fc2ブログ

    archive: 2013年08月25日  1/1

    湯川さん、心底虫唾が走る思いが嫌なら、どうぞ移住をw

     1970年代に青春を過ごしたロック好きのガキにとっては、湯川れい子という人物は憧れの存在だった。自分が好きなミュージシャンにインタビューしたり、作品を論評したりと、彼女は前線に立って情報を伝えてくれる存在であり、音楽雑誌を貪るように読むガキが、その名前を目にすることは珍しくなかった。 だが、大人になってから、この人物の思想や信条を知ることになり、ガキの頃に抱いていた憧れなどは一気に冷め、逆に軽蔑の対...

    •  9
    •  0