fc2ブログ

    archive: 2018年10月31日  1/1

    南鮮徴用工訴訟でのあり得ない司法判断 ~ 日韓断交を決断すべき時

     注目されていた南鮮徴用工訴訟で、南鮮大法院が30日、新日鉄住金に原告1人当たり1億ウォン(約1,000万円)の支払いを命じた。大法院は日本で言う最高裁だ。南鮮司法が日韓間の個人請求権を認めたのが控訴審判決で、最高裁はその判決を追認し、新日鉄住金の上告を退けた。まったく、「あり得ない判決」である。 南鮮司法がこの訴訟のテーマとしていたのは、日本による朝鮮半島併合の違法性、および、日韓基本条約・請求権協定...

    •  17
    •  0