fc2ブログ

    「韓国に謝れ」と説く者たちに問う ~ 謝罪の向こうに何があるのか?

    ← 応援クリック、ありがとうございます。

     本音を言わせていただければ、ブログで南朝鮮のことなど書きたくもない。それが偽らざる心境だ。ただ同時に、この国や民族に対しては、言わずにはおられない、というのもまた偽らざる心境。ひとつの真理として、「何かを言われた時、言い返さなければ認めたことになる」ということが嫌で、また南朝鮮のことに触れなければならない。

     南朝鮮は、同国出身の評論家、呉善花氏の入国を拒否した。呉氏は今は日本国籍の方であるから、日本人が入国拒否をされたということだ。朝鮮日報は、「韓国の利益や公共の安全を害する行動を取る恐れのある外国人に対し、入国を禁止できる」という出入国管理法第11条を引き合いに出した。どこかで聴いたことがあると思ったら、これは野党時代の自民党新藤義孝、稲田朋美、佐藤正久の3議員が、入国を拒否された時に引き合いに出された条文と同じだ。

    呉善花氏
    呉善花氏

     支那包囲網を敷く安倍首相は、南朝鮮を“自由と民主主義など日本と同じ価値観を持っている”と持ち上げるが、このような無作法を見れば、この“価値観の共有”という位置づけが全くの空論であることが明白になる。言論の自由など、彼の国にはない。思想信条の自由もない。民主主義もなければ、法による支配もない。異論が出された時、正々堂々とそれに言論で立ち向かうという潔さなど、欠片もない。呉善花氏の入国拒否など、文明国であることを自ら否定するような行いだ。やっていることは北朝鮮と大差ないのである。

     それに比べれば、日本は平和そのものである。鳩山由紀夫が自由に出入国できるのだから。日本では自国を批判することなど当たり前に行われ、時にはそれが歓迎されたりもする。そういう言動が軽蔑の対象になるかどうかは別としても、言論や思想信条の自由は補償付きである。南朝鮮を見習おうなどとは微塵も思わないが、こういう輩が跋扈する日本という国は、諸外国から特殊な国として見られてもおかしくない。

     先日書いた宮崎駿のように、日本には「日本は先ず支那や朝鮮に謝罪すべきだ」という人たちが多い。私はこういう人たちを、本当に無責任だと思う。考えは色々あっていい。日本が悪い国だったと考えるなら、「どうぞご自由に」と言うしかない。では、何故こういう意見が無責任なのか。

     それは、こういう謝罪を求める人たちには、謝罪の後に何があるのかという発想がないのだ。これも繰り返しになるが、謝罪したからといって、朝鮮や支那が「じゃあ仲良くしましょ」などと歩み寄ることはあり得ないのである。理由は、少なくともふたつある。

     ひとつは、彼等が日本を悪者にすることによって、自国政府への批判をかわしているという事実だ。民衆の不満を“日本悪かりし”という方向に逸らすことによって、彼等の政府は生き永らえている。従って、日本への批判、非難を収めることなどあり得ないのだ。

     ふたつめは、教育の問題だ。彼ら政府は、反日教育を是としている。先の大戦後、GHQが定めた「誇れぬ国、日本」という暗黙のスローガンをもとに、国家に対する不信、嫌悪を抱く子供たちが量産された日本。支那や朝鮮では、同じ仕組みによって、日本を憎悪する子供たちが日々量産されている。仮に彼等が今を以て反日教育を止めたとしても、対日感情が好転するのは数十年先だろう。また、彼ら政府は、こういう反日感情を持った国民を量産することによって、例え(あり得ないが)対日関係を好転させたいとしても、それが出来ないように拘束されているのである。自業自得だ。

     こういう現実を見れば、おいそれと“謝れ”などと言えるほうがおかしい。謝罪によって、我が国と朝鮮、支那との関係が好転することなどあり得ない。何が無責任かといえば、そういう難しい国家間関係のなかで、謝罪というものがもたらすもの、及び謝罪の後の国家間関係における、現実的かつ好ましい成果のことなどに、考えが及んでいないことである。

     少なくとも謝罪要求というものが、事実に基づかない“物語”をベースにしていることで、その根拠を失っている。根拠なしの謝罪要求など、思想でもなんでもない。ただの反日行為だ。私はこういう思想や無責任さに、吐き気以外の何も覚えない。


    最後までお読みいただき、ありがとうございます。
    当ブログはブログランキングに参加しています。ご面倒ですが、是非ともバナークリックをお願いいたします。
    にほんブログ村 政治ブログへ
    バナーが表示されない場合はこちらから。
    人気ブログランキング | にほんブログ村 政治ブログ | FC2 ブログランキング

    9 Comments

    こはる

    No title

    米国留学して何年間か教授助手を務めた優秀な韓国人が思い至ったのが、母国のこの異常さを解消するのは韓国人のコンプレックスが克服される時、という意見だそうです。
    恨みと嘘が民族の依って立つ精神の国で、一体そういう夢の時間の出現が可能なのか、期待を持つには超絶技巧的精神鍛錬が必要でしょう。

    それでも、彼らは外国人です。日本を毀損しようと種々画策しても日本人がしっかりさえしていれば、例の奇妙な外国が近くの半島近辺に居る、で済みますが、問題は国内の「土下座同好会」です。

    慰安婦にしても教科書問題にしても誤報を載せ訂正も謝罪もせず、隙あらばと狙う半島やその宗主国に迎合するニホンジン達が、日本という国壁に穴を開け、這い回るネズミや蟻の如き働きをする事こそが、日本と日本人の確かな「敵」だと思います。

    彼らに応援された民主党の三年半の政治が、如何に日本売国に精を出していたか、決して忘れてはいけない、二度と彼らに政権を渡してはならない、いい具体例です。

    彼らの弱点は世界と日本の関わりを勉強していない事だと、最近強く思います。
    戦後教育の弊害は、今に至るまで戦後生れの殆ど全員が受けてきたもので、何故このようにおバカな言を大人になっても振り回して恥じない連中と、それは違うだろう、と呆れながら批判する側に分かれるのか、彼らだけが「戦後左翼教育」で育ったわけではない事を、今考えております。

    • 2013/07/30 (Tue) 10:05
    • REPLY

    こはる

    No title

    追記
    呉善花氏のご心中を想うと、お気の毒としか申せません。

    帰化されているのですから、どうぞ心置きなく日本で安住して戴きたいです。

    • 2013/07/30 (Tue) 10:13
    • REPLY

    じゅげむ

    No title

    全く「私的憂国さん」のご指摘の通りで同感の至りです。
    宮崎駿のように、日本には「日本は先ず支那や朝鮮に謝罪すべきだ」との発言には怒りを感じます。かかる有名人であればその発言には大いなる責任を伴うはずです。当人にはその自覚があるのでしょうか。宮崎駿にはもっとしっかり歴史を学んで顔を洗って出直してくれ、といいたいです。

    (名前空欄)

    当たり屋に謝罪してたかり続けられるのに似ています。

    • 2013/07/30 (Tue) 11:30
    • REPLY

    kashira

    No title

    呉善花氏、黄文雄氏、金美麗氏、石平氏といった、元外国人だった方々の著作や、講演内容によって、正しい歴史観や、シナ、南朝鮮の実態を知った人は多いのではないでしょうか。私も彼らの著作から多くの知識を得ることができました。

    彼らの言動は、元その国の人であっただけに説得力があります。
    日本の自虐史観に侵された能天気文化人より、はるかに日本人にとって有益な存在です。

    今、呉善花氏は日本人です。今回の件では、外務省は遺憾の意を表明程度ではなく、日本人がこのような不利益を被ったことに対して、断固抗議してほしいものです。

    • 2013/07/30 (Tue) 14:14
    • REPLY

    miffy

    3つめの理由は?

    お説の通りで、南朝鮮人の狂人のごとき振る舞いに
    その正しさを認識しています。

    理由1-自国の政治腐敗、経済破綻から目をそらさせて
    「半日」に対して不満を吐き出させる役割

    理由2-反日教育のなせるものであり、たとえ謝罪賠償しても関係は好転しない。

    理由3がよくわからなかったので
    教えていただければ、と思います。

    • 2013/07/30 (Tue) 14:34
    • REPLY

    woodhome

    宮崎駿監督

    あの年になってまだ世の中の現実が見えていない、ということがよくわかります。それなのになまじ名声を得ているので本人は不安で仕方ないはずです。

    • 2013/07/30 (Tue) 16:18
    • REPLY

    やす@管理人

    Re: 3つめの理由は?

    miffy さま、

    > 理由3がよくわからなかったので
    > 教えていただければ、と思います。

    記事内容に矛盾があって失礼しました。
    UPする前にふたつに書き変えようと思っていましたが、結局忘れてしまったようです。
    記事、修正させていただきました。

    • 2013/07/30 (Tue) 16:30
    • REPLY

    すす払い

    特アに媚びる日本のサヨク

    バカサヨクの世界はソ連亡き今、特アだけなのでしょう。中東やアフリカ諸国のスタンスはバカサヨクの単純な頭では理解できないでしょうし。

    日本のバカサヨクはキューバのカストロに「幼稚なごっこ遊び」と一笑に付された過去があるため、アメリカが最も危険視している共産主義国家のキューバは無視しているのが滑稽です。

    • 2013/07/30 (Tue) 19:05
    • REPLY

    ※ 記事の内容に直接関係ないコメント、トラックバックはご遠慮させていただきます。
    ※ 管理人及びコメント投稿者への誹謗中傷、嫌がらせ等と判断した場合は、管理人の判断により、コメントを削除致します。