも値しない。映画人は政治素人だろうから、「頭大丈夫?」とでもあしらっていれば良いが、これが政治評論家ともなると、頭が大丈夫かどうかの問題でもなくなる。そう言う政治評論家が現に存在するのだ。

    「ジャーナリスト同盟」通信 / 本澤二郎の「日本の風景」(1477)

     安倍・極右政権は、会期末に向けて特定秘密保護法案を強行採決する構えだ。誰が何と言おうが、これは戦前の治安維持法と変わらない。(バカバカしいので中略)
    <16%の独裁に屈するな>
     議会に圧倒的多数を占める自民党も、不公平な選挙制度の恩恵を受けたもので、多数の支持など受けていない。公明党・創価学会の支援を受けながら、それでも有権者の16%の得票である。84%は自民党に投票などしていない。
     「ムサシ」という選挙屋による不正選挙疑惑も起きている。昨夜、電話をしてきた元通信社記者でさえも、まだこの「ムサシ」という悪の選挙屋のことを知らなかった。
     平和憲法を押しつぶすための策略・陰謀が推進されている。わずか16%と公明党によって強行されている。支持者の創価学会員の多くは何も気付いていない。子羊のように信濃町の指令に従っているだけだ。
     16%の独裁に主権者は屈してならない。


     この本澤二郎は、元東京タイムズの政治部長。一貫して特アをマンセーし、第一次安倍政権でも支那や南鮮の視点から、為政を批判していた。政治ジャーナリストにして、「84%は自民党に投票していない」と喚き散らしている。このエセ評論家が、民主党政権時にどういう論評をしていたのかは不明だが、「それを言うなら選挙制度を批判しろ」と返したくなるほどの、痛々しい主張である。

     「戦争をできるようにするための法律」などという主張は、「九条を変えたら戦争が起きる」、「自衛隊を軍にしたら人を殺す」というのと同レベルの、荒唐無稽な主張である。こういうジャーナリズムほど、国民がバカにしている。

     自民党は強行採決を厭わず、この法案を通すべきだ。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    9 Comments

    No title

    有田芳生 ‏@aritayoshifu 11時間

    参議院議員会館前で抗議している人たちにマイクで訴えてきました。歩道の近くでは「革マル派」が、その後ろでは民主青年同盟が横断幕を持っています。決戦の本会議は9時20分から開かれるようです。

    pic.twitter.com/rOnfnvGz36


    石破幹事長が正しかった!!
    特定秘密保護法案に反対しているデモは、テロリストが含まれている!

    • 2013/12/06 (Fri) 08:19
    • REPLY

    ww

    No title

    ご協力をお願いします!!

    「人気ブログランキング」の政治カテゴリに2ちゃんねるまとめブログが侵攻しています。

    私たちは政治の記事を読みに訪問しているんです。
    「人気ブログランキング」には「2chまとめ」のカテゴリがあるのですから、「人気ブログランキング」の運営会社に変更するよう申し立てましょう。

    登録カテゴリにふさわしくないブログ

    サイト名称
    中国・韓国・在日崩壊ニュース
    URL
    http://www.news-us.jp/
    サイト名称
    厳選!韓国情報
    URL
    http://blog.goo.ne.jp/pandiani

    不正サイト通告フォーム
    http://blog.with2.net/husei.php

    • 2013/12/06 (Fri) 09:28
    • REPLY

    No title

    ごきぶりホイホイのように、外国の反日工作員等がどんどん炙りだされています。

    しっかり修正して、特定秘密保護法案を成立させるべき。
    将来は、スパイ防止法ですね。

    • 2013/12/06 (Fri) 13:28
    • REPLY

    こはる

    No title

    革マルと民青 ギョエーーーーーー
    それも区分け成立ですか。 

    結果的ではありますが石破氏を国会で責めていた党はこれをどう言うのでしょう。

    • 2013/12/06 (Fri) 19:32
    • REPLY

    素浪人

    黄痴害共はさっさと往生せい

    特定秘密保護法とは全く関係無いですが…

    敵が攻めて来てるのに防衛戦争も出来ない国、の方がナンボも不可救だと思いますがね、筑紫センセー。

    α

    周りは「戦争できる国」ばかり。

    >鳥越など、この法案が「戦争をできるようにするための法律」と叫んでいるようだが、

     日本の周りは「戦争できる国」ばかりです。
     鳥越をはじめ日本のマスゴミはその事に対して「報道しない自由」を発動しています。

     自分達で、都合の悪い情報は国民に隠して「情報独裁」を敷いているのはマスゴミです。

    • 2013/12/06 (Fri) 23:57
    • REPLY

    こはる

    No title

    可決しましたね。
    少しずつ世間並みの国家に近づいて来て、大変結構な塩梅です。

    唯のアサヒで共通するだけの話題ですが
    男子FSフィギュア羽生選手の「ロミオとジュリエット」を説明するに、なんと!身分違いの悲恋 だそうで。
    如何にも世界の嗤い者を目指すアサヒでした。韓ドラじゃああるまいに。

    • 2013/12/07 (Sat) 00:45
    • REPLY

    (名前空欄)

    No title

    リーク防止法 ~ 「民主主義国家の敵」民主党
    2011/08/09 Tue 12:30
    http://yukokulog.blog129.fc2.com/blog-entry-1428.html
    ↑この記事覚えてますか?

    特定秘密保護法案は民主党時代に検討されていた秘密保全法制の名前を変えたものですが、秘密保全法の時は産経新聞はリーク防止法制と報じ、ブログ主さんもその報道に呼応し悪法だと書いておられました。
    特定秘密保護法案もリーク防止法制となりかねないのでは?

    • 2013/12/07 (Sat) 03:54
    • REPLY

    ST

    No title

    αさんの仰る通り。
    日本が戦争出来るようになると困るのは誰か?ってことですね。
    侵略戦争するというのなら私も反対しますけど、防衛戦争もいけない、というのは余程のお花畑か向こうの手下だけでしょうに。
    だいぶ前にどなたかが仰っていた言葉で印象に残っているものがあります。
    『日本が戦争を放棄しても戦争は日本を放棄しない』

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。