fc2ブログ

    archive: 2019年11月26日  1/1

    敵は自民党内に在り

     GSOMIA延長という決定から、南鮮国内では必死に主導権は南鮮側にありというプロパガンダが横行しているようだ。南鮮国立外交院のキム・ジュンヒョク院長という人物が、「いつでも韓国がGSOMIAを中断できる。刀の柄は韓国が握っている」と語ったそうだ。これは、延長か破棄か、判断権は常に南鮮側にありという見解なのだが、米国務省が「国防と安保問題は、日韓関係の他の領域から分離されなければならない」と公式にアナウンスし...

    •  11
    •  0