fc2ブログ

    archive: 2015年11月01日  1/1

    井筒和幸の「無条件降伏論」を嗤う

     保守であれリベラルであれ、日本という国家や日本人を語る上で大前提になるものがあるはずだ。それは「日本が日本であり続けること」、「我々が日本人であり続ける」ということだ。この前提をはずしてしまうと、議論そのものが成り立たない。我々は勤労し、納税し、子供たちに教育を受けさせ、生存を権利として国家に要求する。憲法が悪いだの、税金が高いだの、巷の議論はすべて国家というものがあってのものだ。 しかし、世の...

    •  74
    •  0