fc2ブログ

    archive: 2018年01月03日  1/1

    「単なる批判」を「権力の監視」と定義するエセ・ジャーナリズム

     朝日新聞が慰安婦関連報道で記事訂正に追い込まれ、ほぼ同時に発覚した吉田調書の歪曲報道で世間から批判を浴びている最中、「朝日バッシングとジャーナリズムの危機」というシンボジウムが開かれた。シンポの趣旨には、朝日新聞批判を「リベラルな言論を委縮させ、ジャーナリズム全体に深刻な問題を引き起こしつつある」とある。朝日新聞は左派系言論機関の大将格の存在だが、大将への批判が、他の左派の言論にも波及することを...

    •  11
    •  0