fc2ブログ

    category: 外交  1/247

    決して許されぬ、拉致問題における「安易な妥協」

     中国秘密警察のみならず、スパイの拠点とも目される拠点が公安によって家宅捜索され、中国人女性が書類送検されている事案だが、その女性のひとりが自民党・松下新平の秘書兼外交顧問を務めていた事実は衝撃的だ。大手メディアに何の遠慮があるのかは知らないが、この件が大きく取りあげられるケースはないようだ。だが、国政調査権という権限を持つ国会議員の秘書がアクセスできる情報は特別だ。大手メディアの対応は手ぬるい。...

    •  5
    •  0

    公安当局、中国秘密警察の拠点を家宅捜索 ~ スパイ防止法はなくてもできることはある

     政治とカネ問題が声高に叫ばれる最中、地元で有権者に日本酒を配っていた立憲民主党議員がいるそうだ。明らかに公選法違反事案だが、当の梅谷守という議員は、党幹部に言われたのか、弁護士に言われたのか、「軽率」を26回、「認識不足」を25回も繰り出したそうで、質問にもまともに答えられず、彼の会見は、まるでコントを観るようでもあった。【認識不足、軽率連発!】自身の選挙区内で有権者に日本酒を配り公職選挙法違反の可...

    •  5
    •  0

    「遺憾砲と形だけ抗議セット」が日本外交をダメにする

     岸田首相が、3月20日に南朝鮮を訪問し、尹錫悦大統領と会談する調整に入ったそうだ。昨年に再開することで合意した「シャトル外交」の一環だという。同日は大谷翔平選手らが所属するLAドジャースの開幕戦がソウルで予定されており、両首脳がそろって観戦するという話もあるそうだ。尹錫悦と岸田首相が「そろって始球式」などという演出をされたらたまったものではない。 4月に総選挙を迎える南鮮側は、外交での何らかの成果を出...

    •  7
    •  0

    岸田首相よ、金与正の誘いにのるな

     一昨日のエントリーで、岸田首相による北朝鮮電撃訪問の可能性に触れた。内閣支持率が低迷し、浮上の材料がない岸田氏にとって、4月の米国国賓訪問に加え、北を電撃訪問し、「何らかの進展」を獲得することによって、政権浮揚を図るという算段があるのではないかと指摘した。 そんなタイミングで出てきたのが、北のカリアゲの妹で、朝鮮労働党副部長の金与正の談話である。金与正氏「岸田首相の訪朝あり得る」 談話で「個人的...

    •  14
    •  0

    「もしトラ」と日本政治に求められる備え

     昨日は紀元節。いわゆる建国記念日だった。政令上は「建国記念の日」と、「の」が入っている。Wikipediaにその背景に関する記載がある。結局、名称に「の」を挿入した「建国記念『の』日」として“建国されたという事象そのものを記念する日”であるとも解釈できるようにし、具体的な日付の決定に当たっては各界の有識者から組織される審議会に諮問するなどの修正を行い、社会党も妥協。1966年(昭和41年)6月25日、「建国記念の日...

    •  7
    •  0