fc2ブログ

    archive: 2018年02月06日  1/1

    翁長の「基地移設反対は地元の民意」というロジックが破壊された名護市長選

     沖縄県名護市長選は、新人で自・公・日本維新推薦の渡具知武豊氏が、米軍普天間基地の名護市辺野古への移設阻止を訴えた現職の稲嶺進を破り、初当選を果たした。国防の要衝となる沖縄県で、しかも米軍基地移設で全国から注目を浴びる名護市であるだけに、注目も集まり、メディアも熱心に報道した。自民党のみならず、他の国政政党のコミットも強く、深い選挙戦だった。沖縄の基地問題に、光明が見えてきた。 昨日が新聞休刊日に...

    •  7
    •  0